2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 妖しき文豪怪談 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic28「おとうさんの宝物」 »

2010年8月29日 (日)

龍馬伝 #35「薩長同盟ぜよ」

公式サイト

簡単に感想のみ書きます。

タイトル通り、薩長同盟が結ばれるまでを描いていました。

同盟をせく西郷に、密約なので、立会人として同盟を呼びかけた当事者であり、部外者でもある龍馬の同席を待つよう求める、桂。
このドラマでは、桂の方が付き合いが長いですからね。

三吉の助けを受けながら、ようよう、小松帯刀邸に辿り着いた龍馬。

薩摩の恩を受けるだけでは、国には帰れん、と桂。
龍馬は、軍事の取り決めだけでなく、両藩の確執を取り除くために、理念を盛り込むことで、同盟を締結させます。

西郷、桂のおのおのの思惑が画面から伝わってきて、見応えがありました。

新選組と見回り組の関係の描き方については、今後、暗殺にいたるなんだかの伏線なのかも。←このドラマに「ありえない」はなし、ということで。(汗)
近藤勇の扱いは相当デフォルメされていましたが、幕臣を中心として結成された見回り組が、農民、町人、浪人などで構成された新選組より各上の扱いだったのは確かなようです。
ありえないついでに、庭先で見回り組や新選組と相対したり、物を足蹴にする会津藩藩主「松平容保」ってどうなんだろう。お代官様みたい。この手のことを言い出すとキリがないですね、すみません。

お龍に大事を漏らし、危険だから、自分にかまうな、と龍馬。
あちこちで密約の件を喋ってますな。

お龍は危険を顧みず、薩摩藩へ出向いて藩士を連れてきます。
密会の場が変わったらしい、との知らせとともに。そんな大事を・・・うう、突っ込みたい。(苦笑)
いや、この一連の流れは、お龍が行動的だ、ということを龍馬に知らしめるエピソードとして捉えることにしました。弥太郎救出の件もこういうドラマ、ということで。

でも、突っ込みはがまんすると体に悪い。(汗)
でのすので、ひとつふたつ。

店を閉めたらかえって怪しまれるんじゃないかのかなぁ。
それから、伏見と京都市内(所謂碁盤の目)って徒歩だと片道半日以上かかったかと。←今更ですが。
京から伏見へは高瀬川を使えば早いかったかも。でも、幕府の目があったろうしな・・・ま。いいです。

新選組に捕まって、拷問を受ける弥太郎と、弥太郎には隠密なんか務まらんと心配する高知の家族のカットバック。
家族の思った通り、ペラペラ喋る弥太郎。あんまりあっさり白状するものだから、かえって信用されない。
弥太郎には気の毒ですが、笑っちゃいました。
鳥かご売りに扮していたのですね。汚くて、いぢめられるのが実に似合ってました。
来週も出番は多そう。楽しみです。

あ、京の街中で長州弁と土佐弁で喋ってたら、問答無用で捕まるぜよ。(苦笑)

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34

« 妖しき文豪怪談 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic28「おとうさんの宝物」 »

△大河:龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 #35「薩長同盟ぜよ」:

» 【龍馬伝】第三十五回 [見取り八段・実0段]
龍馬(福山雅治)は、大和屋に寄って徳(酒井若菜)に長次郎(大泉洋)の写真と遺書を渡す。京に着くと薩摩藩邸の周りに幕府方の隠密がいて、なかなか近づけない。一橋慶喜(田中哲... [続きを読む]

» 龍馬伝 35 [しなもにあ]
弥太郎は龍馬の味方なんですか?敵なんですか?べらべらしゃべったり会うと嬉しそうだったり????2人目生まれたんだね西郷さんの着物がほこりまみれに見えましたがああいう模様... [続きを読む]

» 龍馬伝 第35回 薩長同盟ぜよ [レベル999のマニアな講義]
『薩長同盟ぜよ』内容長次郎(大泉洋)が切腹後、龍馬(福山雅治)は、大和屋へと向かい、徳(酒井若菜)に長次郎の遺品を手渡すのだった。そして改めて、長次郎の分の志も成し遂げ... [続きを読む]

» 龍馬伝 薩長同盟ぜよ [のほほん便り]
ついに、薩長同盟、締結。京でゆかりの、寺田屋の女達、弥太郎(と、郷里で待ってる、その家族)まで動員して、さまざまな人々の事情と思惑が絡み合い、じつにサスペンスあふれる回でしたね。 つい先日まで憎み合ってた分、緊張感の余韻を漂わせ「(立会人の)龍馬はまだか」と、じりじりする薩長の代表。木戸と西郷 どんどん、お尋ね者度が高くなり、お上。新撰組と、追っ手のテンションもあがるあがる。ダンナさん「今回。終わるんだろうか?」と言い出したりしてね。 でも、たしかに、あのご両人だけではうまくいかな... [続きを読む]

» 龍馬伝35 龍馬も弥太郎も口が軽すぎる件について [ぱるぷんて海の家]
今日は薩長同盟よりも 我らの弥太郎クン(香川照之)が 吊されて 拷問うけちょる予告が 気になって気になって! 弥太郎クンついに 隠密に?! とウキウキしちょったが 実際は、薩摩藩邸の前で 鳥籠売り屋に扮した弥太郎クン 間抜けなことに あっさり....... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」第35回『薩長同盟ぜ... [徒然”腐”日記]
ネタバレ&個人的感想と突っ込みを多く含みますのでご注意下さい。ていうか、遅くまで町内会の会合に出席した後の視聴なんで頭へろんへろんで観てました~~~~うん、薩長同盟の回... [続きを読む]

» 龍馬伝 第35話「薩長同盟ぜよ」 [ぷち丸くんの日常日記]
桂小五郎改め木戸貫治(谷原章介)が護衛にと付けた、やりの達人・三吉慎蔵 (筧利夫)と共に京に向かう龍馬(福山雅治)は、大和屋に寄って徳(酒井若菜) に長次郎(大泉洋)の写真と遺品を渡す。 京に着くと、薩摩藩邸の周りに幕府方の隠密が居て、なかなか近付けない。 一... [続きを読む]

» 龍馬伝、薩長同盟の発案者?? [函館 Glass Life]
いよいよ薩長同盟締結ですね{/hamster_2/} 史実に忠実であればドラマにはならないかも知れませんが 内容を見てかなり苛立ちを覚えている僕なのです{/kuri_5/} 後藤象二郎の言いつけで隠密になった弥太郎。 新撰組に捕まりあっさり白状してしまいましたね{/dogeza/} あんなにあっさりと白状してしまう隠密などいる訳があり ません。 後藤の人選ミス、いや、脚本家の人選ミスですね{/kaminari/} 弥太郎は隠密には向いていないのです{/m_0212/} 拷問を受けている姿も何とな... [続きを読む]

» 【大河ドラマ】龍馬伝第35回:薩長同盟ぜよ [山南飛龍の徒然日記]
龍馬が新選組の頓所に乗り込もうとしたぜよ(´・ω・`)ナニソレ?【今回の流れ】・龍馬と三吉は長次郎の妻・徳に遺書と写真を届ける・薩摩の動きに疑念を抱き監視をしていた幕府 薩摩... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第35回と視聴率「薩長同盟ぜよ」 [ショコラの日記帳]
第35回の視聴率は、前回の16.3%より下がって、15.4%でした。裏に、「24時間テレビ」のクライマックスがあったので、苦しかったかもしれません。はるな愛のチャリティーマラソン、ゴー... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第35回「薩長同盟ぜよ」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
大坂 大和屋。京に向かう途中の龍馬は、近藤長次郎の妻・徳を訪ねた。遺品を届け、長次郎の生き様を伝えに。「立派なお侍さんになれたんですねぇ。。」と笑顔の徳。旦那様の分まで... [続きを読む]

« 妖しき文豪怪談 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic28「おとうさんの宝物」 »

作品一覧