2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 15歳の志願兵 | トップページ | 熱海の捜査官 #05 »

2010年8月28日 (土)

うぬぼれ刑事 #08「大物感」

公式サイト

超・簡単感想です。

今回はトリックをあばく、という比較的まともな流れでした。←「うぬぼれ刑事」としては。(笑)
コネタはあったのですが、いつもみたいにおバカっぷりを楽しむのではなく、ちょっと見入る感じ。
ドラマとしては今まで一番まともだったかもしれません。
でも、おバカなテーストを期待している人にはもうひとつだったかも。

うぬぼれは頑張ってました。(爆)
うぬぼれが犯人逮捕に向かうの時のテーマソングを口ずさみ、親父様と踊るシーンが一番はじけてたかな。
逮捕状と婚姻届の流れもひねってあって面白かったです。
町田さん、今回もひょうひょうとしてて、いい味出してました。

作家の自虐ネタっぽい九十九の動機については、うぬぼれ刑事、ということで、特に突っ込みません。
明るいババさんがお気の毒でした。

ついにうぬぼれと里恵の関係が冴木にばれてしまいました。
踵の骨折だけでなく、笑いのバリケードを作ってしまった冴木。
これからどうなるかな。ラストに向かって動き出したようです。

ええっ、お母さんがいたの?!と、世田谷通り署の皆と一緒に驚いてしまったのですが、次回、登場するようで。楽しみです。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7

« 15歳の志願兵 | トップページ | 熱海の捜査官 #05 »

#ドラマ:2010年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うぬぼれ刑事 #08「大物感」:

» うぬぼれ刑事 第8話 大物感 [レベル999のマニアな講義]
『大物感』内容“このミステリーはヤバい”新人賞を史上最年長で受賞した葉造(西田敏行)その受賞パーティーで、選考委員長でもある女流作家・九十九千里(三田佳子)に一目惚れをし... [続きを読む]

» 【うぬぼれ刑事】第8話 [見取り八段・実0段]
いちば~んきれいなわたしを~♪♪っつ~のは、ご存知のようにこのドラマの挿入歌なわけだけど。。。一番きれいなあんたを抱いたのはウチのせがれでしょ~と、冴木の前で言っちゃっ... [続きを読む]

» 疾風伝&うぬぼれ&熱海の捜査官 [別館ヒガシ日記]
疾風伝はが英雄だが &で編が終了だし &父の所は原作より長く良く エビス&イルカ過去を交え満足で 原作より英雄の所は良かった うぬぼれ刑事はゲストが... [続きを読む]

» うぬぼれ刑事 第8回 大物感 [トリ猫家族]
 何か今回は、そんなんでもなかったかな〜(;´д`)ゞ やっぱ、ゲストによるのかちら・・・ でも、踊るうぬぼれ(長瀬智也)の場面が多かったのは嬉しかったぞ。 葉造さんとの親子ダンスもイカしてたわ〜  さて、今回の主役は、うぬぼれではなく葉造(西田敏行)なのです...... [続きを読む]

» うぬぼれ刑事 第8話 [ぷち丸くんの日常日記]
うぬぼれ(長瀬智也)の父・葉造(西田敏行)が、ミステリー小説の新人賞を受賞した。 その受賞パーティーで、葉造は選考委員長の作家・千里(三田佳子)に一目惚れする。 そんな折、ある坂の上でトランクに入った男性の遺体が見つかった。 冴木(荒川良々)は、この事件と似た... [続きを読む]

» ≪うぬぼれ刑事≫☆08 [まぁ、お茶でも]
冴木が妻里恵としりとりをしながら歩いていると、黒ずくめ、黒革の手袋の女に後をつけられた。 一方、うぬぼれも繁華街から同じ装束の女に後をつけられ、うぬぼれの胸は高鳴った。 これは、『逆ナンパ』にちがいない! 葉造から電話が入り、今夜のパーティーに来るのか来ないのかと言うものだった ... [続きを読む]

» うぬぼれ刑事 大物感 [のほほん便り]
なんだかオハナシ自体より、クドカン節と、その独自ワールド。お約束の数々… うぬぼれの泣き笑いや格好つけ。そして、ダンス。酒場のメンバーのやりとりや、ハモったヘイヘイヘイで脱力するのが楽しくて ヾ(≧▽≦)ノ そこでゲストの女優さんが、どう料理されるのが、すっかり楽しみ、というか癖になってしまってる私… (うぬぼれの初恋の人で、今、同僚の新妻で劇中歌も歌う、中島美嘉。想像以上にイイ味だしてますよねぇ) (サダメ役の生田斗真。せっかくの二枚目が「顔の情報、多い」とか「暑苦しい」だ... [続きを読む]

« 15歳の志願兵 | トップページ | 熱海の捜査官 #05 »

作品一覧