2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ホタルノヒカリ2 #05 | トップページ | GOLD #05 »

2010年8月 6日 (金)

逃亡弁護士 #05

原作:「逃亡弁護士 成田誠」剛英城・髙田優

公式サイト

原作未読です。

以下、全くの好みです。原作を読んでいないので、勝手なことを書いています。

先週、思わず浅沼にフラグが立ったような気がしたのですが、無事命ながらえ、改心して良かったです。成田の流した涙も美しかったです。

・・・しかし、成田と浅沼の葛藤に焦点を絞れば、もっとタイトで緊迫感のある画になったと思うのです。
謎が多いことを楽しめる場合と、思わせぶりだなぁ、と思う場合がある。この差は微妙なのですが。

絵美は今後、どうやら成田を助けることになるようですし、絵美の妹、まどかも何かしらメインのエピソードがあるらしい。(公式参照)

でも。

成田援護の女性は、三枝と絵美、二人のキャラを合わせて一人にしても話は作れただろうし、榎本家の風景はいらないと思うのです。ここでテンポが散漫になるように思えてなりません。
特に絵美の扱いなど、全方向的なエンターティメントをめざしているのはわかるのですが、結局どっちつかずになってしまっているような気がします。
もし、成田と絵美の関係を描くなら、もっと硬い絆を感じさせるエピソードが欲しいです。自分には二人の間にそれほどの絆があるように見えないので成田への思いを涙ながらに吐露されても、なんだかな~、と醒めてしまいました。

最後、絵美がドアの外に立っているシーンは、貞子かと思いました。←すみません。(汗)

あまり良くないことなのですが、どうしてもNHK土曜ドラマの緊迫感あふれた映像と絞られたプロットと比べてしまって。同じ題材をあの枠で製作したら、もっとハードボイルドでタイトなドラマになったのではないか・・・と。あくまで好みです。ごめんなさい。

と、いうことで、視聴は続けますが、感想はリタイア、見守るのみにいたします。
なお、今後、恐れ入りました、という展開になれば感想も再開するかもしれません。
上地さんには頑張って欲しいです。

.

.

#1 #2 #3 #4

« ホタルノヒカリ2 #05 | トップページ | GOLD #05 »

#ドラマ:2010年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逃亡弁護士 #05:

« ホタルノヒカリ2 #05 | トップページ | GOLD #05 »

作品一覧