2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 鉄の骨 #02「生き残りゲーム」 | トップページ | JOKER 許されざる捜査官 #01 »

2010年7月13日 (火)

風が強く吹いている

Photo

2009年 日

監督・脚本:大森寿美男/音楽:千住明/原作:三浦しをん「風が強く吹いている」
出演:小出恵介、林遣都、中村優一、川村陽介、橋本淳、森廉、斉藤慶太、斉藤祥太、内野謙太、ダンテ・カーヴァー、五十嵐隼士、渡辺大、水沢エレナ、津川雅彦

直木賞作家・三浦しをんの小説を映画化。素人同然の寄せ集め陸上部が、箱根駅伝出場を目指して奮闘する青春群像劇。ケガで走ることを諦めたハイジとある事件を契機に陸上の世界から姿を消した天才ランナー・カケルが運命的な出会いを果たし…。 (amazonより

公開時に見たかったのですが、何となく見逃した作品です。
借りてから気がついたのですが、監督・脚本はあの(汗)「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」の脚本を書いた人なんですね。
後、テレビだと「てるてる家族」、大河の「風林火山」や「黒部の太陽」などなど。(ウィキペディア参照)
本作品で監督デビューだそうです。

原作未読、ネタバレなしの簡単感想です。

もっとスポ根テーストが強いかと思ったら、「走る」ことを中心に描いていて、その他の要素、恋愛を含めて、極力排除した「青春映画」でした。

一番印象的だったのはカケル役の林遣都さんの走りが美しいこと。筋肉のつき方を含めて、まさしく長距離ランナーに見えました。
お話は夢物語に近いのですが、彼のフォームがリアル感をもたらしたように思います。

作品そのものを引っ張っていたのは、小出恵介さんでした。
一癖も二癖もある寮の連中を、ごく自然に心服させるハイジの誠実さを見事に演じられていました。
無理をしているわけでなく、卑屈でもなく、同情を誘うわけでもなく。
これだけ自然体で「誠実な主人公」を演じられる人はそんなにいないような気がします。少なくとも若手ではナンバーワンかもしれない。
もっとベタに広げることもできたシーンや人間関係を、ひたすらハイジの誠実さだけで描けたのも小出さんあってのことかと。

彼らが走ることにほとんど大人が介入しておらず、仲間同士の陰湿な駆け引きが一切ない。
そのため、まさしく風のような爽やかな作品になったと思います。

高原を走る彼らの空撮は実に美しかったです。

時間の制約があるので仕方がないのですが、他の駅伝メンバーたちはちょっとモブっぽくなっていたような気がします。おいしいキャラが一杯だったのですが。しかし、皆さん、少しの見せ場をちゃんと美味しく演られているので、作品に安定感をもたらしたように思います。

あ、中村優一さん演じる王子はポジション的に目立っていたかな。でも、恐らく原作には書かれていると思うのですが、何故、ハイジが引きこもりで運動も苦手な王子に目をつけたのかがもうひとつよくわからなかったです。

一見クールなインテリだけど実は・・・という森廉さん演じるユキは実においしいキャラ。彼が走る区間も意味深かったです。
個人的には川村陽介さん演じるニコちゃん先輩と内野謙太さん演じるキングのポジションが好きでした。二人が共演された「陽炎の辻」が偲ばれて。
ま、そんなこと言い出したら「ルーキーズ」は、「ウルトラマンメビウス」etc.・・・はどうなんだ、とキリがないのですけれども。(汗)

クライマックスシーンは賛否両論あるでしょうが、この作品はあくまでも「青春映画」なのだから、これもありかな、と思いました。もしくは新しい感覚の「アイドル映画」。←アイドル映画って言ったら製作スタッフやキャストの皆さんは嫌かもしれませんが。爽やかさ、という意味で、一級の「アイドル映画」だと思うのです。

監督の描きたかった「青春映画」は伝わったような気がします。

.

.

« 鉄の骨 #02「生き残りゲーム」 | トップページ | JOKER 許されざる捜査官 #01 »

*DVD・映画・観劇 か行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風が強く吹いている:

« 鉄の骨 #02「生き残りゲーム」 | トップページ | JOKER 許されざる捜査官 #01 »

作品一覧