2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« タンブリング 最終回 | トップページ | 2010年6月の読書 »

2010年7月 2日 (金)

帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕

Photo

2010年 日

外道衆・デメバクトの術により、侍、ウエスタン、刑事、ハイスクールなどさまざまな時空を巡ることになったシンケンジャーが、ピンチを脱すべく奮闘する。(amazonより)

監督:柴崎貴行 /脚本:小林靖子/音楽:高木洋
出演:松坂桃李、相葉弘樹、鈴木勝吾、森田涼花、高梨臨、相馬圭祐、伊吹吾郎

映画ではないのですが、映画のカテゴリーに入れました。
ネタバレなしの簡単感想です。メイキングはまだ見ていません。

電王でいうとクライマックス刑事的な作品ですが、電王が一応劇場公開ということで自重していたのに比べ(そうか?w)、こちらはVシネということで、もっと好き勝手やってます。(大爆)
ですので、このエピが本編のどこへ入るのかなんて、気にしてはいけません。

いやー、夢オチ的な粗筋を読んだ時にかなりハチャメチャな作品になるんだろうな、とは思ったのですが、予想の斜め行く展開。しかし、あくまでシンケンジャーのお話ですので、ご安心を。
ゲストもおられるのですが(特別出演は別で)、あれこれ欲張らずにシンケンジャーだけで完結しているのがいいです。

本編より俳優さんたちのシーンが多いので、ファンの方にはいいプレゼントになると思います。と、同時に、1年間演じきった方々へのプレゼントでもあるような気がしました。

本編より本来の年齢層にあった締めの挨拶が清々しかったです。

こういう番外編を見ると、つくづく、小林さんはキャラ萌えタイプのシナリオライターなんだな、と。作り上げたキャラで遊んでますね、明らかに。(方向性は電王と一緒かと。)
また、キャストのみなさんが"遊べるほど"個性的だったのでしょう。

本編で背負っていたものをふっきった(と、思われる)殿と、本編ラストでは大人だったブルーさんではない、相変わらず"うざい"ブルーさんの絡みが、何より嬉しく感じました。

他のメンバーと殿の関係もそのまま。あくまで殿を守ろうとする寿司侍、殿を超えたいと思っているグリーン君、そしてイエローさんの殿への淡い憧れや、一見クールなんだけれども、実はお嫁さんが夢、という女の子らしいピンクさんもちゃんと描かれています。大サービスです。

蛇足ですが、ピンクさんとイエローさん。女子二人のキャラや容貌が全く違うと、こうも観やすいのか、と改めて、思いました。(汗)

全編ネタだらけなのであまり書けませんが、タイトルとか・・・あれやこれや、馬鹿馬鹿しくって、楽しかったです。巨大戦は、お子様には受けるだろうし、大人のお友だち(自分だけかな?)は何となく自嘲気味な趣を感じるかもしれません。
なぜか挿入歌が80年代風のソウル・バラード風なのも可笑しい。
47分という長さも丁度良かったです。

カラっとしたナンセンスな話が好きなので、大満足でした。←本編あってこその面白さなのは言うまでもありません。
レンタルで観たのですが、欲しくなってきた(^^)

.

.

※本編の感想です。

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44 #45 #46 #47 #48 #49 まとめ

« タンブリング 最終回 | トップページ | 2010年6月の読書 »

*DVD・映画・観劇 か行」カテゴリの記事

△特撮:侍戦隊シンケンジャー」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕:

« タンブリング 最終回 | トップページ | 2010年6月の読書 »

作品一覧