2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« GOLD #04 | トップページ | 熱海の捜査官 #01 »

2010年7月31日 (土)

うぬぼれ刑事 #04「地元流」

公式サイト

.

超・簡単感想です。

今回うぬぼれが恋した相手は容疑者ではなく、被害者。
一度も合った事もないのに、何故か夢に出てきて・・・

アイデアは面白かったのですが、事件そのものがマジすぎて、ユリと穴井のデートに絡めた先輩ネタの天丼ギャグのオチとしては笑えなかったというか、後味が悪かったような気がしました。
夢のシーンや栗橋の登場、その他のコネタはいつものように挟んであったけれども、全体のテーストが少し真面目すぎて、馬鹿馬鹿しさが中途半端になってしまった感じです。
容疑者とうぬぼれの接点が希薄だったためかもしれません。その分、矢作さんの熱演が見れたし、それはそれで面白くはありましたが。
コワモテの浜名先輩が眼鏡をとると、実は可愛い、という伊達さんだからこそのネタが爆発しなかったのは、残念。流れがマジすぎました。

親父さんはやっぱり名探偵?
荒川さんの酔っ払い演技が印象的でした。
キーホルダーのオチはほのぼのしてました・・・次回に期待。

.

.

#1 #2 #3

« GOLD #04 | トップページ | 熱海の捜査官 #01 »

#ドラマ:2010年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うぬぼれ刑事 #04「地元流」:

» 【うぬぼれ刑事】第4話 [見取り八段・実0段]
グーで初めて人殴った!って。。。最近は色々うるさいから刑事さんも現場に出てもあまり拳を使うって事がないんかしら。。。わざわざタキシードに着替えて、倉庫に行く刑事。。。し... [続きを読む]

» うぬぼれ刑事 第4話 地元流 [レベル999のマニアな講義]
『地元流』内容サダメ(生田斗真)が、出演の番組のことで、いつものバーで話をしていると。落ち込んだ、、“うぬぼれ”(長瀬智也)がやってくる。多摩川の河川敷で身元不明の女性... [続きを読む]

» うぬぼれ刑事 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
東京・多摩川の河川敷で、損傷の激しい女性の変死体が見つかる。 うぬぼれ(長瀬智也)の父親・葉造(西田敏行)は、犯人がわざわざ目に付きやすい 場所に遺体を放置していながら、身元を判別しづらくしている点に疑問を抱く。 やがて、遺体は埼玉県所沢市在住の祐子(戸田恵梨... [続きを読む]

» BLEACH&疾風伝&うぬぼれ刑事 [別館ヒガシ日記]
はバラガン最期を迎える回だったが 最後ハッチVSバラガンで逆発想で勝利も バラガン&関係は原作より微妙だし オマケ亡霊ネタで面白かったよ 疾風伝は映画記念1... [続きを読む]

» うぬぼれ刑事 第4回 地元流 [トリ猫家族]
 今回は、にゃんと穴井が恋をした?! あなた色に染まろうとする穴井がかわいかったぞ。 今までの放送で一番おもしろかったのは2回目の「癒し系」、次が今回の「地元流」、三番目は「初恋篇」かな〜  さて、「 I am I 」では、サダメっち(生田斗真)が出演した『うぬぼ....... [続きを読む]

» うぬぼれ刑事 第4話 [ドラマハンティングP2G]
「地元流」 ある日、多摩川の河川敷で身元不明の死体が発見された。犯人はわざわざ人目につくところに遺体を放置している反面、顔を身元が判別出来ないほど痛めつけており、「 死体の処分に不審な点が多い 」 と、うぬぼれ (長瀬智也) の父・葉造 (西田敏行) は言う。 その..... [続きを読む]

» ≪うぬぼれ刑事≫☆04 [まぁ、お茶でも]
(葉造)<かつてのエリート刑事が失恋の痛手から 立ち直るべく、さまざまな女と恋に落ちる。 職業、年齢、性格は多岐に渡るが、 どいつもこいつも犯罪者。恋と公務の間で揺れ動く 刑事の心、ああ 今日も思いは届かない。 なぜならヤツは、うぬぼれだから> テレビのうぬぼれ役は、サダメで、見どころを生で出演したが、上がりっぱなしで、ダサメ、メダカと言われても訂正もできない上がりっぷり。当のうぬぼれは、忙しくて恋も出来ないと嘆いた。 ... [続きを読む]

« GOLD #04 | トップページ | 熱海の捜査官 #01 »

作品一覧