2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2010年夏クールのドラマ | トップページ | 天使のわけまえ 第1回「涙のおはぎ」 »

2010年7月 7日 (水)

逃亡弁護士 #01

原作:「逃亡弁護士 成田誠」剛英城・髙田優

公式サイト

原作未読です。

ドラマとしては面白くないことはなかったのすが、初回を見た限りでは感想が書きにくい作品かな、と。
火曜日は他にも見たいドラマがあるので、感想は途中でリタイヤするかもしれません。

ごく、簡単に感想のみ。

成田の無実を証明できる唯一の目撃者、小早川はどこに。不正経理は誰の仕業?成田を陥れた人物は誰?法曹界のみならず、アクサル法律事務所内にも敵がいる?犯人の真の目的は?という謎を提示しながら、ひたすら逃げる成田をスピーディーに描いていました。

ゲストの中村獅童さんを生かさなかった、というところにシビアな路線で行こう、という製作者の意図を感じました。

ただ、これを言っちゃあおしまいなんだけど、逃げずに法廷で戦えば?とは一瞬思いましたが。
そのあたりは免罪の恐怖とか、警察は何も聞いてくれないとか、明らかに成田を犯人に仕立て上げたい何者かの力が存在するらしいことを描くことで、一応納得はできました。

でも、逃亡中にアクサル法律事務所のある場所にのこのこ出かけていくのはどうなんだろう。(汗)

もう少し様子を見るつもりです。

.

.

« 2010年夏クールのドラマ | トップページ | 天使のわけまえ 第1回「涙のおはぎ」 »

#ドラマ:2010年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逃亡弁護士 #01:

» 逃亡弁護士 「冤罪…僕は無実だ」 [のほほん便り]
タイトル、ズバリ! 若き熱血弁護士、成田誠(上地雄輔)が、気がつくとハメられてて、いつのまにか逃亡者に… の、典型的・巻き込まれパターン (あれあれ、船越英一郎がすぐに… (^^;)) その逃亡中。持ち前の熱血と人情、弁護士の知識をフル活用して人助けをする… ってな感じでしょうか? 今回のゲストは中村獅童でした。 事情あって離れて暮らしてるけれど、じつは、たいへん子煩悩なお父さん (また、子役が可愛い♪ 初音ミクじゃないけど… 現在、髪型はツイン・テールが旬ですね) この荒唐... [続きを読む]

« 2010年夏クールのドラマ | トップページ | 天使のわけまえ 第1回「涙のおはぎ」 »

作品一覧