2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーW #39 | トップページ | ゲゲゲの女房 第12週 »

2010年6月22日 (火)

新参者 最終回「人形町の刑事」

原作:東野圭吾「新参者」

公式サイト

原作未読です。

今回はエクスキューズしておきます。ネタバレあり、文中のセリフは概略です。

全ては独楽から。
克哉の家にある独楽が何故回らなかったのか、ということですね。

凶器となった紐について言及された岸田は峯子殺しを認めます。
動機は。
離婚した後、仕事が順調にいかない峯子が、慰謝料として峯子名義の貯金を請求しようとしたこと。
岸田はそのお金を使い込んでいたのです。使い込みがバレたら、会社も自分も破滅する。
「何に使ったのですか。あなたはまだ嘘をついている。」
しかし、岸田は横領した理由をはぐらかし続けます。

小嶋の計らいで、上杉の退職届けがまだ受理されていなかったことを知った加賀は、あなたしかできないことだ、と上杉に岸田の取調べを頼みます。

かつて、間違った方法で息子を庇ってしまたったがために、返って息子を死に至らしめたことを岸田に語る上杉。
「しかし、あなたはまだ間に合う。息子は生きているのだから。」
岸田は本当の理由を述べ始めます。

株で失敗し、会社の金を使い込んでしまった克哉。
父の会社が順調だと思っていた克哉は父から5000万円を融通してもらう。
しかし、岸田の会社にそれほどの余裕はなく、峯子名義で作られた清瀬の会社の金に手をつけてしまった。

ということです。
息子のために犯した殺人でした。

その息子も、かっこいいパパでいるために、息子に、家族に嘘をついていました。

車の落書きから14日についての克哉の供述の嘘を崩し、克哉のカードが使用停止であることを観察し、回らない独楽のトリックを暴き、倉庫にあったダンボールの音への疑問から清瀬のアリバイを証明、さらには、亜美に上杉の息子の周辺をあたらせる加賀。
名探偵(刑事ですが)らしい動きでした。

峯子殺しも、派手なドンデン返しや奇抜な動機を持ってくることもなく、日常の延長線上に起きた平凡なもので、ドラマのテーストそのものでした。
「あっと驚く」みたいな結末を期待していた人には物足りなかったかもしれません。

以下、原作を読んでいないので、あくまでドラマの印象です。

自分は犯人や動機についてはなんら異議はないのですが、物語の都合上、仕方がないとはいえ、岸田が親しい人を殺そうと思いつめるまでの描写に少し物足りなさを感じました。

それから峯子が離婚した理由。

翻訳家になりたかったから、ということでしたが、その言葉通り受け止めると、何も離婚しなくても、と思ってしまう。
その背景には、会社の事しか考えぬ夫との長年に渡ってできた深い溝があったのでしょうが、その描写が物足りなかったように思います。
もちろん、清瀬の言葉を通じて描いてはいたのですが。
また、あまり描きすぎても作品のテーストを壊すことになりそうなので、難しいとは思います。
しかし、峯子が離婚しなければ岸田の横領はもっと違う形で明るみに出たろうし、やはり殺されたなくてもすんだと思うのです。
そうであるならば、峯子を離婚を踏み切らせた直接の言葉なり出来事をもう少し前面に出してもよかったのではないかな、と。

息子、弘毅がひとり立ちしたことがきっかけで自分も夢を諦めず追ってみようと思いはじめた。しかし、実際に行動に移すには、なんらかのスプリングボードがあったとのではないかな、と思いました。例え他人にはわからぬほど些細なことであっても。

そのあたりを映像で見せてくれたら、もっと峯子が殺されてしまったことの無念さを感じれたような気がします。
頑固だけれども理不尽な人ではない、という清瀬の人柄が描けていた分、何となく峯子が勝手に見えしまった。(汗)

で、結局峯子は清瀬の過去を知らなかったのね?

加賀の、同じことを繰り返さないために徹底的に事件の周囲を洗う、という姿勢がドラマの作り方によく反映されていたと思います。
ここを評価しないと、初回と前回の9話、そして最終回だけでドラマになるやん、ということになってしまうでしょうね。(汗)

圧巻だったのは、証拠を突きつけられてなお、認めない岸田でした。笹野高史さんの表情が絶品でした。

突っ込みどころはありますが、ほのぼのとしたテーストは好みでした。阿部さんと豪華なゲストの絡みも楽しめましたし。音楽も素敵でした。違う音楽だったらドラマの印象も変わっていたと思います。

香川さんは本当に特別ゲストでした。(笑)
今更ですが、実にお父上とお母上によく似てらっしゃる。

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9

« 仮面ライダーW #39 | トップページ | ゲゲゲの女房 第12週 »

#ドラマ:2010年第2クール」カテゴリの記事

コメント

クールな分析ですね。

良くできたドラマなんだけど、
ちょっと釈然としないものがあったことを、
きちんと指摘してもらった感じです。

こんにちわ~
>そうであるならば、峯子を離婚を踏み切らせた直接の言葉なり出来事をもう少し前面に出してもよかったのではないかな、と。
そう言われりゃそうですよね。
結局離婚して一人暮らし始めて、お金のことが気になってしまったから殺されてしまったんですもんね。
もし離婚しなければ、別の形で横領は明らかになったかもしれませんが、清瀬は許してたみたいだし・・・
息子が夢を追って家を出たから自分も・・って、親子の関係が悪かったはずなのに、それも不思議な感じかも。
largoさんが書かれているように、その辺のはっきりしたエピソードが欲しかったですよね~
殺された当人なのに、清瀬のエピソードとのバランスがアレだったような・・・
>違う音楽だったらドラマの印象も変わっていたと思います。
本当にそう思います。
阿部ちゃんの演技にもですが、私は、あのテーマ曲にまず惹きつけられましたもん。
もう加賀に会えないのは寂しいですよね・・


>クンタキンヤ さん

コメントありがとうございます。

>良くできたドラマなんだけど、

ドラマとしての話の組み立て方が中途半端だったかな、という感じですが、釈然としないところも含めて(汗)、こしきゆかしい探偵物だったような気がします。
私はこういう雰囲気は好きなので楽しめました(^^)

>きこりさん

こんにちわ。

どうも原作ファンの評判はよくないようですね(^^;;
本当は峯子さんの事件はあんなに表に出ていないそうです。
峯子さん事件中心に描くなら、ドラマオリジナルでもいいので、清瀬夫妻の葛藤、岸田の殺人に至るまでの心の動きをうまく取り入れたらよかったのではないかな、と思いました。

音楽はテーマ、BGM、主題歌。トータルでみても今期ナンバーワンかも。←もちろん好みです;;
あ、チェイスも良かったですね。

>もう加賀に会えないのは寂しいですよね・・
阿部さん演じる加賀の醸し出す雰囲気は好きですので、ぜひリベンジして欲しいです。

 はじめまして。
 長い書き込みになりそうです。申し訳ありません。初めに謝ります。

 私も清瀬夫妻(清瀬と峯子)の関係がほとんど描かれていなかったことに、引っかかりを感じました。
 真犯人に関わることなので、あまり描いてしまうとネタばれになってしまうからなのでしょうが、なぜ、夫婦が離婚したのかが、よくわかりませんでした。
 翻訳家の夢を追いたかったとのことですが、largoさんが仰るように離婚の理由としては弱いですし、仕事一筋の夫との深い溝があったとしても、それが詳しく描かれていたわけでもありません。
 峯子の口からも「翻訳活動をしたかったから」と述べられているので、夫婦の不仲が一番の理由でなかったようです。

 ストーリーの都合上か、清瀬も心の内を明かさないキャラでした。そのため、峯子との離婚にはもっと違う理由があるのかという含みを持たせる効果はあったものの、釈然としないものも残りました。
 峯子と人形町で関わった人たちとの各話の主役との関係は丁寧に明かしましたが、清瀬夫婦の夫婦仲も真犯人が明らかになった最終回に、清瀬の口から語られるべきだと思います。
 親子がテーマだったようで、そこまでの余裕がなかったと言えばそうなのですが、本当に不仲だったのか、と言うより、本当に愛し合っていたのかという疑問さえ抱いてしまいます。

 ところで、この峯子なのですが、けっこう自分勝手なキャラのように感じました。
 離婚して翻訳家として生計を立てる困難さや、息子の彼女の妊娠(峯子の勘違い)を知って、お金が必要だと感じた時、さらっと「離婚する時、もっとお金をもらっておけばよかった」「秘書が愛人なら、慰謝料を取れないかしら」と口に出す。
 また、親友の翻訳家が、彼についていくことを峯子に告げた時「そんなの困るわ」と直ちに親友を責める。
 息子の彼女と勘違いした店員に、謎のほほえみをしたり、詳しく語らずにプレゼントをする。
 そういうキャラにして、彼女の関係者が犯人になる可能性を持たせたかったのかもしれません。
 ドラマでは加賀が1話完結で、関係者の容疑を晴らしていったため、1回の視聴としてはすっきり感がありましたが、同時進行で関係者に聞き込みをしていったら、それはそれで面白かったかもしれません。ずいぶんドラマの趣きは変わってしまいますが。

 と、いろいろケチをつけていますが、ドラマとしてはすごく面白かったと思っています。
 長々の書き込み、申し訳ありませんでした。

>英さん

はじめまして。コメントいただき、ありがとうございます。

>峯子と人形町で関わった人たちとの各話の主役との関係は丁寧に明かしましたが、清瀬夫婦の夫婦仲も真犯人が明らかになった最終回に、清瀬の口から語られるべきだと思います。
>本当に愛し合っていたのかという疑問さえ抱いてしまいます。

煎餅屋さんから翻訳家さんまでのお話は各ゲストの事情や輪郭をはっきり描いていたので、中心となる清瀬一家の描き方が余計に曖昧に感じたように思います。
洋菓子店のエピソードは弘毅と亜美がメインだったので店員さんの背景は描かれませんでしたが。


>この峯子なのですが、けっこう自分勝手なキャラのように感じました。

そうなんですよね。「人情刑事ドラマ」として、中心となる事件の被害者をそういう風に感じてしまう作りにしたのは、どうなんだろう、と。

>と、いろいろケチをつけていますが、ドラマとしてはすごく面白かったと思っています。

ええ、私も面白かったです。毎週日曜日が楽しみでした。
阿部さんの加賀がまた見たいです(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新参者 最終回「人形町の刑事」:

» 「新参者」 第10話(最終話) 日本橋の刑事 [トリ猫家族]
 まずまずの最終回だったんじゃないでしょうか〜(`・∀・´) あっさり味だったけどね。  犯人は、岸田(笹野高史)でした。 わたしゃ、あんな骨々のおじいちゃん(そんなんでもない?)に、あのガタイのいい峯子を殺せるはずないとナメてましたわ〜 すまんかった・・・ ....... [続きを読む]

» 新参者 第十章最終章(最終回)人形町の刑事 [レベル999のマニアな講義]
『人形町の刑事』“さらば加賀!感動の最終回内容捜査本部は、三井峯子(原田美枝子)殺害事件の重要参考人としてアリバイが無く、動機のある元夫・清瀬直弘(三浦友和)に対し任意... [続きを読む]

» 『新参者』 最終話 [英の放電日記]
う〜ん、真犯人は岸田要作(笹野高史)でしたか。 ベタ過ぎる犯人、私の予想(『新参者 真犯人』6月19日記事)は当たったと言えば当たったのですが、少し考えすぎだったようです。予想の精度としては「微妙」、恥ずかしい出来でした。記事にしなければ良かったと後悔しています。……予想はよそう まず、全体的なことを言うと 人によっては、「途中、事件と関係のない捜査が多すぎて、それが無駄だった」 という感想を持つかもしれませんが、 その部分、つまり、捜査上の証言に浮かび上がるウソと、その裏にある真実と人情を明... [続きを読む]

» ≪新参者≫★10 [まぁ、お茶でも]
清瀬直弘が嘘をついていたので、逮捕された。 克哉に金を渡していたのは、彼も共犯かと、任意同行を求められたが、何もいしていないと、克哉は頑張った。加賀は、あなたは犯人ではないが嘘をついていると言った。 4月13日。あなたは事件当日に三井さんと会っていたのに6年間あていなかったと嘘をついた。ホビーショップに行っていたのに言っていなかったと嘘をついた。 ... [続きを読む]

» 新参者&薄桜鬼 [別館ヒガシ日記]
新参者は遂に最終回を迎えたけど 岸田着服が峯子を殺す動機も 克哉が着服した事が全ての始まりだし から解明だが少し尻すぼみ思... [続きを読む]

» 【新参者】第10話 最終回簡単統括 [見取り八段・実0段]
統括感想。。。と言うよりは、すでに愚痴みたいなモンなんで~。。。えっと、不快に思うだろうこのドラマのファンの方は読まない方がいいかも~いや、最終回まで見て、まぁまぁ。。... [続きを読む]

» 新参者 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
加賀(阿部寛)は、峯子(原田美枝子)殺害の重要参考人である清瀬(三浦友和) に同行を求めた。 同時に、事件当日に峯子と一緒にいるところを目撃されている克哉(速水もこみち) も警察署に呼び出される。 加賀は、克哉のうそを見抜き、本当のことを言うように迫る。 やが... [続きを読む]

» 【新参者】最終回(10話)と視聴率 [ショコラの日記帳]
最終回の視聴率は、前回の14.7%より上がって、18.0%でした♪初回の21.0%には届きませんでしたが、それに次ぐ高視聴率でした♪犯人は、税理士の岸田要作(笹野高... [続きを読む]

» 新参者 [Akira's VOICE]
最終回の感想  [続きを読む]

» 『新参者』 最終回 [美容師は見た…]
親子ものはこうでなくっちゃ~(・・、)清瀬親子、上杉親子、そして岸田親子。上手く繋げて見せてくれました!犯人はもう岸田しか残ってませんでしたからね。多くの方がそう思われてたでしょう。今更、香川さんが登場しても…そうは行きませんよ。嬉しかったけど(笑)中盤まで、人... [続きを読む]

« 仮面ライダーW #39 | トップページ | ゲゲゲの女房 第12週 »

作品一覧