2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« タンブリング #08 | トップページ | 新参者 #08「清掃会社の社長」 »

2010年6月 9日 (水)

ゲゲゲの女房 第10週

公式サイト

思いついたままの簡単感想です。
ちょっこし忙しいので、短めに。

はるこのエピソードなど色々あったのですが、一番印象的だったのは、貧乏神。 (笑)
もう、並みの幽霊よりリアルで恐かったー

その次が電報で迎えに来る茂を含めて、バナナかな。
あ、中森さんの後ろ姿も。
質札の束に退散する税務署員たち。

「自由な表現の場」。同人誌的な感じだけども、全国の町々に貸し本屋さんがあったわけだから、ずっと裾野は広かったのだろうなぁ、と。
そう思うと、貸本業界が廃れたのは残念な気がします。

子供ができたと言われて呆然とする茂。確かに女性と違って、男性はピンとこないでしょうね。しかも茂だし。(爆)
40過ぎで親父になる、というセリフで、改めて、あ、40過ぎなんだ、と。(爆沈)

そうそう、二人で見た「ナバロンの要塞」は面白い映画です!

「痛快戦争アクション映画」というジャンルは今では西部劇などと同じく、消えてしまいましたが、その中でも傑作かと。
茂はきっとカット、アングルなど、漫画の参考にしたんだろうなぁ。

グレゴリー・ペックも、デヴィッド・ニーヴンもアンソニー・クインも格好いいし、何より話が面白いです。当然CGなんかない時代ですので、危険なアクションシーン(スタントマンが演じていますが)も全部実写なのが、体温が伝わると言うか、パワーが違います。

原作を書いたアリステア・マクリーンって大ベストセラー作家だったのですが、今は忘れられているかもしれない。

ああ、話がそれました。(汗)

土曜日、臨月間近になって世話を焼きに押しかける商店街の皆さんのシーンにはちょっと無理を感じました。

とにかく、クリスマス・イブに無事女の子を出産。

あっさりした出産シーンでしたが、「お母ちゃん」にはジーンときました。
「お父ちゃん」はどうか、とは聞かないでくださいませ。(大汗)

特に向井さんのファンではないのですが、巷で言われているように、このドラマのヒロインポジションはやっぱり茂だと、再確認してしまった(^^;;

.

.

1週目 2週目 3週目 4週目 5週目 6週目 7週目 8週目 9週目

« タンブリング #08 | トップページ | 新参者 #08「清掃会社の社長」 »

□朝ドラ:ゲゲゲの女房」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲゲゲの女房 第10週:

« タンブリング #08 | トップページ | 新参者 #08「清掃会社の社長」 »

作品一覧