2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« チェイス・国税査察官 #04「復讐」 | トップページ | 龍馬伝 #19「攘夷決行」 »

2010年5月 9日 (日)

ゲゲゲの女房 第6週

公式サイト

簡単感想です。

暗い戦記漫画、気持ちの悪い妖怪漫画は売れない。
売れなければ生活に困る。
それでもリアルな戦記ものしか描かけない、のではなく、描きたくないという茂の信念と、「墓場鬼太郎」に賭ける情熱を中心に、漫画のことはよくわからないけれども、夫の生き様を次第に理解していき、アシスタントまでこなすようになる布美枝が描かれていました。

そして茂の思いに漫画を通じて共鳴する人々。

「漫画家」という設定がお飾りではなく、物語の中心になっているのが好感度大でした。
一番心配な部分でしたから。

茂が左腕を失ったシーンも挟んできました。
自伝やラバウルの戦場の関連本を読むと、以前に香川さんが水木さんを演じられたドラマ以上に悲惨な状況だったようなので、朝ドラ枠でどこまで描かれるのか、話だけですますのか、気になっていたのですが、ぎりぎり、ドラマのテンポを崩さない程度の映像だったように思います。
やはり、ここを描かないと、茂の思いは伝わらないですから・・・。

貸本屋に足を運ぶ人々を通じて、集団就職など、当時の社会状況もナレーションに頼ることなく、描かれていました。

工員さんたちは貪るように漫画を読んだのでしょうね。
もう、漫画は子供のものだけではない。

戦艦のおまけは本当にショボすぎて思わず、脱力。(爆)
そら、クレームきますわ。まだ(当時の)雑誌のオマケのほうがりっぱだったかも。

原稿料をきちんともらうために布美枝にレクチャーする茂の、いかにもな口調と、影の薄い下宿人さんがツボでした。

今週ラスト、原稿料をもらえなかったことにがっかりするより、本ができたことに喜ぶ布美枝のシーンには、ベタだけど思わずじんわり(涙)。

その姿を見て、新たに鬼太郎の注文を受けたことを報告する茂。
先週より格段に絆が深まったようです。

なにより、鬼太郎の続編が発刊できて良かったです。←散髪屋さんで読んだことあります。恐かったです。
新たな注文の発刊は、ちょっと不安?

こみち書房の店主、美智子さんはかつてないほど存在感のある「みんなの溜まり場の主」になりそう。

今週も、おかしい中に哀愁が漂っていて面白かったです。
今後もこのペースでいって欲しいです。

.

.

1週目 2週目 3週目 4週目 5週目

« チェイス・国税査察官 #04「復讐」 | トップページ | 龍馬伝 #19「攘夷決行」 »

□朝ドラ:ゲゲゲの女房」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲゲゲの女房 第6週:

» 謹呈>『ゲゲゲの女房』第36話 [もう…何がなんだか日記]
最近、『ピラメキーノ』が好きちょっと変?ひじゅにですが何か?怪奇世界の雰囲気が欲しい―ということで、真夏に締め切った部屋で汗だくになって原稿用紙に向かう、し... [続きを読む]

« チェイス・国税査察官 #04「復讐」 | トップページ | 龍馬伝 #19「攘夷決行」 »

作品一覧