2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ハガネの女 #01 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic15「カウントダウン!地球の命」 »

2010年5月24日 (月)

龍馬伝 #21「故郷の友よ」

文久3年(1863)、27才

公式サイト

思いつくままの感想です。

八月十八日の政変で長州は薩摩、会津の公武合体派に敗れ、京に居れなくなった長州サイドの三条実美らとともに都を追われます。所謂七卿落ちです。

どの立場から見るかで、全く印象が変わるのですが、今回は薩摩が「悪者」的に描かれていました。
土佐勤皇党の目線で見ると、こういう風になるのだろうなぁ。

京にいる土佐勤皇党の連中に帰藩命令を出した容堂。帰藩しないものは脱藩したものとみなす。いよいよ牙をむいてきました。

武市は、帰藩したものも集めて
「攘夷の火は消えていない。我らは何も間違っていない、大殿様を信じよう、わしら土佐勤皇党は容堂公のために命を捨てても、敵を叩き潰そう」
と声を励まします。
不安の中、武市の言葉に応える人々。彼らには武市しかいない。

一方、勝は塾生たちに、帰藩を命じられたものに、帰ってはいけない、と言います。
今帰ってもろくなことにはならない。帰るのは許さない。今は負けるが勝ちだ。

動揺する塾生たち。そして龍馬も。
なんとかして武市たちを、以蔵を助けたい。派閥闘争に負けたからといって、罪人になるのはおかしい。
そんな龍馬に、長次郎は
「自分は日本のために働きたくて土佐も商売も捨てて侍になった。何があっても土佐には帰らない。武市らは元から侍だったから何かあっても覚悟ができていたのではないか」
と悲しげな表情。

同じことを勝にも言われます。
「土佐に帰って何ができる。彼らは覚悟はできているはずだ。お前には他にやるべきことがあるはずだ。今、死んではいけない。」

辛そうな表情で城を見つめる武市。

その姿を見た弥太郎に、また、士の誇りはないのかと説教するつもりだろう、と言われます。
でも自分は刀より算盤を信じる。
言い切る弥太郎に、

「馬鹿にしていたが、お前のような人間がいてもいいのかもしれん」
と、武市。今までのようにつっかかることなく、早く子供をつくれ、と言い置いて去ろうとします。

今までと様子の違う武市に、弥太郎は思わず喰いつきます。

収二郎に腹を切らせたのは大殿様だろう。
「悔しくはないのか、理不尽とは思わないのか。まだ、信じるのか。

俺のようなものがいてもいいというのなら、武市も好きに、自分に正直に生きていいのではないのか。」

弥太郎もまた、弥太郎なりに武市を心配している。弥太郎本人は認めないでしょうが。
しかし武市は
「自分は正直に生きている。忠義を尽くすのは侍にとって当たり前のこと。」
と振り切って去ります。

武市家、武市と富の二人きりの朝餉。

「もし龍馬がそばにいたら。」
きっと、まだ、そんなことを言っているのか、と言うだろうな、と富に語ります。

容堂がどう出るか。
「わかっている。」
でも、皆には言えない。皆、私を信じてついてきてくれた。
「今、泣き言は言えない。」
何のために生きてきたのか。自分の信じる道を貫くことしかできない。龍馬や弥太郎のようには生きられない。

覚悟は決まっているが、真情を吐露せずにはおれない武市。
励ます富。

「おまえだけにはあやまらないといかん。」
子供もいないのに、たった一人で寂しい想いをさせてしまった。
これからは二人で過ごそう。
桂浜へ行こう、秋には、そして冬には・・・

そこへ目付たちが捕らえにやってきます。

かまわず富と話し続ける武市。

答えがないので座敷に乗り込んできた追っ手の者達。

「ちょっと出かけてくる」
「いってらっしゃいませ」

この別れのシーンはじんときました。

今回描かれた、風向きが変わったために失墜し、幼友達を救うこともできず、蟄居をよぎなくされる武市の姿には、失意のどん底に陥った人間の悲しさをしみじみと感じましたが、ここに到るまでの武市の人物像は微妙だったような気がします。
ふり幅が大きいなぁ、と。
前回からですが、憑き物が落ちた、ということなのでしょうが。
時代そのものがふり幅の大きい時期なので、人もまた、そうなるのかもしれませんけれども。

弥太郎が久しぶりにうざさ全開でした。(爆)

材木が全く売れないので、元のきちゃない格好に逆戻り。
そのまま坂本家に上がりこんだり、たまたま訪れていた富に無神経な言葉をかけたり。
あの格好で座敷に上がってこられたくないなぁ。

で、おまけは手作りの「ほとけさま」ですか。(大爆)
欲しくないです!
で、やっと思いついたのが、修繕のサービス。これがあたって、全部売れたようです。
「おまけは物ではない、人の気持ち。」
運のつき始めとなるのでしょうか?

龍馬は相変わらずおたおたしていました。まだ雌伏の時だから仕方がないか。

武市が雀を書くと喜んだ、という以蔵。
喜ぶ以蔵の顔が目に浮かんで、思わず涙。皆、随分遠くに来てしまったようです・・・・

新選組が登場しました。

ラスト、以蔵の声に気づいて欲しい、と思いつつ、次回へ。

ここで助かっても・・・なんですけど・・・

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20

« ハガネの女 #01 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic15「カウントダウン!地球の命」 »

△大河:龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 #21「故郷の友よ」:

» 龍馬伝 第21回 友よ [レベル999のマニアな講義]
『故郷の友よ』内容容堂(近藤正臣)の命により収二郎(宮迫博之)が切腹をしたという知らせを加尾(広末涼子)の文から知った龍馬(福山雅治)。どうにも納得出来ず、京の勝麟太郎... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第二十一回 [見取り八段・実0段]
雀じゃ。以蔵は、これを描いていると喜んだがぜよ。どうしちゅうかのう。あいつは。何を描いているのかと妻に訊ねられた武市は、庭に目をやりながら幼馴染みや勤王党の仲間の事を考... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「龍馬伝」 21話 [お地蔵さまの寄り道]
第21話 「故郷の友よ」 ましゃの鍛えられた上半身に、うっとりぃ〜。 鍛えられた腕に抱き締められたいですぅ〜。 何もかもを兼ね備えた、ましゃ。 カッコええですぅ〜。 勝さんが、龍馬を止めてくれてよかった。 ほんまに、良かった。 久し振りの、弥太郎。 やっぱり、歯は汚いです。 「おまけ」の本当の意味が見つかってよかった。 ええ嫁のヒントのおかげです。 嫁を大事にして欲しいです。 半平太。。。 「自分を曲げられない。。... [続きを読む]

» 龍馬伝〜第21話 感想「故郷の友よ」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
龍馬伝ですが、勝塾では相変わらず伝兵衛様やりたい放題で、海が荒れるという理由で坂本龍馬(福山雅治)たちは綱引き大会をやらされます。福山雅治は鍛えぬかれた上半身も露わに魁皇1000勝記念相撲大会や、琴光喜が野球賭博をしたのかどうか賭けたりします。 楽しい勝塾とは一転、平井加尾(広末涼子)の罪なくして切腹させられた兄への嘆きの手紙ですが、8月18日の政変&七卿都落ちによって、長州・土佐攘夷派は京政界から完全に追放されます。 山内容堂(近藤正臣)は待ってましたとばかりに牙を剥き、土佐勤皇党大弾圧に踏み... [続きを読む]

» 龍馬伝21 「故郷の容堂よ」 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
「武市さんは、京では肩で風切って 歩いちょったけんど、今は萎んだ 鬼灯みたいになっちゅうらしいのう」「あんたはそれでも人の子か」熱っ×5台詞は「はーい」だけのあっちゃん... [続きを読む]

» 龍馬伝「故郷の友よ」 学舎のヒーロー [よかったねノート 感謝の言葉にかえて]
「龍馬伝」第21話。 故郷の友よ、龍馬の思いは故郷へ。 ささ。いかが相成りますか。 今日も感想文を綴ります。 前回、途中なっているがぜよ。 今日もここから、始めます、よろしゅうたのみます。ayumiyori 第21話 「 故郷の友よ 」   2010年5月23日(日) 総合... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第21回 故郷の友よ 感想 [本家らう゛ろくた推して参る]
第21回 故郷の友よ 桂さんの存在をウッカリ忘れていました。久しぶりのご登場?それとも、見逃してただけかな…… 今回は武市さんはじめ、土佐勤王党の面子が投獄されることになりました。 初回の龍馬を思い出すと、結構龍馬と武市さんの年齢って離れてましたよね。 その差..... [続きを読む]

» 龍馬伝21 武市半平太ついに壮大な死亡フラグが! [ぱるぷんて海の家]
今日の龍馬伝は ハンカチではなくてバスタオルの用意を! と福山龍馬が言ったらしいけど さすがに バスタオルまでは 必要なかったです。 でも久々にシリアスで見入ってしまったのも事実。 今日は面白かった。 龍馬は何の活躍もせずわめいていただけ その....... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第21回と視聴率「故郷の友よ」 [ショコラの日記帳]
【第21回の視聴率は5/24(月)夕方迄に追加予定】5/29(土)の「土曜スタパ」に、以蔵役の佐藤健さんが出演するそうです。先日、『龍馬伝』の題字を書いた紫舟さんがスタパに出演され... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」第21回『故郷の友よ』 [徒然”腐”日記]
個人的感想のみですがネタバレを含みますのでご注意ください。21回目・・・・・・・そろそろ半分な訳ですが・・・・・・・まだこの辺りって・・・・・・後半、大事な場面や歴史的... [続きを読む]

» 勤皇党員でなかった以蔵!! [函館 Glass Life]
ドラマの最後に新撰組が登場しましたね{/ny_kimono_m/} 岡田以蔵を追い詰める近藤勇ら新撰組隊士にかなり 違和感を覚えた僕なのです{/kuri_5/} 新撰組は主に攘夷倒幕派の取り締まりに当たった筈 なのに佐幕派の山内家家臣を取り締まるなど考えら れません{/m_0212/} 龍馬はともかく、殆どの土佐藩士が倒幕を考えてい たとは到底考えられないのです{/m_0212/}{/m_0212/} 土佐藩を実質的に動かしていたのは山内容堂、その 容堂は代表的な佐幕派です{/kuri_1/} 武... [続きを読む]

» 龍馬伝 第21話「故郷の友よ」 [ぷち丸くんの日常日記]
龍馬(福山雅治)は、土佐で収二郎(宮迫博之)が切腹させられたと知り、土佐へ 戻った半平太(大森南朋)の身を案じていた。 龍馬は再び京にいる勝(武田鉄矢)を訪ねる。 勝は、急いで日本の海軍をつくらなければならないと龍馬に語る。 そのころ、朝廷では過激な攘夷を叫ぶ... [続きを読む]

» 【大河ドラマ】龍馬伝第21回:故郷の友よ [山南飛龍の徒然日記]
新選組キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【今回の流れ】・半平太の身を案じ、土佐へ戻りたいと勝に願い出る龍馬 勝は今は海軍を作る方が大事、友達なら生きざまを見届けろと諭す・薩... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第21回 「故郷の友よ」 [くまっこの部屋]
土佐藩前藩主山内容堂は京都にいる土佐勤王党に土佐への帰国の命を出す。加尾の手紙で [続きを読む]

» ≪竜馬伝≫☆21 [まぁ、お茶でも]
竜馬に加尾から手紙が来た。悪いことしていない兄がなぜ切腹をさせられたのか教えてくれとあった。 <文久3年7月 竜馬は勝麟太郎を訪ねて京に来ちょった。> 日本はついこの前まで、攘夷派が、大変な勢いを持っていたが、攘夷攘夷と言いながら幕府はなにもしない。一体世の中はどうなているのか何が世の中を動かしているのかと聞くと、勝は、京におわす 天子様だなと答えた ... [続きを読む]

» 龍馬伝「故郷の友よ」 [のほほん便り]
急に、攘夷一色から世間の風向きが変わりましたね。収二郎の切腹を知り、せめて、半平太を救いたいと、帰省したいと願う龍馬と、止める勝。白熱のぶつかりあいです。 あいかわらず、マーチを背負ってやってくる弥太郎は女だらけの坂本家で、なんともコミカルな役回り。材木は売れないわ、この汚さ(ひょっとして、また鳥籠、背負いはじめた?)からからは、とても、のちの大成功が (^^;) であります まるで憑きものが落ちたように、家で絵を描きはじめた半平太。妻との平穏な時間が切ないです。「雀は、以蔵が好きだった... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第21話 [もう…何がなんだか日記]
第21話『故郷の友よ』嫌味を言っても泣き言を垂れても弥太郎ってばカワイイ          少数派?つーか、今回は日本のためにと侍になった長次郎―刀より算盤を信じると商人... [続きを読む]

« ハガネの女 #01 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic15「カウントダウン!地球の命」 »

作品一覧