2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« チェイス・国税査察官 #03「パーマネント・トラベラー」 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic12「ミラクル・ゴセイヘッダー大集合」 »

2010年5月 2日 (日)

龍馬伝 #18「海軍を作ろう!」

文久3年(1863)、27才

公式サイト

最初の目的はどうあれ、新しい文化に触れて生き生きとしだす若者達と、追い詰められはじめた武市の姿が非常に対照的に描かれていました。

海軍操練所の前身、勝塾の訓練生を集めるために、大阪の町で怪しげな勧誘を始めた龍馬と長次郎。
偶然出会ったのは、食い詰めた惣之丞。早速海軍に誘いますが、幕府に組するのか、と激怒します。
それを、異国に勝つため、と説得。
入塾するや否や、熱心に学び始めます。

感心する龍馬に、異国をやっつけるためなのだから、当然だ、と惣之丞。他の塾生も同じ考えであることに

あわてる龍馬。

やっつけることしか考えていない。
そうじゃない、そうじゃない、どうしたら戦さをしないですむかを考えるための海軍なのに。

どうしたらいいか、将軍の上洛に合わせて京にいる勝に聞きに行きます。
勝は、異国相手に喧嘩することの無謀さは言葉でいってもわからない。経験してみなければ。

でも、今はそれでいいと、わからなくてもいいと語ります。
何故なら、藩の壁がなくなる。人の上下の隔てがない。藩意識や身分の違いを超えて、日本人だと悟ってくれるいい機会になるはず。
そして西洋の文化に触れれば、彼らと戦さをすることが愚かなことだとすぐにわかるだろう、と。

勝の言葉とオーバーラップして、出身や身分を越えて、切磋琢磨しあいながら新しい文化や学問を吸収することの喜びに溢れた若者達の姿がテンポ良く描かれていました。

大いに納得した龍馬。意欲満々、塾に戻って再び皆と学び始めます。

「何がわからんかが、わからん」
やっぱりここでもこと、学問に関しては落ちこぼれの龍馬と、算術など、さくさくと吸収していく長次郎。
いつもはもてもての龍馬が、人の恋路を見守るはめになるなど、この二人のシーンは軽やかで面白かったです。

龍馬と一緒の時は「ニセ侍」であることを恥じることもなくのびのびしているのに、土佐藩から派遣された三人を前にするととたんに顔の曇る長次郎。その後の運命を象徴しているかのようで、心痛みました。

しかし土佐からやってきた三人も田舎からやってきた、侍といえども下士。最初は気後れしているも、勝の思惑通り、攘夷に凝り固まった気持ちも解れて、どんどん表情が明るくなっていくのが救いです。

対する武市。

「龍馬伝」の中では自業自得っぽく描かれているのですが、それを含めて、どんだけ武市をいじめる脚本なんだろう。(汗)

上洛した将軍に対する作戦を練るなど、確実に朝廷でもリーダーシップを取り始めた、かのように見えた武市。
ついに容堂へのお目通りが叶い、有頂天に。

しかし容堂は菓子を与えたりして武市を持ち上げる一方で、竹馬の友で腹心の平井収二郎との離反を図るなど、次第に武市を追い詰めて行きます。

幕府の機関である海軍操練所への藩士の派遣を命じ、龍馬の脱藩を許し、そしてついに言い放ちます。

諸藩と協力して攘夷の実行を求める武市に、それは「大恩ある将軍家」への反逆行為であると。
攘夷派の阿呆どもが強欲な公家どもを担ぎ出し、将軍家を困らせるのを見るのはもう、うんざり。
土佐へ帰る、と。

容堂からのむき出しの敵意と蔑みの眼差しに愕然とする武市。

「誰かおらんか」

誰もいない。収二郎も。以蔵さえ。
人気のない広間に立ちすくむ。

一方、まんまと容堂の策に踊らされる収二郎。

「武市のまわりから人が消えた」
ほくそえむ容堂。

身分違い以上に、Sに見えながら、実はMな武市と、真性Sの容堂では、勝負は見えてます・・・

海軍操練所に行きたそうな以蔵に、行きたかったのか、お前は龍馬と仲がいいからな、となにやらやきもちを焼いているように見える武市は、勝を斬れと命じます。

その命令の惨さはさておき、ここからの以蔵は、可愛い(^^;;

偽名を使って勝に会いに行くも、龍馬と鉢合わせしてびびり、勝の講釈と地球儀に素直に驚き、龍馬から

勝の護衛を頼まれて驚き、しぶしぶ勝と酒を交わす。

「やらしてくれよ、高かったんだからよ」(笑)
と、龍馬がうんざりしている中、以蔵が刺客だと知りつつ、いつもの調子で地球儀を取り出す勝。
何も知らなかった以蔵が予想以上に、今までの誰よりも、素直に驚いてくれたのでの大喜びです。
「役に立ったよ、地球儀が。」

驚く様子が、素直だ、と勝先生が褒めるに充分なほど、素直で、刺客の時の表情とのギャップが際立っていました。

大阪に戻った後、二人になった勝は以蔵に言います。
「なんで、ああいう奴と付き合わないんだ?」

以蔵だけでなく、若者たちの表情が明るければ明るいほど、その後の運命の過酷さが切ないなぁ。

あ、今回は弥太郎は登場しませんでした。きっと借金返済及び蓄財にせいを出しているのでしょう。これから起こる騒動に関わったら、その後の弥太郎はいませんものね。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17

« チェイス・国税査察官 #03「パーマネント・トラベラー」 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic12「ミラクル・ゴセイヘッダー大集合」 »

△大河:龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 #18「海軍を作ろう!」:

» 龍馬伝 第18回 海軍を作ろう! [レベル999のマニアな講義]
『海軍を作ろう!』内容文久3年、勝麟太郎(武田鉄矢)とともに、龍馬(福山雅治)長次郎(大泉洋)が乗った蒸気船“順動丸”は、海軍操練所を作る予定の神戸へと向かっていた。大... [続きを読む]

» 龍馬伝18 金八先生自慢の地球儀初めて役立つの巻? [ぱるぷんて海の家]
どうもアレだね。 今日のタイトルからして 海軍を作ろう♪ って 楽しそうなお題だしぃ。 そこに 武田鉄矢サンが登場すると 勝海舟でも 緒方洪庵でも 何をやっても金八先生になってしまうしぃ それにやること全部 コント集? お笑い龍馬伝楽しませて頂き....... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第十八回 [見取り八段・実0段]
どうしたらいいがじゃ。みんな、異国と戦をするために学びよる!龍馬は長次郎と共に、大阪の勝塾へ行く。神戸の海軍操練所が出来るまで、ここで海軍候補生が学んでいるのだった。自... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第18回 「海軍を作ろう!」 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
「海軍を作ろう!」 なんて題名を付けられると まるで龍馬や、海舟が 日本の軍国主義の開祖のように誤解されそうで験くそ悪い。 村田蔵六なんかと一緒にせんといてくれ! 「海軍を作るのは日本を異国からの侵略から守る為」 なんて認識さえ、龍馬には希薄だった... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第18回と視聴率「海軍を作ろう... [ショコラの日記帳]
【第18話の視聴率は5/6(木)夕方迄に追加予定】岡田以蔵(佐藤健)が、武市に命じられて勝麟太郎(武田鉄矢)を斬りに行きました。でも、勝の元に龍馬がいて、2人に宥められ、... [続きを読む]

» 【大河ドラマ】龍馬伝第18回:海軍を作ろう! [山南飛龍の徒然日記]
色んな意味で半平太が気の毒になってきました(´・ω・`)【今回の流れ】・勝塾の訓練生を集める為、龍馬と長次郎は大坂に 運良く沢村と再開し、言葉巧みに丸めこんで入塾させる・半... [続きを読む]

» 龍馬伝 海軍を作ろう! [のほほん便り]
ついに勝先生、地球儀をもって回り、説いた甲斐がありましたね。「これが、日本?!」 盛大にくいついて、驚き、感動する者があらわれました。それが、じつは彼を斬りに訪れた以蔵だったとは! 本来の目的を承知の上で、全然、動じず、そのリアクションの素直さに「気に入ったぁ!」と龍馬と共に飲みに誘うあたり可笑しいです。太っ腹ぁ それにしても… 海軍スカウトが全然、うまくいかず、邪険にされまくり落胆する龍馬。容堂に褒められた感激。いただいたお菓子を捧げつつ、目を回す武市半平太。ちょっとコミカルな人間臭さ... [続きを読む]

» 龍馬伝 第18話 [paseri部屋]
「龍馬伝」(第18話)を観ました。出演:福山雅治,大森南朋,宮迫博之,大泉洋,要潤,田中哲司,佐藤健,酒井若菜,池内万作,武田鉄矢,夏八木勲,近藤正臣勝麟太郎(武田鉄矢)の... [続きを読む]

» 龍馬伝「海軍を作ろう!」 気鋭のヒーロー [よかったねノート 感謝の言葉にかえて]
五月皐月、ゴールデンウィークの今日、ニッポン全国ほぼ晴れでした。 五月晴れの空にに泳ぐ鯉のぼりは気持ちよさそうでした。 「龍馬伝~第18話、海軍を作ろう!」 文久3年。 武市半平太:「わたくしに妙案がございます」 勝 麟太郎:「ほっとかれんなら、ほっとい... [続きを読む]

» 龍馬伝、容堂暗殺!! [函館 Glass Life]
いよいよ前藩主・山内容堂による武市ら土佐勤皇党の粛清 が始まりましたね{/kaeru_shock1/} 元々容堂は公武合体の中心人物、佐幕派の代表なのですか ら攘夷一辺倒の武市とは相いれる筈がありません{/cat_6/} 数百年の間抑圧されてきた下士や郷氏達のエネルギーが尊 王攘夷思想と結びつき勤皇党を結成、藩の実権を握ったか に見えたのもほんの一瞬。 隠居したとはいえ実際に藩政を動かしていた容堂との考え 方の隙間を埋める事は出来なかったのです{/kuri_5/} 容堂暗殺{/ee_2/}を実行出... [続きを読む]

» 大河ドラマ「竜馬伝」第18回『海軍を作ろ... [徒然”腐”日記]
昨日に引き続き実家更新~ながら観だったので手短一言感想です。ネタバレ記事を含みますが個人的感想のみですのでご了承ください。海軍を作ろう・・・・・・って随分と明るいという... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第18回 「海軍を作ろう!」 [くまっこの部屋]
龍馬と一緒に脱藩した沢村惣之丞や土佐勤王党から望月亀弥太、高松太郎、千屋寅之助が [続きを読む]

» 『龍馬伝』第18話 [もう…何がなんだか日記]
第18話『海軍を作ろう!』「こいつだって一生懸命仕事やってんだよ」以蔵は武市に操られる暗殺者から、勝に可愛がられる用心棒に変身。その先の悲しい結末は分かってはいるけれど、... [続きを読む]

» 龍馬伝18 「護衛を作ろう」 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
「勝しぇんしぇいから、○△×□」「はぁ?」滑舌の悪い塾頭に急かされ、塾生集めに行く龍馬「ええの~ええの~」変態やんそんな時に、キャナメ発見!「人にタカるほど落ちぶれちゃ... [続きを読む]

« チェイス・国税査察官 #03「パーマネント・トラベラー」 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic12「ミラクル・ゴセイヘッダー大集合」 »

作品一覧