2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« チェイス・国税査察官 最終回「カリブの黒い薔薇」 | トップページ | ハガネの女 #01 »

2010年5月23日 (日)

タンブリング #06

公式サイト

.

タンブリングの醍醐味の1つ、交差技の練習中に起きた接触事故が元で、飛べなくなってしまった悠太が、仲間達の支えで復活するまでを描いた話でした。

やっと新体操そのものを描いてくれました。

悠太に個人的な悩みを打ち明けるまでになった航の変化や、部員達の結束が固まる様子、彼らをバックアップする先生達、そしてラスト、航に支えられた悠太が逆に後押しする流れも、ベタですが、すっきりしていて楽しめました。
茉莉の鶴の一声で豹変する航、というお約束のオチも、可愛げがありましたし。

贅沢を言えばですが、悠太のトラウマ克服話はいいのですが、その前に新入部員たちの練習エピソード、もしくはシーンが、1話まるまるがっつりでなくてもいいので、もっと欲しいような気がしましたけれども。せっかく俳優さんたちが頑張っておられるのですから。それは今後に期待、ということで。

来週は航と火野の父親のエピソードを対比させ、柏木の意外な過去を絡ませて、いよいよ火野も仲間入りするのかな?

.

.

#1 #2 #3 #4 #5

« チェイス・国税査察官 最終回「カリブの黒い薔薇」 | トップページ | ハガネの女 #01 »

#ドラマ:2010年第2クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タンブリング #06:

» タンブリング 第6話 跳べない! [レベル999のマニアな講義]
『壁を乗り越えろ!!衝撃の告白』内容県予選大会に向け、動き始めた新体操部。だが、今のままでは予選突破は難しく、新しい技を考えることが決めたうえで、悠太(瀬戸康史)と水沢... [続きを読む]

» タンブリング 第6話 [ドラマハンティングP2G]
県予選大会に向けての練習を始めた烏森高校男子新体操部。航(山本裕典)や悠太(瀬戸康史)たちの練習にも力が入る。 予選を勝ち抜くために新しい交差技を取り入れよう、と悠太、水沢(柳下大)、金子(タモト清嵐)の3人が練習を始める。 ところがその練習中にアクシデン..... [続きを読む]

« チェイス・国税査察官 最終回「カリブの黒い薔薇」 | トップページ | ハガネの女 #01 »

作品一覧