2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« Mother 第5話 | トップページ | 素直になれなくて 第5話 »

2010年5月14日 (金)

新参者 #04「時計屋の犬」

原作:東野圭吾「新参者」

「いつもの広場で、子犬の頭を撫でていたら、今日も小舟町の時計屋さんと会いました。お互いマメですね、と笑い合いました」。
三井峯子(原田美枝子)が殺害される直前に書いていたメールには、こう記されていた。(公式サイトより)

公式サイト

原作未読です。

時間も経っているので、簡単に感想を書きます。
やっぱり日曜日は忙しいです。(汗)

今回は原田芳雄さん演じる頑固な時計屋の親父、寺田にまつわる人情話でした。
小舟町の時計屋さんというのが寺田。
寺田は「浜町公園であった」と証言しているのですが、その日、その時刻、その場所で語り合う二人を見たものはいない・・・ということで、寺田の証言のウラを取るために動く加賀と松宮。

実は寺田は数ヶ月前から散歩のコースを変えていた。その訳は・・・ということで、寺田と勘当した娘の仲を取り持つお話でした。

いい話なんだけど、ストレートすぎて途中でわかってしまった。
今までは「人情話」で描かれる人間関係にもミステリがあったのだけれど、今回は薄かったような気がしました。

子犬が水天宮の戌だった、というのは気が利いたオチだと思いました。

でも、他人を寄せ付けない頑固な親父と峰子がどの程度の知り合いなのか。よくわからなかったかなぁ。

その他、加賀の時計はどうなったんだろうとか。
松宮の、伯父にあたる加賀の亡父にもらったと思われる時計が直ったのはよくわかったのですが。伯父に対する心情も吐露していましたし。
加賀の時計も父のものだと思うのですけど、全く触れずに終わりました。わざとぼかしたのでしょうが、しつこいくらいに「金曜の午後三時」を何度もふっていたので、ちょっと肩透かしを食らわされたような気がしました。ネタだとしてもね。(汗)

で、安産祈願、子授けの水天宮で楽しそうに話していた、という峰子の謎がまた一つ増えました。

亜美が生前から母を追っていたことを知って怒る弘毅。
こちらは来週は進展があるのでしょうか。

.

.

#1 #2 #3

« Mother 第5話 | トップページ | 素直になれなくて 第5話 »

#ドラマ:2010年第2クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新参者 #04「時計屋の犬」:

» 新参者 第四章 時計屋の犬 [レベル999のマニアな講義]
『時計屋の犬』“時間トリック…恋人の嘘内容三井峯子(原田美枝子)が殺害される直前のメールに“いつもの広場で子犬の頭をなでていたら、 今日も小舟町の時計屋さんと会いました... [続きを読む]

» 「新参者」 第4話 時計屋の犬 [トリ猫家族]
 亜美ったら、弘毅に怒られちゃったじゃん・・・ 秘密裏に峯子(原田美枝子)の行動を調べていたこと・・・どう釈明するのかにゃ〜?  さて、今回、加賀が注目したのは寺田時計店の主人玄一(原田芳雄)とわんこのドン吉。  峯子が亡くなる直前に書いていたメールに『い...... [続きを読む]

« Mother 第5話 | トップページ | 素直になれなくて 第5話 »

作品一覧