2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 我が家の歴史 最終夜 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic9「ガッチャ☆ゴセイガールズ」 »

2010年4月12日 (月)

仮面ライダーW #30

「悪夢なH」後編です。

公式サイト

「お前の夢は危険だ」

翔太郎の夢の中に入るも、色んな邪魔が入ってくるのに業を煮やしたナイトメア・ドーパントは退散。

一方、フィリップを間一髪で助けたのは、鳥の形のメモリ。小さいながらウェザー・ドーパントの攻撃も跳ね返す力があるようで、肉体ごとフィリップを吸い込んで去っていきます。

亜樹子からフィリップの危機を知らされて目覚めた翔太郎。
フィリップは生きている。それならば、とにかくここは依頼人を助けること、つまりナイトメアの正体を知ることが先決だと、翔太郎と亜樹子は捜査をはじめます。

犯人とおぼしき人物を追い詰めるも、彼もまたナイトメアの餌食に?
では、誰が?

翔太郎の夢は敬遠されたので、今度は亜樹子が眠ってナイトメアをおびきだすことに。

亜樹子の夢は故郷の夢。
ははぁ、ここで大阪ロケですか。見慣れた光景でないだけでも新鮮でした。

見た夢を全部寝言で報告する亜樹子。役に立ちます。

それにしても照井竜はなんでも似合うなぁ
「俺に質問すんなや」(爆)

そして真っ白なスーツ、ソフト帽の男が・・・すわ、おやっさん登場かと思いきや、翔太郎。
翔太郎を見ていきり立つ照井竜、止めるフィリップが可笑しい。

亜樹子の夢の中でおやっさん=翔太郎というのが何だか意味深でした。

夢の中ではなんでもできる。翔太郎と組んでダブルに変身!倒れるのは翔太郎。
亜樹子が本体なので、なんかくねくねしたダブル。(大爆)

なんだかんだでナイトメアの正体を暴いた翔太郎と亜樹子。
やはり研究室の学生でしたね。

一方、鳥のメモリに救われたフィリップはシュラウドさんと対面していました。

「あなたはこの星にとっても、私にとっても必要な存在。」
そして、左翔太郎から離れるように忠告されます。
嫌な予感は的中しました。翔太郎だけ違う存在なのです。

しかし、フィリップはシュラウドさんの忠告に反発。
僕の相棒は翔太郎しかいない。

翔太郎の呼びかけに応じて元の世界に戻ります。
無事なフィリップを見て嬉しそうな翔太郎。

「やるか、相棒」

なんか、この言葉に泣かされそうな展開になりそうな・・・←何いってんだか(苦笑)

翔太郎と亜樹子が見守る前で、パトカーに乗せられる犯人。
ストーカーまがいの犯人を「待っているから」と真摯に見送る被害者ヒメカリン。その言葉に涙する犯人、の影からのっそり出てくる照井竜のアングルが可笑しかったです。

「意外な結末」
と、亜樹子。
「なんにしても悪くないラストシーンだ」
と、いつものハーフボイルドなセリフを口にする翔太郎。が。

「みんな、みんな、大好き!」
眠りから目覚めた研究室のみんなに早速、いつもの調子で愛想を振りまきはじめるヒメカリン。

あきれる翔太郎と亜樹子。決まり文句
「さあ、お前の罪を数えろ」
は、ポーズもぴったり決まりました。
このオチは好きです(^^)

ドクターから鳥のメモリのことを聞いた園咲家の面々。若菜は相変わらずハイテンションのまま。疲れるだろうなぁ。
冴子と若菜はそんなメモリの存在は知らないけれども、
「ついに動き出したか」
硫兵衛さんはもちろん、正体を知っている。

一件落着した探偵事務所。
「それにしても気になるのは。」
あの時、どこへ行っていたのか。翔太郎はフィリップに尋ねますが、
「今はまだ言えない」
と、表情を暗くして答えるフィリップ。が

「僕のパートナーは翔太郎、君一人だ。」

と改まって宣言するものだから、不意打ちを喰らった翔太郎は大照れ。
そんな翔太郎をからかう亜樹子と、翔太郎のいつに変わらぬ賑やかなじゃれあいを微笑みながら見つめるフィリップのズーム・イン、で次回に続く。

今回はネタ回らしい賑やかさの中に、翔太郎とフィリップの今後に繋がる重要な伏線も描かれていて、見逃せない回でした。テンポもアングルも素晴らしい。
思わず拍手しながら見てしまいました。

事件そのものもフェイントをかけており、ヒメカリンは一周半して、可笑しかったし。(汗)

翔太郎が久しぶりに彼らしい活躍を見せてくれたのも嬉しかったです。亜樹子とのコンビネーションもばっちりでした。
そしてフィリップがこんなに翔太郎のことを思ってくれていたなんて。
見ているほうも照れましたが、いい感じでした。いい感じなだけに、その先にある展開が恐い。

毎年ネタ回が終わると、いきなりシリアス展開になるのですよね。

フィリップは「特別な存在」。翔太郎は?
とても気になります。

予告で一瞬おやっさんを見たような気がしましたが・・・

とにかく、今回も大変面白かったです。
次回が待ち遠しいです。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29

« 我が家の歴史 最終夜 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic9「ガッチャ☆ゴセイガールズ」 »

△特撮:仮面ライダーW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーW #30:

» 仮面ライダーW 第30話 王子様は誰だ? [レベル999のマニアな講義]
『悪夢なH/王子様は誰だ?』内容ナイトメア・ドーパントを倒すため夢の中に入るという奇策に打って出た“W”であったが、突如、現実世界に現れたウェザー・ドーパントによりフィリップ(菅田将暉)は、戦うことも出来ず、倒されてしまうのだった。亜樹子(山本ひかる)...... [続きを読む]

» もう30話か・・・仮面ライダーW [ほかのさなぎ。]
さていよいよ最終パワーアップ形態、登場!?て、まあまずは最大のピンチ中のというかフツーしんぢゃってる状態のフィリップがどうこの局面を切り抜けるか、楽しみではあります。しかし・・・仮にもしサイボーグとかアンドロイドとかだった場合・・・不思議と生身より雷ヤ...... [続きを読む]

« 我が家の歴史 最終夜 | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic9「ガッチャ☆ゴセイガールズ」 »

作品一覧