2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ミス・マープルシーズン3 「ゼロ時間へ」 | トップページ | 龍馬伝 #14「お尋ね者龍馬」 »

2010年4月 3日 (土)

ミス・マープルシーズン3 「復讐の女神」

BS2にて視聴。

2007年、英米製作。

以下、ネタバレなし、感想のみ簡単に書きます。

原作は1971年に発表、ミス・マープルシリーズ最後の作品です。(クリスティーの遺言により、死後発表された「スリーピング・マーダー」が書かれたのは第二次世界大戦中ですので。)
"ミステリー・ツアー"と"秘密の花園"の要素が混在する上、登場人物も多い、かなり複雑な構成の作品です。

ですので"秘密の花園"要素を切り捨てて、"ミステリー・ツアー"に的を絞ったドラマ作りになったのは仕方がないかもしれません。
英国の観光ガイドにもなってますからね。(汗)
ええ、風景は美しかったです。

時代背景、登場人物の大幅な(本当に大幅な;;)改変、それにともなう動機の変更も、ミステリードラマとして成り立っていればいいのですが・・・とにかく人間関係が複雑で、分かりにくかったです。原作をひねくり返して、わざと分かりにくくしているような気がしました。

ストーリーも映像もパーツが足りないというか、すっ飛ばされていましたし。終盤になってから何度「えー?!」と叫んだことか。
見慣れない俳優さんが多かったせいもあるとは思いますが。

"秘密の花園"要素の方を強くした方が尺的に、ミステリーとしては作りやすかったのではないか、と思いました。

クリスティーの読者としては、ミス・マープルシリーズ「カリブ海の秘密」の前にこの作品をドラマ化するのに抵抗を感じましましたが、ラフィール氏は原作でもそれほど大きな役割ではないので、あきらめました。

それよりミス・マープルの甥のレイモンドが登場したのにはびっくり。プレイ・ボーイ風なのはさておき。
ミス・マープル初登場の短編集「火曜クラブ」のイメージが強かったので、もっと若い人を想像していたのですが・・・ミス・マープルの年から考えると妥当なラインなのかもしれません。

他にも、刑事の名前が「ゼロ時間へ」の原作で活躍するバトル警視の息子と同じのは、ドラマ制作者なりの敬意なのかな?とか、1951年かぁ、年代をはっきり特定してきたな、とか。

それなりに楽しめました。(溜息)

大勢いる登場人物の中で、ジョージアナの声が気になったため、エンドタイトルに注目していたら、朴さんでした。さすがです。
ちなみにレイモンドは、声優さんには疎い自分でも大塚芳忠さんだとすぐにわかりました(^^;;

.

シーズン3の4本を観終わって。

シーズン1の頃より英国らしさが出ていたというか、暗い色彩の作品が多かったような気がします。

ストーリーの改竄については「書斎の死体」「パディントン発4時50分」や「予告殺人」等などの後なら、もう、なんでもこい、って感じ。(汗)

これらシーズン1の作品を観て、シーズン2を観る勇気を失った軟弱者ですが、シーズン3は多少のことには目をつぶる覚悟で視聴したので、それほど突っ込みませんでした・・・「復讐の女神」にはちょっとたじろぎましたが。

皮肉なことに、原作がミス・マープルシリーズではない作品の方が、ミステリードラマとしてのできが良かったように感じました。

・・・つまり、原作にミス・マープルが登場していない作品の方がより原作に忠実だ、ということです。それってミス・マープルに失礼なんじゃないかな~。(_ _;;

.

.

ミス・マープルシーズン3「無実はさいなむ」
ミス・マープルシーズン3「バートラム・ホテルにて」
ミス・マープルシーズン3「ゼロ時間へ」

« ミス・マープルシーズン3 「ゼロ時間へ」 | トップページ | 龍馬伝 #14「お尋ね者龍馬」 »

#ドラマ:SP」カテゴリの記事

#ドラマ:2010年第2クール」カテゴリの記事

*アガサ・クリスティー映像化作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミス・マープルシーズン3 「復讐の女神」:

» 『ミス・マープル3 復讐の女神』 07イギリス/アメリカ [じゅうのblog]
   "MARPLE: NEMESIS" [復讐の女神] 先日、NHK BSプレミアムで深夜(なんとも眠たい1:00-2:30)に放映していた『ミス・マープル3 復讐の女神』を観ました。 -----story------------- 「A・クリスティー」原作の人気シリーズ、第3シーズンをハイビジョンリマスター版でアンコール放送! 友人が遺言で託した事件調査。 「ミス・マープル」が、謎のツアーに参加する。 「ミス・マープル」は亡くなった友人の遺言として事件の調査依頼を受ける。 だが、事件の説明... [続きを読む]

« ミス・マープルシーズン3 「ゼロ時間へ」 | トップページ | 龍馬伝 #14「お尋ね者龍馬」 »

作品一覧