2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 我が家の歴史 第2夜 | トップページ | 龍馬伝 #15「二人の京」 »

2010年4月11日 (日)

ゲゲゲの女房 第2週

公式サイト

.

簡単感想です。

大人編、というか本編が始まりました。

成長した布美枝はやはり内気な性格に見えない、どう見ても華がある、子供時代と連続性を感じないなぁ、と突っ込みつつ。

しかし、お話はじっくり楽しめました。

背が高い、という劣等感がもうひとつピンとこなかったのですが、和菓子屋との縁談が不成立に終わる顛末をへて、家父長制度時代の強かった時代背景の描写も加わって、徐々に自分の中で納得できるようになりました。

祖母の過去のエピソード、普段はいばっている父が子供に戻って祖母の死を悼むシーンは前半のハイライトでした。

後半の女三界に家なし、家事手伝いしかできない小姑の布美枝が、だんだん実家に居づらくなっていくエピソードの数々はちょっとくどく感じましたが、それほど長くひっぱらなかったので、ストレスを感じませんでした。
ここまで描かないと布美枝が弱々しく見えないかもしれない、とも思いましたし(汗)。

とにかく、終わり良ければ全てよし。

叔母、輝子の言うとおり、早く布美枝を片付けたいがために、どうみても条件の悪い見合いを薦めるように見えた源兵衛の真意に、すごく納得してしまったので。

ええ、少しうるっときました。(照)
.

源兵衛というキャラが今までのエピソードを踏まえて、ちゃんと成立しているのが大きいです。

今のところ、毎日面白く観ています(^^)

.

.

1週目

« 我が家の歴史 第2夜 | トップページ | 龍馬伝 #15「二人の京」 »

□朝ドラ:ゲゲゲの女房」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲゲゲの女房 第2週:

« 我が家の歴史 第2夜 | トップページ | 龍馬伝 #15「二人の京」 »

作品一覧