2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 世にも奇妙な物語20周年スペシャル・春~人気番組競演編~ | トップページ | ジェネラル・ルージュの凱旋 #01「失神」 »

2010年4月 6日 (火)

ゲゲゲの女房 第1週

公式サイト

朝ドラはいつも最初は見ているのですが、途中挫折する作品が多くて・・・。
ちなみに一番最近で完走したのは「つばさ」です。その前は「ちりとてちん」、その前は「芋たこなんきん」・・・です。

今シリーズは、水木しげるさんの愛読者としては見過ごすわけにはいかない作品なのですが、あまり固定概念を持ってみるとドラマとして楽しめないだろうから、「水木」という名の漫画家の一家の話、くらいに思ってはいます。

感想は一週づつまとめて、軽目に書くことにします。←いつフェイドアウトしてもいいように。(汗)

で、第1週ですが、アニメとのコラボは初めて?
べとべとさんの登場は嬉しかったです。

そういった新機軸はあるものの、ドラマそのものはオーソドックスでしっかりした作りだなぁ、と思いました。戦前が舞台となっているためか、画そのものが落ち着いて見えました。

内気な妹と奔放な姉の交流、いばりんぼうの父、「見えないもの」に対する興味など、しんみり描いていて、面白かったです。
6話では思わず涙ぐみましたよ。(照)

でも、子供時代はどのシリーズもたいてい面白いのですよね。
問題は大人になってからなんです。来週も感想が書けるかな?
まだカテゴリーは分けないでおこう。(汗)

ちなみに少女時代の姉、ユキエ役の足立梨花さんは「ふたつのスピカ」でもツンデレなお嬢様を演じておられました。お嬢様が似合う人だなぁ。

.

.

« 世にも奇妙な物語20周年スペシャル・春~人気番組競演編~ | トップページ | ジェネラル・ルージュの凱旋 #01「失神」 »

□朝ドラ:ゲゲゲの女房」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲゲゲの女房 第1週:

« 世にも奇妙な物語20周年スペシャル・春~人気番組競演編~ | トップページ | ジェネラル・ルージュの凱旋 #01「失神」 »

作品一覧