2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーW #28 | トップページ | 八日目の蝉 第1回「逃亡」 »

2010年3月30日 (火)

侍戦隊シンケンジャー 感想まとめ

大分前に書いたのですが、結局まとまらなかったので、ほったらかしにしていたら、もう3月も終わりになってしまいました。(汗)

しかし、最終幕の感想で「作品全体についての感想は改めて書きます」なんて書いてしまったので、今更、蛇足とは思いつつも突っ込みも含めて、かなり省略して載せることにしました。

全49話。

特定の俳優さん、もしくはキャラに深い思い入れは感じなかったのですか、それでもとても面白く見れたのは、設定とストーリーに惹き付けられたためです。

・時代劇の要素を取り入れたこと。
・各シンケンジャーの役割やキャラがはっきりしていて見やすかったこと。
・モヂカラ、というアイテム。
・敵方の人間心理を突く、えげつない攻撃。

オプションとして、薄皮太夫や十臓の過去でしょうか。これは諸刃の剣でしたが。
.

惜しいと思ったのは、ドウコクたち外道衆が人間界を攻める理由がはっきりと提示されなかったこと。
絶望の声が聞きたい、というようなこと言ってはいるのですが、薄皮太夫や十臓が外道の道に落ちた理由に比べると抽象的だったように思いました。

それだけ二人のはぐれ外道衆の存在が強烈だったのかもしれません。

アクマロの最期が印象的だったのは、自分のやりたいことと動機が明らかにされており、その倒錯ぷりや挫折が十臓の因縁話とうまくリンクしていたからではないかな、と。

彼らの最期より、ドウコクの最期の方があっさりしていたのは、その最期に何の因縁も感じなかったためかもしれません。

まぁ「鬼(公義で)」なのだから人間に害を及ぼすことに理屈もないでしょうが。

ただ、神社の元をたどれば、時の権力者に抹殺された者たちの荒ぶる魂を鎮める意があるように、シンケンジャーでなくてもいいので、「この世」となんらかの因縁があってもよかったかな、と。また、小林さんならそこまで描けたかもしれない、と。

ドウコクと薄皮太夫の最後の逢瀬は印象的でした。
この二人の関係が見所のひとつという、少し大人な内容だったので、戦隊シリーズとしてはいかがなものか、と思われる方がおられて当然かもしれませんね。

しかし自分は毎週楽しみにしていた、面白い作品でした。

各キャラも初期からたっていて、途中参加の源太も含めて、皆、本当いい奴だったのが気持ち良かったです。

自分は丈瑠の背負った秘密もOKでした。

では、最後のつっこみ。(汗)

最終回の感想にも書きましたが、モヂカラの面白さやチームプレーが今一歩、描ききれてなかったように感じました。

新作DVDが6月にレンタル及び発売されるとか。
公式を読むと、本編とは何の関係もなさそうなストーリーのようですが、それはそれで面白そう。こちらではモヂカラをフル活用してくれるのかな?

公式サイト

楽しみです(^^)

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36 #37 #38 #39 #40 #41 #42 #43 #44 #45 #46 #47 #48 #49

« 仮面ライダーW #28 | トップページ | 八日目の蝉 第1回「逃亡」 »

△特撮:侍戦隊シンケンジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 侍戦隊シンケンジャー 感想まとめ:

« 仮面ライダーW #28 | トップページ | 八日目の蝉 第1回「逃亡」 »

作品一覧