2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 咲くやこの花 第9回『今日を限りの』 | トップページ | 龍馬伝 #12「暗殺指令」 »

2010年3月21日 (日)

ブラッディ・マンデイ シーズン2 最終回

原作:龍門諒×恵広史 「ブラッディ・マンデイ Season2 絶望ノ匣」
.

公式サイト

.

感想のみ。

毒含んでいますので、楽しんで視聴されいた方はこれ以上読まないことをお勧めします。

.

.

.

.

まず。

続編、作る気満々だな~、と。実際作るかどうかはわかりませんけれども。

でなかったら、逆にこんな話の終わり方では納得できません。

.

突っ込みどころが一杯あるので、サードアイ関係はもう外したいのですが、1つだけ。

何故Jの行方を追わないのか、というか全く無視してますね。Kが監禁されている所へ行くことは明らかだし、あれだけ人が殺されているのに。単に描かれなかっただけ?

.

Jについて。
Kへどのような心情を抱いているのかが全くわかりませんでした。
守りたいもの?シーズン1を見ていたら、そういう風にはどうしても思えないのですよ。
最終回にきて、いきなりシーズン1との連動性が強調されたので余計に。

で、ホタルは何故Jについていくの?わからなーい。
.

八木は死んでなかったのですね・・・だからどうだって、というエピソードでしかなかったのが気の毒です。
前にも書きましたが、「苛め」を話を複雑にする単なるコマとしてしか扱っていない心無さが不愉快でした。

他のエピソードも心無かったのですけれどもね。
.

響もあまり生かされてなかったです。もったいない。
.

最大の突っ込みどころはやはり倉野の設定でしょう。

父をテロリストとして断罪したサードアイと社会に復讐するって・・・あー、Jにそそのかされたのか。

でも「ずっと見ていた」は全くわかりませんでした。

追憶シーンを見る限りでは、藤丸がどうみてもせいぜい小学校の低学年の頃に1、2度しか会っていないような印象しかうけませんでしたので、藤丸が自分を覚えていないことにいちゃもんをつける倉野に全く共感できない。
ですので倉野が撃たれて涙する藤丸にも全く心が動かされませんでした。

また、ミスリードもなく、いきなり核心に触れる追憶シーン出してくるのはいかがなものかと。

.

後は好みでしょうが・・・

「かの国」からのテロリストだの核爆弾だの、ホーネットだのスパイダーだの。
大風呂敷を広げた末、事件の核心を、倉野の個人的な復讐とJの妹を救い出したい思い、というすごくミニマムな所に持ってきたのにはがっかりです。

Jと倉野だけでなく、結局利用されただけの「かの国」のテロリスト、日本人のテロリスト、そしてホーネット。各自の結びつきの経過が意識的にでしょうが、描かれていないのも説得力に欠けたように感じました。
.
.

原作がコミックなので当然でしょうが、コミック的な展開のドラマを作った、というのはわかります。

しかし、コミックという文化が何故多くの人々の心をつかんだか、その肝心なところがこのドラマからはすっぽり抜けているように思うのです。

キャストの皆さんの真剣さも伝わるし、映像も凝っていただけに、壮大な廃墟を見たような気がしました。

あー、マヤは復活しませんでした。本当に死んじゃったのか。残念です。
.
.

.
.

一応言っておきたいこと。佐藤さんウォッチャーとしては、この内容で二枚看板での番宣はやっぱりおかしいと思います。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8

« 咲くやこの花 第9回『今日を限りの』 | トップページ | 龍馬伝 #12「暗殺指令」 »

#ドラマ:2010年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラッディ・マンデイ シーズン2 最終回:

» ブラッディ・マンデイ シーズン2 第9話(最終回)決着 [レベル999のマニアな講義]
『この世の果てテロの悲劇と結末へ!!明かされる真実と鍵』内容南海(芦名星)が、、“ホンモノ”のスパイダーに撃たれた!!倉野理沙(満島ひかり)に。。。。。だが、ホンモノのスパイダーに“ずっとあなたを見ていた”と言われても、藤丸(三浦春馬)は、心当たりがな...... [続きを読む]

» ブラッディ・マンデイ2 [Akira's VOICE]
最終回の感想  [続きを読む]

» ブラッディ・マンデイ2 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
スパイダーの正体を知った藤丸(三浦春馬)は、愕然とする。 スパイダーは藤丸に「私は、ずっとあなたを見ていた」と言い、その場を去る。 萩原(高嶋政宏)は、スパイダーの過去を突き止め、それを藤丸に伝える。 意外な事実に驚きを隠せない藤丸だが、スパイダーと決着をつけ... [続きを読む]

» 徳永えりこそが最後の希望!(ブラッディ・マンデイ-シーズン2-#9最終回) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『ブラッディ・マンデイ-シーズン2-』偉い、偉い!一緒に遊ぼうよ、藤丸君スパイダーは、倉野理沙@満島ひかりだったあら〜南海かおる@芦名星は、まだ生きてたのか(ぇ『栄光の扉』が開き、『皇帝の心臓』もセットされ、いよいよ『聖なる行進』が始まり、日本は生まれ変わる...... [続きを読む]

» リボーン&ブラッテイ2&ハンチョウ2 [別館ヒガシ日記]
は登場&皆が退避する流れだが VS白蘭の所は良かったが後は普通だし  [続きを読む]

« 咲くやこの花 第9回『今日を限りの』 | トップページ | 龍馬伝 #12「暗殺指令」 »

作品一覧