2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 侍戦隊シンケンジャー 感想まとめ | トップページ | 2010年冬クールのドラマ・まとめ »

2010年3月31日 (水)

八日目の蝉 第1回「逃亡」

野々宮希和子(檀れい)は、同じ会社で働く秋山丈博(津田寛治)と実らぬ愛を育んでいた。一緒になるという丈博の言葉を信じ、子供も堕したが、丈博の妻、恵津子(板谷由夏)もこのとき妊娠していたのだった。恵津子は、希和子を呼び出し「自分の子を平気で掻き出すがらんどうのような女に他人の家庭を壊すまねはさせない」と告げる。朦朧とした意識のなかで希和子は丈博の家に忍び込む。生きる望みを失った希和子に微笑みかける赤ちゃん=薫(女の子)を見たとき「この子のためだけに生きてゆこう」、希和子は決意し、赤ちゃんを盗み出す。5年半にわたる赤ちゃんを連れた逃亡劇が始まった。

それから20年後、成人した薫=秋山恵理菜(北乃きい)が、恋人(岡田浩暉)と歩いている。家に帰ると、恵理菜は、父・丈博に「私、妊娠した。相手の人はお父さんみたいな人。父親になってくれない人だよ。」と告げる…。(公式サイト)

原作 … 角田光代「八日目の蝉」.

.

公式サイト

.

春クール第一作、ということで見てみました。初回の粗筋は公式サイトに書かれてある以上でも以下でもありませんです。

以下、軽く感想。

原作は読んでいませんが、不倫の相手の奥さんの嫌がらせの描き方など、ドラマの流れはこのドラマの脚本家、浅野さんのタッチだなぁ、と思いました。

一方的に不倫相手を責めて、旦那の前ではいい顔をする。家庭を壊したくないから、夫を失いたくないから。
奥さんの気持ちはわからないではないのですが、描き方がすごく浅野さんだぁ、と。(笑)

自分なら相手はともかく、まず、旦那を一発しばいてやりますよ。(汗)

ドラマとしては、浮ついたところがない、しっかりした作り。さすがNHKさんです。
気になったのは、頭丸出しの赤ちゃんが寒そう、そんなに揺らして大丈夫?といったところでしょうか。赤ちゃんを抱いて走った壇さん、お疲れ様でした。

火曜はジェネラル・ルージュも始まるし、ドロドロ系は好みじゃないので様子見。

でも全6話と短く、成長した薫こと恵理菜の話も気になるので、多少遅れても感想だけは軽く書くかもしれません。

.

.

« 侍戦隊シンケンジャー 感想まとめ | トップページ | 2010年冬クールのドラマ・まとめ »

#ドラマ:2010年第2クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八日目の蝉 第1回「逃亡」:

» 「八日目の蝉」 第1回 逃亡 [トリ猫家族]
 けっこうおもしろかったです。 20年後の状況がいまいちよくわからないけど、続きが見たい!って思いましたわ〜  1987年秋・・・ 野々宮希和子(檀れい)は、同じ会社で働く秋山丈博(津田寛治)と不倫関係にあり、子供を妊娠していた。 希和子は妊娠をきっかけに丈博....... [続きを読む]

» NHKドラマ10 八日目の蝉 第一回 逃亡 [レベル999のマニアな講義]
『逃亡』“逃亡〜罪か、愛か…極限の問題作”内容大雨にもかかわらず。。。とある家を見つめる女・・・野々宮希和子(壇れい)そして無意識で家に入り込み、泣く赤ん坊を抱きあげ、強く抱きしめた希和子は、その家を飛びだしていくのだった。それは、、、、、、1年前のこ...... [続きを読む]

» NHK『八日目の蝉』第1回〜ひたすら陰鬱だけど、北乃きいが・・・。 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『八日目の蝉』第1回「逃亡」  内容が内容だけに、ひたすら陰鬱で・・・・。 【 連れ去り 】  冒頭では、背景不明のまま、希和子(檀れい)が赤ちゃんを連れ去る場面。  ベッドの赤ちゃんを希和子が抱き上げると、赤ちゃんは泣き叫びます。  ところが、抱きしめた瞬間、赤ちゃんが泣きやんで、希和子と目を合わすんです。  赤ちゃんが無意識に希和子へのシンパシーを感じてるの?  意味は図りかねるけど、泣きやむ赤ちゃんが妙に印象的な場面・・・。 【 中絶・・・ 】  場面は... [続きを読む]

« 侍戦隊シンケンジャー 感想まとめ | トップページ | 2010年冬クールのドラマ・まとめ »

作品一覧