2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 曲げられない女 #04 | トップページ | 不毛地帯 #14 »

2010年2月 5日 (金)

とめはね! 第5回「書道部分裂!?」

パフォーマンスの練習をしている鈴里書道部は三浦清風に「お前たちは書の本質がわかっておらん!」と一喝される。それに怒った杏子と詩織は「私たちは足を引っ張るだけ。退部する」と言い出す。(公式HPより)

原作:河合克敏

公式サイト

.

原作未読です。

.

バラバラになった部員達の気持ちがまた一つにまとまっていく。
気持ちがいいくらいベタなストーリーで、今回もすっきり見れました。
.

「書の本質」なんてわからない。

自分たちの実力を知る杏子と詩織は投げやりになってしまいます。
わからないのは、二人を引きとめようとする結希と縁も同じ。

とにかく練習しようと、結希の家に行った縁は、結希の母親、結子が父、義之のいう「書道部のマドンナ」であることを知り、びっくり。
結希も、「憧れのラブレター」を書いたのが義之だと知って、びっくり。

その義之は就職も決まらず、「自分はダメ人間だぁ」と落ち込んでいます。
.

今回は生徒達のお話と結希と縁の両親のお話が平行して描かれていました。
この平行線は、義之が、かつて結子に書いてあげたくて、一生懸命練習した歌詞を心を込めて書き上げた書によって交わります。

.

「希望の轍」(by サザンオールスターズ)

.

書を書くことで、自分の気持ちを相手に伝えたい。

義之の書を見た結希と縁、そして書道部員たちもその書からひしひしと伝わるものを感じます。

そして、改めて、今、自分たちが心の底から伝えたい言葉は何なのか、書によって何を伝えたいのか、考えます。
.

義之がダメ親父なのが良かったです。

高名な書家でも、安定した生活基盤があるわけでもないダメ親父が、高校時代の気持ちに戻り、結子へのピュアな思いを込めて書いた書だからこそ、胸打つものがあるのだろうと。

義之を励ました結子もまた離婚した後、自分と娘の生活を支えるために日々の糧をこつこつ得ている。
今までさりげなく差し込まれていた彼女の仕事場のカットが、意味深かく感じました。

.

ここで親たちの話と子供たちの話が無理なく自然にリンクしたので、世界が学校内にとどまらず、単なる再団結のエピソードにもならず、広がりを感じることができました。

熱い生徒達に感激する影山(笑)。

.

三浦から大字を書くように言われた結希。書全体を決定づける大事な役割です。
一方、勅使河原から告白されるも、その気が全くないのでただ、びっくり。
確かに結希の行動は思い込みとは言え、思わせぶりでした。

さらに縁のことを聞かれて、あせって「親友だよ!」と答えますが、「君は自分の気持ちにも他人の気持ちにも鈍感なんだね」(概略です)と言われてしまい・・・最終回へ続く。

.
.

以下、ドラマには関係ない感想。

ひろみとよしみの眼鏡の形が違うことにやっと気がついたうっかり者です。(汗)
眼鏡で印象が変わる、という物凄くわかりやすいサンプルですね(笑)。
何故、今頃気がついたかというと、自分がつい最近眼鏡を新調したから(^^;;

.

.

#1 #2 #3 #4

« 曲げられない女 #04 | トップページ | 不毛地帯 #14 »

#ドラマ:2010年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とめはね! 第5回「書道部分裂!?」:

» NHK『とめはねっ!鈴里高校書道部』第5回〜「希望の轍」が心に響いた!! [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『とめはねっ!鈴里高校書道部』 第5回「書道部分裂!?」  小生、高校時代に「勝手にシンドバッド」「いとしのエリー」など、サザンの曲にハマってから幾星霜・・・・。  今回はサザンの「希望の轍」が物語を動かしていて、心のツボをバキュ〜ンと撃ち抜かれました・・・・。 【 ダンカンに感情移入 】  小生も、父親の端くれでありますし、しがない中年親爺ですから、縁(池松壮亮)の父・義之(ダンカン)を巡るエピソードに、感情移入するモノがありました。  いい年した父親としてしっかりし... [続きを読む]

» とめはねっ! 鈴里高校書道部「書道部分裂!?」  [のほほん便り]
最終回前、お約束の波乱。ラブレター事件も(原作と違う)「そう、もってきたか!」という展開で関わってきましたね。それもまたアリだなぁ… と納得 結希(朝倉あき)たちの情熱。他の強豪校のパフォーマンスを見学した書道部の面々は、あまりの実力の差に不安になってしまいます。 そこに輪をかけて「書をバカにしている。書の本質がわかっとらん」という、清風(高橋英樹)からの厳しい叱責。いっぱいいっぱいだった、杏子(赤井沙希)詩織(浅野かや)は飛び出していってしまいます。 さらに追い打ちをかけるように... [続きを読む]

» とめはねっ! 鈴里高校書道部 第5回 [ドラマハンティングP2G]
第5回「書道部分裂!?」 結希の情熱に、書道甲子園パフォーマンス部門へ部員全員出場を決めた鈴里書道部は、パフォーマンスの練習を開始する。そこへ現れた三浦清風は「お前たちは書の本質がわかっておらん!」と一喝!それに怒った杏子と詩織は「私たちは足を引っ張るだ..... [続きを読む]

» NHKドラマ8 とめはねっ!鈴里高校書道部 第五回 書道部分... [レベル999のマニアな講義]
『書道部分裂!?』内容書道甲子園のパフォーマンス部門に参加する事になった鈴里書道部。強豪校を見学し、数多くのテクニックなどがあり、自分たちが、まだまだであることを悟る結希(朝倉あき)たちは、まず体力造りからはじめる。そして、、練習を開始するのだが、その...... [続きを読む]

» 《とめはねっ!》☆第五回 [まぁ、お茶でも]
早くから、パフォーマンス書道を取り入れている学校に見学に行った。あまりに動きと書が、素晴らしく、鈴里高校書道部は、感動と、諦めを味わいながら帰った。 選んだのはパフュームの曲だった。 初めての練習の日。三浦先生に、酷評され、書のなんたるかを知らないと言 ... [続きを読む]

« 曲げられない女 #04 | トップページ | 不毛地帯 #14 »

作品一覧