2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 曲げられない女 #07 | トップページ | 咲くやこの花 第7回『みをつくしても』 »

2010年2月26日 (金)

不毛地帯 #17

原作 … 山崎豊子『不毛地帯』
.

公式サイト

.

原作未読です。

.

イラン・サルベスタン鉱区の国際入札を巡る壱岐と鮫島の戦いを描いていました。

.

不安を煽ったわりには、モスクワのシーンが少なかったような気はしましたが、テンポは良かったです。

壱岐の盗聴に対する条件反射的な動きからホテル到着を確認する無言電話にいたる流れは、壱岐の過去を踏まえていてシャープだったと思います。

対する兵頭の部屋を探索する鮫島の動き。がさ入れ刑事のようでした。(笑)
嫁を騙すのも、らしくって、あっぱれでした。

.

高額の入札価格を大門に納得させる壱岐。ワンマン体制だからこそできるすばやい決断です。
一方、鮫島は他の会社の同意を得ねばなりません。この時点でもう不利なのですが、あの恐い顔をフル活用して(違)、よくやりました。

.

壱岐と鮫島のがっぷり四つに組んだ戦いや詩集を利用した暗号シーンなど、緊迫感のある映像で描いてあって、見応えがありました。

ですので、予想通りの結果であっても、落札に成功した兵頭とリーガンが抱き合って喜んでいるシーンには、思わず良かったね、と思えました。

1位が近畿商事、2位は西ドイツの会社、3位が日本石油公社グループ。

リーガンとドクター・フォルジを演じられた外国人の俳優さんが役にぴったりで、好演されていたことも説得力を増していたと思います。

.

総理が交代したため、総裁を更迭された貝塚。「花道」は用意されているらしいです。
壱岐の手腕に打ちのめされた小出は、何を思う。まだ出番はあるのでしょうか。

同じく負けた鮫島は、転んでもただでは起きない男。

しゃあしゃあと壱岐の家を訪ね、石油開発にいっちょ噛みたい、と言い捨てて風のごとく去っていいきました。
孫にも心のこもっていないお愛想を。

「かわいいねー」(爆)

面目躍如でした。

.

一方、シルクロードに旅立つ千里は、空港でテヘランに向かう壱岐とばったり会います。
向うで会えるかも?いえ、日程が合いません。すれ違いだな。

この二人の関係はこれくらいの距離の方がドラマの温度に合っているような気がしました。

.

かねてよりの約束によって、新聞記者、田原に落札したことを一番に知らせた壱岐。
田原に、石油公社グループが2位だったら本当に権利を譲るつもりだったのか、と問われ

「公社グループは3位でした。」

と応える壱岐が恐かったです。

.

ようやく壱岐という男にスポットライトがあたりだした先週と今週を見て思うのは、凄惨な過去、その経験が仕事の進め方にどのように影響しているのか。
大義名分ではない、壱岐の本音を、深層心理のようなものを、今までにちらちらとでもいいから見せて欲しかったなぁ、ということです。醜くてもいいので。

今回は情報戦を制した壱岐。
こんな切れる人が会社の中枢にいて欲しい、と思えた回でした。
もっと早くに描いてくれていたら(以下自粛)

.
.

新総理と怪しいロビイストのきな臭い会話。
そしてドクター・フォルジの不吉な予言。

そして大門が?

本当の戦いはこれから、らしいです。
.

後、2回ですか。
思った以上にラストスパ-トがかかってきたので、楽しみです。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16

« 曲げられない女 #07 | トップページ | 咲くやこの花 第7回『みをつくしても』 »

#ドラマ:2009年第4クール」カテゴリの記事

#ドラマ:2010年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不毛地帯 #17:

» 不毛地帯 第十七話 [ドラマハンティングP2G]
石油開発に乗り出した壹岐正(唐沢寿明)と兵頭信一良(竹野内豊)は、イラン・サルベスタン鉱区の国際入札に際し、ライバルとなる他社の入札価格に関する情報を入手するために、イラン国王の側近である医師ドクター・フォルジに接触する。壹岐たちは、イラン前王妃と親交が..... [続きを読む]

» 不毛地帯 第十七話 暗号と密約 [レベル999のマニアな講義]
『暗号と密約』内容サルベスタン鉱区入札に向け、情報入手のために、イラン国王側近の医師ドクター・フォルジとの面会の約束を取ることに成功した。だが、兵頭(竹野内豊)によれば、会談の場所は、、、ソ連の首都モスクワ。“ソ連”という言葉だけで、シベリア抑留のトラ...... [続きを読む]

» 不毛地帯 (遠藤憲一さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆遠藤憲一さん(のつもり) 遠藤憲一さんは、フジテレビ系列で毎週木曜よる10時から放送されているフジテレビ開局50周年記念ドラマ『不毛地帯』に鮫島辰三 役で出演しています。昨日は第17話が放送されました。●あらすじと感想... [続きを読む]

» 不毛地帯第17話 [paseri部屋]
「不毛地帯」(第17話)を観ました。出演:唐沢寿明 (以下、五十音順) 阿部サダヲ 天海祐希 遠藤憲一 岸部一徳 小雪 篠井英介佐々木蔵之介 竹野内豊 多部未華子 段田安則 橋爪功 原田芳雄 松重豊 ほか壹岐正(唐沢寿明)と兵頭信一良(竹野内豊)は、ソ連の首都...... [続きを読む]

» 相棒&不毛地帯&金太郎2 [別館ヒガシ日記]
相棒は最初から3億の強奪が解決と分かって 3億&事件の絡み方に注目だったけども 右京&神戸が捜査で重箱の隅オチも良く 被害者と入られた人が仲間& マヌケ3人組強奪は予想外だ... [続きを読む]

« 曲げられない女 #07 | トップページ | 咲くやこの花 第7回『みをつくしても』 »

作品一覧