2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« とめはね! 第5回「書道部分裂!?」 | トップページ | 2010年1月の読書 »

2010年2月 5日 (金)

不毛地帯 #14

お話は石油関係に移りました。

原作 … 山崎豊子『不毛地帯』
.

公式サイト

.

原作未読です。

.

短く感想。
.

紅子姐さん、お久しぶりです。颯爽と登場。さすがですねぇ(^^)

イランの石油鉱区を巡って現地の人々や暗躍するブローカーに翻弄される兵頭。
まだイランが王国だった時ですね。
.

先週までの千代田自動車の話といい、日本のみならず世界の変化を改めて感じました。

このドラマ、中盤からひたすらビジネスの動向を描いています。
これだけ世界が激変すると、そのビジネスのドラマに普遍性を感じられない、というか。
もちろん、その中で戦う人々の生き様には普遍性はあるわけですが・・・

ビジネスのやりとりをリアルに描けば描くほど、見ているほうは遠い目になってしまうような気がしました。
時代が近すぎるためもあるのでしょう。

.

そんなことを考えつつ。
.

貝塚が再登場しました。
やっぱり嫌な奴。

里井も執念深いですね。もう、ゆっくり休まれたらいかがでしょうか。

鮫島は本領発揮で暗躍してます。仕事の進め方、人脈の作り方など、壱岐とは本当に対照的な人物です。
.

個人的に株の売買を行っている社長に、今は会社にモラルが求められている、トップとしてそういう投機的な事は慎んで欲しい、と苦言を呈する壱岐。
わしの楽しみを奪うのか、いくら壱岐君の言うことでも、これだけはやめられん、と社長。

今後に不安を残す、暗示的なやりとりでした。

.

あとはすっ飛ばして(汗)、さて、壱岐と千里。

せっかくのお泊りだったのに、またもや邪魔、というか、今度は娘が訪ねてきます。←この娘さん、何歳の設定なんだろう?(笑)

今回ばかりは千里の味方をしたい(汗)。

父に恋人がいるとわかっていたら、娘だってアポなしで早朝訪れたりしないでしょう。

前回の息子の件以来、自ら距離を置いていた千里を、自分の安らぎを求めたいがために、半ば強引に誘っておきながら、「友人だ」とごまかす。

千里の存在を言えば、お父さんには幻滅したわ、お母さんが可哀想、もし一緒になるというなら親子の縁を切ります、ぐらいのことは言われるでしょうが。
そういったゴタゴタから逃げているようにしか見えないですね。女性目線だと。

開け放たれた押入れの中の仏壇に飾られた佳子さんの遺影を見つめる二人。←長っ;;

佳子さんのこともあって、壱岐もふんぎれないのでしょうが・・・そういう優しさを人は優柔不断と言う。

.

予告・・・あ、家政婦さんが復帰してなんか嫌味たらしいことを言っている!
あれだけの出番ではなかったのですね。前回の感想で文句を書いて申し訳ありませんでした。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13

« とめはね! 第5回「書道部分裂!?」 | トップページ | 2010年1月の読書 »

#ドラマ:2009年第4クール」カテゴリの記事

#ドラマ:2010年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不毛地帯 #14:

» 不毛地帯 第十四話 [ドラマハンティングP2G]
アメリカ近畿商事から東京本社に帰任した壹岐正(唐沢寿明)は、専務取締役に就任する。それは、壹岐が社長の大門一三(原田芳雄)に次いで、近畿商事のナンバー2になったことを意味していた。 それから半年後の昭和45年12月、イランで石油鉱区が売りに出されるという情報を..... [続きを読む]

» 不毛地帯 第十四話 大きな賭け [レベル999のマニアな講義]
『百億の賭け』内容アメリカから帰国し、専務となった壹岐正(唐沢寿明)そんななか、イランで石油鉱区売り出しの情報を得た石油部長の兵頭(竹野内豊)壹岐の命令でイランへと向かう。一方、その開発を大門社長(原田芳雄)に了承を得ようとする壹岐。開発費は200億。...... [続きを読む]

» 不毛地帯 第14話 [paseri部屋]
「不毛地帯」(第14話)を観ました。出演:唐沢寿明 (以下、五十音順) 阿部サダヲ 天海祐希 江波杏子 遠藤憲一 小野武彦 梶原善 岸部一徳 小雪 篠井英介 佐々木蔵之介 袴田吉彦 原田芳雄 山崎樹範 吉行和子 ほかアメリカ近畿商事から東京本社に帰任した壹...... [続きを読む]

» 相棒&不毛地帯&金太郎2 [別館ヒガシ日記]
相棒は目撃から政治家を捜査の展開も 今回は盲腸たまき入院で右京ら見舞いだが 政治家の江嶋と神戸が知り合い捜査は良く 江嶋が不特権せず公表の結末に納得も 拾った所は微妙だが他の所は満足して 次は伊丹が狙わ... [続きを読む]

« とめはね! 第5回「書道部分裂!?」 | トップページ | 2010年1月の読書 »

作品一覧