2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2009年のドラマのまとめ | トップページ | ドリームマッチ2010 »

2010年1月 3日 (日)

陽炎の辻スペシャル~居眠り磐音江戸双紙~海の母

明けましておめでとうございます。

本年の感想書き始めは、この作品で。

.

磐音(山本耕史)がおこん(中越典子)と結婚して道場を継いで1年。旗本の設楽家で、当主の貞兼(長森雅人)が妻お彩(水野美紀)に暴力を振るう事件が。嫡男・小太郎(須賀健太)の剣の師匠である博三郎(山口馬木也)が止めに入ってあやまって貞兼を切り捨て、お彩と逃亡。この事態が公になれば設楽家は廃絶だ。将軍お側御用取次速水(辰巳琢郎)は、小太郎にあだ討ちを、磐音と柳次郎(川村陽介)に助太刀を命じる。(TVガイド参照)

公式サイト

.

原作 …佐伯泰英「居眠り磐音 江戸双紙」

.

原作未読です。

.

.
.

究極の選択を迫られた少年を自身の経験を語りながら見守る磐音。

磐音自身に深く関わる事件ではありませんでしたが、番外編として、しみじみとした良い作品だったと思います。

シリーズお馴染みの人々にも再会できましたし。
佐々木様の奥方は初登場。奥さんがいたのですね(汗)。

.

レギュラーの中では、竹村様の心情が深く関わっていました。

酒を飲んでは暴れ、母を苛む父と酒好きの竹村がオーバーラップする少年の気持ちと、少年の境遇に武士のしがらみを見て複雑な思いを抱く竹村。

少年が仇を討たなければ、家は廃絶となり、少年はもちろん、家人もすべて竹村と同じ浪々の身となって明日の糧に苦労することとなる。

例えお家断絶となっても、少年の人間としての気持ちを優先させたく思う竹村は、一方で武士として生活が立ち行かなくなっても、なお、磐音の幸運や柳次郎の境遇を羨みながら、酒に逃げ、武士に拘り続ける・・・

.

お彩が幼馴染の博三郎の切腹を止めた時は、あらら、これは・・・と思いましたが、お彩の出自と設楽家に嫁いだ事情、そしてその後のDVなどを考えると、ありえるかもしれない、とは思いました。
人は理屈や決め事だけで生きていけない、不条理な生き物なのですね。

尊敬する師匠と逃げた母を追う少年の気持ちが、ごく普通の少年だけに、余計に切なく感じ、ラスト近くの博三郎と小太郎の立会いのシーンにはほろりときました。
.

派手な殺陣シーンはありませんでしたが、ゲストのみなさんの好演もあって、奥行きのあるドラマになっていたと思います。

年に一作でもいいので、また作って欲しいなぁ(^^)

.

.

« 2009年のドラマのまとめ | トップページ | ドリームマッチ2010 »

#ドラマ:2010年第1クール」カテゴリの記事

@山本さん」カテゴリの記事

□陽炎の辻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽炎の辻スペシャル~居眠り磐音江戸双紙~海の母:

» 正月時代劇 陽炎の辻スペシャル〜居眠り磐音 江戸双紙〜 海の母 [レベル999のマニアな講義]
『海の母』“海の母〜磐音は母を敵討ちする少年を助け…内容様々な困難を乗り越え、佐々木道場の主・佐々木玲圓(榎木孝明)の養子となった磐音(山本耕史)。磐音の妻となった深川の町娘・おこん(中越典子)もまた、玲圓の妻である義母・おえい(三原じゅん子)から様々...... [続きを読む]

« 2009年のドラマのまとめ | トップページ | ドリームマッチ2010 »

作品一覧