2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 陽炎の辻スペシャル~居眠り磐音江戸双紙~海の母 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 44 »

2010年1月 3日 (日)

ドリームマッチ2010

簡単に。

さすがに14組は多すぎるような気がしました。

途中で水増ししているし(汗)。

サマーズ、雨上がり決死隊、ココリコ、ロンブー、出川などの常連組は引退したようです。
同じ面子だと初顔合わせが組みにくいためもあるのでしょうね。

.

さて、今回。
さすがに手練ればかりですので、夏の若手ドリームマッチよりは緊張感はなかったのですが、それが良いのか、悪いのか(汗)。

.

以下、敬称略、姓のみ。

左がボケ、右がツッコミです。←そうも言えない人もいるのですけどw
.

1.富澤(サンドイッチマン)、藤本(FUJIWARA)
富澤さんのボケを拾いたい、という藤本さんの念願が叶った?(笑)。ネタの流れも悪くなかったし、二人の技術の高さが光っていたと思います。

2.設楽(バナナマン)、矢作(おぎやはぎ)
違和感のないコンビでした。なさすぎてインパクトがなかったかも。うまいです。

3.友近、若林(オードリー)
批評でも言われていましたが、「春日」のポジションが友近さんに変わっただけかな、という印象。もちろんこなす友近さんは凄いし、友近さんの変化球を受け止める若林さんも凄いのだけど。

4.河本(次長課長)、千原せいじ(千原兄弟)
だはは。途中から崩壊していったのだけど、二人とも、なんだからしくて面白かったです。

5.石田(NON STYLE)、福田(チュートリアル)
地味な顔合わせ、と言われてましたが、確かに。ネタはよく組み立ててありました。モノローグのみのシーンはコントの手法としてありだとは思うのですが、はじけにくかったかも。緊張してたのは良く伝わりました(笑)。

6.東京03、伊達(サンドイッチマン)
まとまりすぎていて、コントというよりお芝居を見ているような。4人もいるとそうなるでしょうね。

7.徳井(チュートリアル)、後藤(フットボールアワー)
「ここはNGKか」(by 松本)、「だってのってくるんだもん」(by 後藤)って、そんなに長くやってたんですか(爆笑)。確かにバチバチ切られていましたものね。時間オーバーの時点で(徳井の確信犯?)この組に優勝はないな、とは思いましたが、面白かったです。何より、徳井さんと後藤さんが漫才をしている姿が見れて感慨無量。

8.中田(ロッチ)、井上(次長課長)
ここも設楽・矢作組と同じく違和感のないコンビ。二人とも普段のスタイルでした。

9.岩尾(フットブールアワー)、ハリセンボン
ネタは面白かったし春菜さんも頑張ってつっこんでいたのですが、テンションが上がりきらなかったような気がしました。

10.原西(FUJIWARA)、日村(バナナマン)
これは絶対ありそうにない組み合わせです。ほんと、日村さん、そして原西さん、頑張ってました。面白かったです。

11.春日(オードリー)、ケンドーコバヤシ
この二人ならこうなるかな、という感じ。友近さんのコメントが面白かったです。

12.小木(おぎやはぎ)、木本(TKO)
合いそうにない組み合わせで、やっぱり、あー、やっちゃったかな(^^;; 木本さんがテンションの高い小木さんを遠巻きに見ていたような感じでした。

13.千原ジュニア(千原兄弟)、コカド(ロッチ)
確かにジュニアさんのCMシーンは凄かったけど、ネタ自体、物凄く面白かったか、というと、自分はそうでもなかったです。相方がコカドさんでなくても良かったんじゃないかな、とも。

14.木下(TKO)、井上(NON STYLE)
これもありそうにない組み合わせでしたが、二人の個性が良くでるネタでよくまとまっていたように思いました。
.

組が多すぎて、途中から初顔合わせがもたらす緊張感を楽しむというより、普通のコント番組を見ている気分になってしまいました(汗)。

黒コメントを吐く佐藤さんに思わず笑ってしまいました。

.

優勝したのは千原ジュニア・コカド組でしたが、富澤・藤本組、原西・日村組も面白かったと思いました。

あー、後、徳井・後藤組の暴走っぷりをノーカットで見たかったです(^^)。
.

.

« 陽炎の辻スペシャル~居眠り磐音江戸双紙~海の母 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 44 »

#ドラマ:2010年第1クール」カテゴリの記事

@お笑いコンテスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドリームマッチ2010:

« 陽炎の辻スペシャル~居眠り磐音江戸双紙~海の母 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 44 »

作品一覧