2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 君たちに明日はない 第1話「怒る女」 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 46 »

2010年1月17日 (日)

龍馬伝 #03「偽手形の旅」

公式サイト

.

感想のみです。

.

嘉永6(1853)年。19歳。

.

いよいよ江戸に旅立つ龍馬。
父、八平から心のこもった修行心得を渡されます。

道中の付き添いは父の友人、溝渕広之丞。
と・・・岩崎弥太郎。

藩の許可なく、偽手形をでっち上げて龍馬を追ってきたました。脱藩行為に等しい大罪です。

まぁ、この弥太郎の可愛げのないこと。自分は文無しのため、龍馬に頼らねば旅を続けられないのに、コンプレックス全開。香川さんもまたまた全開(爆)。

溝渕と龍馬は関わると自らの首もあぶないと、何とか追い払おうとしますが・・・

.

今回は龍馬と弥太郎の道中をがっつりと描き、その合間に土佐に残った人々の様子を差し込んでありました。
.

「これは自分の宝物。」
と、父からもらった修行心得を大事にする龍馬。確かに恵まれていますし、甘やかされている。
弥太郎の父、弥次郎とはえらい違いです。尊敬できる父を持った龍馬がうらやましい、うらやましくてたまらない。

その弥次郎も彼なりに息子を大切に思っているのですが、まぁ、生活破綻者であることは確かです。環境のためかもしれません・・・弥太郎は父のようにはなりたくないのです。
息子に捨てられた、と悟って泣き崩れる弥次郎と彼を慰める妻、美和のシーンが印象的でした。
.

「土佐にいてもどうしようもない。」
今までも弥太郎が龍馬をうらやみ僻むシーンはありましたが、今回、はじめてその理由らしき言葉を龍馬本人にぶつけます。切実な焦燥感。
何も言えない龍馬。
.

弥太郎の追い詰められた心情を聞いた龍馬は、偽手形がばれそうになった時に庇おうとはしましたが、結局、彼の抱える心の闇は理解できなかったようです。
育った環境もあるでしょうが、心のあり方が、作りが違うので理解できなく当然ですし、弥太郎も理解してもらおう、とは思っていないでしょう。

.

一方、益々鬱屈する武市。
人格者として尊敬を集めているだけ、発散できない思いはたまるのかもしれません。

そして

「お前は龍馬より強くなる」

何気なく以臓に声をかけます。

感激する以蔵。その表情を面越しに撮っているのが印象的でした。
いかん、もう、切なくなってきた;;

早い回からこれほどちゃんと前フリを描いてくれるとは思っていなかったので、嬉しいです(^^)。

.

今回はロケに加えて立ちまわりもあり、道中物として、面白かったです。

来週からはいよいよ江戸ですね。楽しみです。

.
.

#01 #02

« 君たちに明日はない 第1話「怒る女」 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 46 »

△大河:龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 #03「偽手形の旅」:

» 【龍馬伝】第三回 [見取り八段・実0段]
父から頂いた三ヶ条の心得を持ち、大きゅうなって戻っておいで。龍馬。姉、乙女の言葉に送り出されて龍馬は土佐を旅立った。父の知り合いである溝渕広之丞に同行されて江戸へ向かう龍馬の後をいつの間にか弥太郎が付いてきていた。しかも、弥太郎は偽の手形を持っていた。...... [続きを読む]

» 龍馬伝 第3回 偽手形の旅 [レベル999のマニアな講義]
『偽手形の旅』内容嘉永6年江戸の千葉道場への修行名目で、龍馬(福山雅治)の江戸行きが決まった。同じ頃、龍馬を目の仇にする弥太郎(香川照之)も江戸行きに必死になっていた。やがて父・八平(児玉清)兄・権平(杉本哲太)から“心得”を手渡され、姉・乙女(寺島し...... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 3話 [お地蔵さまの寄り道]
今日も、ましゃは男前。 やっぱり、ましゃは男前。 どっから観ても、男前。 ええわぁ〜。 うっとりぃ〜。 でも、ストーリーが「お〜い!龍馬」と違う気がする。 弥太郎って、付いて来た? まぁ、もともと、ストーリーは別にして、 福山雅治を観てるんやけど。。。 でも、坂本龍馬のファンでもあるからなぁ。 「お〜い!龍馬」のストーリーにして欲しいなぁ。 ... [続きを読む]

» 【大河ドラマ】龍馬伝第3回:偽手形の旅 [山南飛龍の徒然日記]
最後に手を抜いてはいけません(´・ω・`)【今回の内容】・江戸へ行く為に溝渕広之丞と一緒に土佐を出発する龍馬 何故か弥太郎が付いて来てたかられる 最初の関所で弥太郎の通行手形が偽物だと発覚するも、バレずに通過・武市は江戸に行きたい気持ちを抑え、道場で剣術...... [続きを読む]

» 大河ドラマ 龍馬伝 第3回 「偽手形の旅」 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
龍馬が最初に江戸へ行く時に 岩崎弥太郎が偽手形で無理やり付いていった、 なんて話、あったかな~ てか両者に当時ちゃんとした面識があったのかな~? 「お~い!竜馬」には 龍馬が脱藩しようとする時 岩崎弥太郎がスパイの様に付きまとった ってエピソードは紹介されて... [続きを読む]

» 龍馬伝 「偽手形の旅~順風満帆のヒーロー」 [よかったねノート 感謝の言葉にかえて]
ついてくる、ついてくる、弥太郎が。カゴ背負ってかちゃかちゃ言わせながら。 「龍馬、おまいは人がよすぎるぜよ」 溝渕案内役も龍馬には何度も釘を刺します。 ついてくる、ついてくる、弥太郎です。 あっという間の「第3話 偽手形の旅」でした。 最後の枠で、弥太郎の生家が... [続きを読む]

» 《龍馬伝》☆03 [まぁ、お茶でも]
嘉永6年(1853年)春 龍馬の江戸行きが正式に決まった。 加尾は、神社で龍馬の道中無事を祈った。そこへ龍馬が来た [続きを読む]

» 龍馬伝 偽手形の旅 [のほほん便り]
ついに龍馬(福山雅治)は、千葉道場での修行が許されて江戸に行けることになりました。 それを聞いて、矢も立てもなまらず、弥太郎(香川照之)も後を追いかけることになります。ただし、それが「倉田安兵衛」という偽名の偽手形だったとは! 縁談が進みつつも龍馬の無事を祈り続ける加尾(広末涼子)。女心ですよね。 親・兄弟それぞれから挨拶され、皆に送り出される龍馬。案内人の溝渕広之丞(ピエール瀧)と共に旅立っていきます。そこにやてきた龍馬は同行は無理だと突っぱねるも・・・意地でも付いて行く気の弥太... [続きを読む]

» 大河ドラマ「龍馬伝」第三回『偽手形の旅』 [徒然”腐”日記]
う〜〜〜〜ん・・・・・・・これは龍馬の生涯に題材を得たフィクション・・・・・・・・・・・・・と割り切れば良いのかな?確かに福山さんは格好良い今回殺陣もあって素敵だったっすね〜ほれぼれ・・・・・なんですが・・・・・・・・・微妙な感じになってきましたいや、...... [続きを読む]

» 『龍馬伝』 第3話 [美容師は見た…]
「3名とも、通ってよし」「ありがとうございます」。。。「ちとぉ待て」関所を通り抜けられるのか、もうドキドキして見守ってましたよ~。しかし、通行手形に目を通す役人の力量と、運にかかってるんでしょうかね。袖の下も必要な場合も?何だか現代でも通じるところがありそ... [続きを読む]

» 龍馬伝 第3話「偽手形の旅」 [ぷち丸くんの日常日記]
江戸での剣術修行を許された龍馬(福山雅治)は、父・八平(児玉清)から 修行心得を渡される。 乙女(寺島しのぶ)や加尾(広末涼子)たちが見送る中、江戸行きの経験の ある溝渕広之丞(ピエール滝)と共に土佐を出発する。 すると、城下を出て間もなく龍馬たちの前に弥太郎... [続きを読む]

» 【龍馬伝】第3回感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
【第3回視聴率は1/19(火)夕方迄に追加予定】「偽手形の旅」弥太郎(香川照之)、まるで疫病神みたいでした。江戸へ行く許しが出なかったのに、勝手に偽の往来手形を作って、江戸へ行く龍馬達に合流しました。名前も「倉田安兵衛」という偽名です。江戸への案内人として同...... [続きを読む]

» 龍馬伝3 「似せ手形の旅」 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
「とっとと行ってしまえ」無関係を強調して、龍馬達を救った弥太郎だが、偽手形がバレて重罪の脱藩で当然、打ち首に・・・なんで逃げれてん?この大河無茶苦茶や弥太郎「どっかで野垂れて 死にやがれ」龍馬「わかった、わかったっちや お前の志も、わしが背負うて 江戸...... [続きを読む]

» 『龍馬伝』第3話 [もう…何がなんだか日記]
第3話『偽手形の旅』何だかすっかり弥太郎が主人公(笑)坂本龍馬といえば、やはりヒーロー扱いだよね。『JIN-仁-』でも、えらく魅力的に描かれていたよね。何つーか、ワイルドで汚い(笑)けど器が大きくてカッコイイ。なのに弥太郎を配し、彼の視点で描くことによって、...... [続きを読む]

« 君たちに明日はない 第1話「怒る女」 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 46 »

作品一覧