2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« まっすぐな男 #03 | トップページ | とめはね! 第4回「書道か柔道か!?」 »

2010年1月28日 (木)

曲げられない女 #03

母が消えていく・・・物悲しい、不吉な夢から目覚めた早紀。
そこへ母が入院する新潟の病院がら「容態が急変した」という電話がかかってくる・・・

.

公式サイト

.

今期クール、自分が観ているドラマの中ではコード・ブルーと並んで面白い作品。
このドラマは男性と女性では感じ方が違うかもしれません。

.
.

10年日記は母由来だったのですね。
似たもの親娘です。意地っ張りで、我を通さずにはいられない。
特に母は教師という仕事に文字通り人生を、命を賭けています。
どれだけ医者に止められても、卒業式(だったかな?あやふやです)には出たい、と言い張り、早紀を困らせます。
.

母が用意した辞世の言葉は

「我死すとも いいとも。」
「意味、わからない」

今はわからなくてもいいのだ、と軽く受け流す母。
そんな母を複雑な思いで見守る早紀・・・
.

そこへあの、デコボココンビ、璃子と藍田がやってくる!

「僕らは早紀さんのちょっとストーカーっぽいウォチャーなんです。」

この軽さが最高。
早紀の実家にもすっかり馴染んでいるし。(激爆)
藍田は東京から連日通ってくるし。

でも、やっぱりチーズは食べない早紀。

.

この二人を含めて、重い話を、例えば冒頭早紀が病院に駆けつけるシーンを早回しで見せるなど、テンポよくドライなタッチで描いています。

とても笑い事ではない内容なのですが、思わず笑ってしまう。この緩急のつけ方が脚本、演出、キャストの皆さん含めて、うまいです。

ヒロインのキャラを象徴するコネタも丁寧に拾っています。

.

悩んだ末、ついに病院の目を盗んで母を学校へ連れていく早紀。
協力する璃子と藍田。手段は古典的ですが、テンポで見せてくれました。

場面は一転して車中。娘と青ざめた顔色の母。
考えてみたら、これは死出の旅路ではないかと・・・

教室の前まで行って、早紀は母を止めます。

藍田と璃子が言うとおり「何を今さら」なのですが、早紀はどうしても言いたいことが、伝えたいことがあった。

「1分でも、1秒でも長く一緒にいたいの。」

そしてシャッターが開きます。

「一度くらい自分の言うことをきけよ!」

今までずっと我慢してきた。
私なんかより学校が大事だった。
生徒達に嫉妬していた。
なんで私が一番じゃないんだ。

それでも行くっていうなら、そんな母親は私には必要ありません。
・・・私は、あなたの娘です。」

言いたいことを言った後、藍田と璃子のいったとおり落ち込む早紀(泣笑)。
母は納得したようです。

母が生徒達に伝えたい言葉は私が伝えると、単身教室に入る早紀。
頭が真っ白になった後、辞世の句を思い出し、さらに解釈も思いつきます。

びっくりする生徒達。この生徒達の顔つきが本当に普通ぽいのも印象的でした。

「我死すとも いいとも」は「我死すとも いい友」ではないか。

母はその人がどんな人間かは、友達を見ればわかる、と言っていたと、これからの人生における友人の大切さをスピーチします。
「私には友達はいないけど。」

.

危篤に陥った母は早紀ではなく、藍田と璃子を病室に呼び入れます。
怪訝な顔の二人。

「あんな頑固で人付き合いの悪い子に育ったのは私のせいです。
あの子はひとりぼっちになってしまう。
どうか、あの子のことを見守ってあげてください。」

朝加さんに泣かされました。
.

一人、病室の外で待っている早紀のシーンが印象的でした。

臨終の修羅場は描かずに、お通夜のシーンへ。この潔い演出。徹底してます。
.

早紀が一番苦しかった時には駆けつけず、通夜の席には間に合った正登。
早紀の婚約者、という触れ込みで如才なく立ち回ります。
いや、葬儀の席にはこういう人が必要なんですけどね。

しかし、藍田が、おお、熱い男になっている。

「通夜では女は口説かない。この人(璃子)も一言も喋ってない。なのにあんたはなんだ。」
今頃やってきて。本当にお悔やみの気持ちが、亡くなった人へ哀悼の気持ちがあるのか、と。

シリアスなシーンなのですが、藍田が言うとそこはかとなく可笑しい(汗)。

怒った正登は帰って行きます。
.
.

璃子が早紀と正登の仲を修復しようと画策するのは、暇つぶしだったとしても、いい感じでした。
その正登は早紀が好きだという思いは残ってはいるようでしたが、以前、新潟に駆けつけたほどの気持ちは薄れつつあるようです。今は会社の同僚、横谷となにやら怪しげな雰囲気。

藍田の父は偉いさん?

璃子もコミカルに描かれてはいますが、家庭内であんなスタンスに追いやられたら、かなり辛いと思います。娘にも拒否されるなんて。

.

亡き母に繋がらぬ携帯をかけるシーンにはたまらず、泣いてしまいました。

今までの電話のやりとりが効いていることもありますが・・・
本当に・・・リアルに悲しかったです。

いつもの儀式も効き目なく、泣き崩れる早紀。

.
.

早紀に関わることで徐々に変わっていく藍田と璃子。その変わり方も劇的ではなく、微妙なのも深く感じました。

「いい友」。

この言葉が、それぞれにどんなドラマを引き起こすのか。
来週も楽しみです。

.
.

死んだ後のことも全部手配していたお母さん。
自分を省みて、中々できないよなぁ、と思わず思ってしまいました。

.

※文中のセリフは正確ではありません。

.

.

#1 #2

« まっすぐな男 #03 | トップページ | とめはね! 第4回「書道か柔道か!?」 »

#ドラマ:2010年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曲げられない女 #03:

» 曲げられない女 第3話 母と娘 [レベル999のマニアな講義]
『強情娘とガンコ母の最後の対決』内容信念を貫き通し、恋人・正登(塚本高史)のプロポーズを断り、そのうえ、会社まで辞めてしまった“曲げられない”早紀(菅野美穂)そこに母・光(朝加真由美)が倒れたという連絡があり新潟へ。。。一方、正登から早紀が行方不明と連...... [続きを読む]

» 曲げられない女 第3話 [ドラマハンティングP2G]
信念も物事も“曲げられない女”=早紀(菅野 美穂)は、正登(塚本高史)のプロポーズを断り、会社も辞め、いまやどん底に落ちかけていた。さらに新潟で入院中の母(朝加真由美)の容態が急変してしまう。高校教師である母は「学校に行く」と言い張って倒れていた。今度無理..... [続きを読む]

» 『曲げられない女』 第3話 [美容師は見た…]
私ならどうしただろう?仕事に命を賭けて来た母親に、死んでも本望だと言われて…行かせたかどうか、考えても答えが出せませんでしたよ~。母親が気の済むようにしてあげることが孝行なのかもしれないと思い、余計なことは言わないようにしたり、ムダを承知で受け入れるように... [続きを読む]

» 曲げられない女 第3話 [paseri部屋]
「曲げられない女」(第3話)を観ました。出演:菅野美穂、谷原章介、塚本高史、朝加真由美、永作博美母が再び倒れ、帰郷した早紀。教師をする母は、生徒たちに会いたいと学校に行こうとする。絶対安静と医師から言われた早紀は母を止めようとするが、母は考えを曲げない...... [続きを読む]

» 《曲げられない女》#03 [まぁ、お茶でも]
新潟総合病院から電話が入り、早紀は、すっ飛んで行った。 担当医師は、退院は許可しなかったのだがどうしてもと言われて、苦渋の決断だったようだ。 今度発作を起こしたらと紙を渡された... [続きを読む]

» ドラマ「曲げられない女」第三話 痛々しすぎる菅野美穂さん [今日も何かあたらしいこと]
菅野美穂さんが好きなので新ドラマ「曲げられない女」はずっと見ていたのですが、あまりにも痛々しくて感想を書く気になれないまま、第3回では母親を送る事に亡き父親の遺志をついで弁護士にならなくてはいけないと凝り固まっている菅野さん。たとえ死んでも教師としての...... [続きを読む]

« まっすぐな男 #03 | トップページ | とめはね! 第4回「書道か柔道か!?」 »

作品一覧