2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 不毛地帯 #10 | トップページ | 外事警察 最終回 »

2009年12月19日 (土)

仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010

2009年日本

公式サイト

ネタバレなしですが、感想の中に混じっているかもしれませんので、ご注意下さい。
以下、簡単に。
.
.
.

やっぱり観ておいた方がドラマが楽しめるかなぁ、という程度の薄いライダー視聴者です。

もう今しか時間がとれない思い、先日、映画館に飛び込みました。

.

自分の中ではダブルの方がメイン。ですのでダブルの感想から。
.

キャラ設定とそこはかとなくペーソスが漂う世界はテレビシリーズのままなので、安心して楽しめました。

.

翔太郎がより頼りなく、フィリップが少し悪ガキっぽい・・・というと言いすぎだけど、現在放映中の作品内で見せる茫洋とした表情が少ないな、と思いました。
それは映画のほうが撮影時期が早かったためなのか、話がビギンズだからなのか?どちらでもいいですが(汗)。ま、そんなことを感じつつ。

唯一本編との兼ね合いで気になったのは、亜樹子の感情の描き方でしょうか。←脚本的にです。
.

今、映画が観れない地域にお住まいの方、及び映画館へいく時間がない方へ。
テレビシリーズ鑑賞にはほぼ差し障りはないと思います。あ、営業妨害になるかな(汗)。しかし、テレビシリーズのスピンオフ映画としては正しい作品だと思います。

初回のシーンと繋げてあり、それなりに謎が明かされはしていますが、それはダブルという作品の根幹に関わる事なので、もし、テレビのクォリティーがこのまま持続するならば、シリーズの中でがっつりと明らかにされるはずです。←希望的観測すぎますかね(^^)。

・・・・でも、もしかしたらテレビシリーズが終わった後で「あの映画、似てるけど、パラレルだったんだね~」ということになるかもしれない(苦笑)。
.

それでも、いいです(断)。
最終的に「ビギンズ・ナイト」と違う設定になっていっても、ちゃんと終わってくれれば。

この作品は作品として、良く出来ていると思いました。おやっさんも格好良かったし、ベタだけど泣けたし。ちょっと寂しいハッピーエンドが切ないです。

.
.

さて、ディケイドの方は、さして期待してなかったし、もう何でもありかもしれないと覚悟していましたが、途中でさすがにあんぐりしました。このポイントはご覧になって確認してくださいませ。

あ、全否定しているわけではありません。
そうだったのね、ということで。
やっと始まったのね、ふーん、てことで。
.

テレビの最終回と話が繋がってないとか、どこが完結編なんだとか、そういった邪念(爆)は捨てたほうが楽しめます。
自分は捨てる、というより、「完結編」であるということすら覚えていなかったので(汗)、わりとすぐ作品に集中できました。
さすがに鳴滝は気になりましたが。

ディケイドの登場人物を使って作ったパラレル・ワールドだと思えば。
というか、ディケイド自体、パラレル・ワールドを巡るお話だったんですよね。思い出しましたよ(苦笑)。

「憑き物が落ちた」後の士の表情は良かったです。とにかくみんな、また一緒で良かった良かった。

.

で、全てを飲み込み、楽しんだ上で・・・やっぱりあの最終回はないよなぁ、と思ってしまったのは確か。
元の構想がこういうことであってもね。
テレビでそれなりの結末をつけた上でも創れた映画じゃないかな、と。

.
.

最後の章はムリクリっぽいけど、ディケイドだからできた話、と思った方が幸せな気分で映画館を出れると思います。
「おやっさん」も生かされていたし。

吉川さんはゲストがゲストらしい扱いを受け、この人ならでは、という存在感のあった好例だと感じました。

.
.

ダミー・ドーパントが子供達にうけていたのと、老夫婦が1組、楽しそうにのんびりと鑑賞されていたのが印象的でした。

.
.

« 不毛地帯 #10 | トップページ | 外事警察 最終回 »

*DVD・映画・観劇 か行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010:

» 映画感想『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVI... [レベル999のマニアな講義]
『ディケイド編』内容夏海(森カンナ)の見た世界“ライダー大戦”が、勃発してしまった。なんとか、士(井上正大)ディケイドを止めようとするが、見つからない。それどころか、ディケイドは、次々と仮面ライダーを倒しカードにしていく。そして、ついに残るは、ユウスケ...... [続きを読む]

» 仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE対戦2010(ネタバレ有) [よろずな独り言]
 レポートが遅れてしまいましたが,早速日曜日に見に行ってきました「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE対戦2010」。一部ネタバレを含みますので,これから見に行く予定の方は,御注意願います。... [続きを読む]

» 仮面ライダー×仮面ライダーW(ダブル)&ディケイドMOVIE大戦2010(ネタバレあり) [無限回廊幻想記譚 別宅]
超長くなりましたので、ご注意あれ。 仮面ライダーたちと戦い、次々と打ち倒してカー [続きを読む]

« 不毛地帯 #10 | トップページ | 外事警察 最終回 »

作品一覧