2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« JIN-仁- 最終回 | トップページ | M1グランプリ2009 »

2009年12月22日 (火)

東京DOGS 最終回

公式サイト

最終回でした。

以上。

.

で、終わってはいけないか(爆)。
以下、毒満載ですので、ご注意下さい。
.
.
.

ええ、細かいつっこみは一杯あります。

かませ犬で登場の別所さん、お疲れ様でした。
結局、ただのカウンセラーで終わった西岡。
結局、本当にいい人だった大友。
本当に能天気なだけだったお母さん。
由岐を本当に愛していた、マフィアのボスとは思えないほど甘々な神野。

全部そのまんまじゃないですか。

どんでん返しがあったわけでもなく。
技ありがあったようにも見えず。
主人公の心のアヤを描くわけでもなく。
色々とありえない、捜査方法と緊迫感のないアクションシーン。

サンペンス・アクションドラマの最終回で、こんなにドキドキしないのも珍しい。

.

父の敵を頑なに追う暗い執念を持つ奏と、明るい母親や妹達とのギャップ、そのギャップから生まれる面白みを狙っていたのでしょうけど、最後までうまく融合できていなかったこと、それがこのドラマを象徴していると思います。

変に硬派な設定を作らずに、最初から奏とマルオと由岐のちょっとおかしな三角関係に焦点をあてた恋バナメインだった方が、楽しめたかもしれない、と思いました。

ラストの乱射(苦笑)シーンも、ナンセンス、もしくは脱力系ドラマ風味で徹していれば笑えたかもしれない。百歩譲ってですが。

そういう意味で、清水紘治さん扮するギャングの親分のとぼけたユーモアが光った、第6話が一番好みでした。

.

何だろう、例えば、設計図上では個性的なビルが描かれていたのに、実際建て始めてみると資材発注ミスやら寸法ミスに地盤沈下などがおこって、欠陥住宅になってしまった、という感じ。

狙いどころはわからないでもなかっただけに、非常に残念なドラマでした。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9

« JIN-仁- 最終回 | トップページ | M1グランプリ2009 »

#ドラマ:2009年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京DOGS 最終回:

» 【東京DOGS】最終回(10話)感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
【最終回視聴率追加済】(12/22)最終回の視聴率は、前回の13.3%より少し上がり、14.0%でした。平均視聴率は、15.8%です。この月9枠では、『CHANGE』(2008年4月期)以来、5作品ぶりの15%越えとなりました。この秋クールのドラマの中では、『JIN』『相棒』に次いで、3...... [続きを読む]

» 《東京DOGGS》最終話 [まぁ、お茶でも]
神野は甲斐崎を始末した。 その前に由岐がそっと会いに行っているので、奏は心配した。 [続きを読む]

» 東京DOGS&BLEACH [別館ヒガシ日記]
東京DOGSは奏が狙い察知し神野展開も 今回は最終回SPで別所哲也が来たけど 奏が麻薬が囮で暗殺メインと察知で格闘は良く... [続きを読む]

« JIN-仁- 最終回 | トップページ | M1グランプリ2009 »

作品一覧