2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル | トップページ | 陽炎の辻スペシャル~居眠り磐音江戸双紙~海の母 »

2009年12月31日 (木)

2009年のドラマのまとめ

2009年も大晦日となりました。

年末にドラマの再放送が多く放映されてました。
NHKは「遥かなる絆」「48時間」、後、こちらの地方では連続ドラマとしては「ガリレオ」「MR.BRAIN」「ROOKIES」、等。

「ガリレオ」や「MR.BRAIN」は本放送の時にはもうひとつだったのですが、今見ると面白い(^^)
大掃除をしながらではありますが、思わず見入ってしまいました。

本放送の時は身構えて見ている、もしくは視野が狭くなっているしれません。ですので、小さい綻びが妙に気になったり、つっかかたりしてしまうのかも。

今年、毒を吐いたドラマも改めて肩から力を抜いて見ると、面白いのかもしれない、と思いました。

.
.

さて、本年の締めとして、2009年、感想を書いたテレビドラマで印象的だった作品と俳優さんを挙げてみることにしました。
といっても、冬クールはブログを始めたばかりであまり書いてないのですが(汗)。

あくまで、印象に残った、という程度で、確たる理由があるわけではありません。

「ありふれた奇跡」「遥かなる絆」「白い春」「任侠ヘルパー」「リミット 刑事の現場2」「JIN-仁-」「外事警察」・・・色々力作がありました。単発では「刑事一代」。

もし、「古代少女ドグちゃん」を初回から見ていたら間違いなく挙げたと思います。
「QFD」は木8枠らしい"可愛らしい"ドラマでした。

「メイちゃんの執事」「アタシんちの男子」「赤鼻のセンセイ」「ギネ 産婦人科の女たち」などは突っ込みまくっていましたが、最後まで見させる力は感じました。

.

その他、色々ありましたが、一番ドラマとして素晴らしい、という印象を受けた作品は「リミット 刑事の現場2」にしたいと思います。

1話たりともゆるがせにしない緊張感あふれる脚本と映像、キャストの素晴らしさ。そして何よりドラマとして完結していたように思いました。
作品に込められたメッセージを含めて、製作スタッフの志の高さを感じた作品です。

.

男優さんでは「リミット 刑事の現場2」「JIN-仁-」等に出演されていた武田鉄矢さん。けっして好きな俳優さんではなかったのですが、力でねじ伏せられました。

女優さんでは綾瀬はるかさん。「ブザービート」の相武さんも見違えるような役柄で印象的だったのですけれども、「MR.BRAIN」から「JIN-仁-」へと、同年代の女優さんの中では頭ひとつ抜きん出たな、という意味で印象に残りました。
.
.

来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を。
.
.

« 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル | トップページ | 陽炎の辻スペシャル~居眠り磐音江戸双紙~海の母 »

#ドラマ:雑感」カテゴリの記事

#今月のまとめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年のドラマのまとめ:

« 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル | トップページ | 陽炎の辻スペシャル~居眠り磐音江戸双紙~海の母 »

作品一覧