2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 侍戦隊シンケンジャー 41 | トップページ | 坂の上の雲 1-#02 »

2009年12月 7日 (月)

仮面ライダーW #13

若菜をめぐるお話の前編でした。

公式サイト

.

「これ、ライダーだよね?」と見終わった後、思わず思ってしまうほど、本当に無駄がなのない、テンポのいいお話でした。
まだ前編ですが、面白かった!
.

早々に若菜の正体を見て、幻滅する翔太郎。
ここ、大事です。視聴者の気持ちを代弁していてストレスを感じさせません。

一方、そんなことにおかまいなく若菜フリークまっしぐらのフィリップ。
この正反対の反応のバランスがいいです。うまくお話に絡んでいます。

顔を見合わせず、手を握り合うだけのフィリップと若菜。
伏線を大事にしています。
伏線がシンプルなのがいいです。

伏線だらけで本筋が見えなくなってしまったシリーズもありますからね~。

若菜に夢中の二人にツッコミを入れるも、本人が尋ねてくると「あら、スターが来た!」みたいな亜樹子もいい感じでした。

「嵐が去った後」を眺めるうんざり気味の翔太郎と亜樹子のツーショットがなんとなく印象的。

.

誰がドーパントとなって若菜を狙っているのか。
フィリップの推理が冴え渡る。
相変わらずコケにされながらも、献身的に走り回る翔太郎。

疑わしい人物も何人か登場させていますね。

あ、饅頭屋のお嬢さんも満面の営業スマイルで再登場。これも風都、という町が舞台なんだと、それとなく印象づける有機的なシーンでした。

「さんざんグレてたのに・・・ま、笑顔が一番か。」とぼやく翔太郎(笑)。
.

本筋にはあまり関係のないシーンですが、座りながら、若菜の唄に合わせてフリをつける、妙に無表情な翔太郎とフィリップも可笑しかったです。こういった遊びの部分も有機的に機能しています。

造形的にもドーパントがやたらマッチョだったり、球体になったり、と楽しめました。
.

園咲家。そろそろタレント活動を辞めたら、と父と姉に言われるも辞める気のない若菜。何か理由があるのでしょうか。
それはともかく、本当に仲の悪い姉妹です。変身しての喧嘩は危険ですよ、って霧彦さんも言ってますよ・・・あれ、霧彦さんだけテーブルが違う(泣)。

「この子は死なないのよ」
えー?!
.

ラスト、粉々になったクレイドール・ドーパント。
来週が楽しみです!

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12

« 侍戦隊シンケンジャー 41 | トップページ | 坂の上の雲 1-#02 »

△特撮:仮面ライダーW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーW #13:

» 仮面ライダーW 第13話 狙われた若菜姫 [レベル999のマニアな講義]
『レディオでQ/狙われたプリンセス』内容若菜(飛鳥凛)のラジオに聞き惚れる翔太郎(桐山漣)フィリップ(菅田将暉)その若菜のラジオ番組に、ミスター・クエスチョンを名乗る男から電話が入る。“7の数字をプレゼントする”という男。。次の瞬間、ラジオ局の近くの風...... [続きを読む]

» プリンセスを守れ!〜W13話〜 [COLONYの裏側]
・プロポーズされる若菜。若菜を追っかけまわしてたのはガイアメモリセールスマンで少々太った男。男はデストロンの皆さんを思わせる姿のドーパントになったが何気に映画の伏線を入れてますね。男をウザったく思う若菜はドーパント化して雑魚を始末。・二人はファンなので...... [続きを読む]

« 侍戦隊シンケンジャー 41 | トップページ | 坂の上の雲 1-#02 »

作品一覧