2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« リアル・クローズ #10 | トップページ | 不毛地帯 #10 »

2009年12月17日 (木)

外事警察 #05

第5話「突入」

 <フィッシュ>が立て篭もるアジトの団地を突き止め、有賀(石橋凌)はSATの突入準備に入る。だが、住本(渡部篤郎)は警察の目を引きつける陽動策だと考え、突入に待ったをかける。一日の時間の猶予を与えられ、最後の力を振り絞りテロリストの背景を探る住本。協力者の愛子(石田ゆり子)に迫る身の危険、警察内のモグラの存在、SAT突入の刻限が迫る中、遂に住本は危険を承知で愛子を使い、ジュリオを取り込む決断をする。(公式サイトより)

公式サイト

.

昨日、やっと視聴できました。

.

陽菜(尾野真千子)、愛子と住本の葛藤、ジュリオの正体、有賀、倉田、官房長官の思惑、米国調査会社の企み・・・と、2話以降毎回流れる思わせぶりな爆破シーンとベットに横たわる陽菜のシーン。

.

これで視聴者には全てのヒント・カードを見せました、最終回までに推理してみてください、といった感じです。

「テロ」とそれに立ち向かう「外事警察」。
警察モノなのかなぁ?それともスパイもの?

どういう方向に向かうか見当がつかないまま、ドラマそのもののできの良さに惹きつけられて見続けていたのですが、思った以上に、事件だけでははなく、心理的にも推理性の高いドラマでした。それもかなり高度な。

実に面白かったです。

.

行方不明とされた住本の協力者の件で先輩に詰られる陽菜。
「一人の命より大勢の命、国家のために。」
酔って新しい部署のグチを言っていた頃の陽菜とは別人のようです。
どんどん変化していく。

先輩にメモを渡す時の無表情な顔。欲に憑りつかれているように感じました。何とかして自分を認めてもらいたい、という強力な自己顕示欲です。

.

もう、手を引け、という住本には本音を言う愛子。
私ではだめなのか、という陽菜に愛子は告げます。
「私はあなたを必要としていない。」
そして
「あなたも私を必要としていない。」

どうして、信頼されなかったのか。
協力者の信頼を勝ち得なかった陽菜は、運営に自信をなくします。
.

正義の名の下に自分の自己顕示欲を正当化し、自分に生死を預けた協力者には中途半端な同情をかけ、自分の立場が危うくなると上司に泣きつく。
しかし、陽菜は自分のやっていることの残酷さに気がついていません。

尾野さんが鬱屈したエリート意識を持つ陽菜、という人物を絶妙に演じておられます。

.

再び愛子を訪れた住本は改めて協力を要請します。
「ジュリオはあなたを殺すつもりだ。それでも、協力してくれますか。」
「騙されたからやっているのじゃない。底なしの沼から救ってくれたからやっているのよ。」
先の見えない介護と悔悟の泥沼の人生。
住本は愛子に父の介護の末、自殺した母親の姿を重ねていたのかもしれません。

愛子の言葉に少し力みが抜けたような住本の表情が印象的でした。

双方、ぎりぎりの状態での交渉。
運営者と協力者の関係を表していて見事でした。

.

ラスト近くのジュリオと愛子のシーンを含め、手に汗を握る展開でした。
渡部さんと石田さんの熱演を含めて、映像の醍醐味とでもいうのでしょうか。

.

「フィッシュ」の正体に気がついた住本の哄笑が印象的でした。
最終回、まだドンデン返しがありそうです。

.

.

#1 #2 #3 #4

« リアル・クローズ #10 | トップページ | 不毛地帯 #10 »

#ドラマ:2009年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外事警察 #05:

» NHK土曜ドラマ 外事警察 第5話 突入 [レベル999のマニアな講義]
『突入』内容“FISH”率いるテロ組織のアジトを突き止めた警視庁。特殊部隊SATを向ける決断をする有賀局長(石橋凌)着々と突入の準備が進められていく。一方で、住本(渡部篤郎)は、陽菜(尾野真千子)愛子(石田ゆり子)にワナである可能性が高いことを告げる。...... [続きを読む]

» 外事警察 第5話 [paseri部屋]
「外事警察」(第5話)を観ました。出演:渡部篤郎,石田ゆり子,尾野真千子,石橋凌,余貴美子,遠藤憲一,片岡礼子,北見敏行,滝藤賢一,渋川清彦,山本浩司,平岳大,奥貫薫,斎藤歩,二階堂智,堀部圭亮,占部房子,遊井亮子,嶋田久作ほか“フィッシュ”が立てこも...... [続きを読む]

« リアル・クローズ #10 | トップページ | 不毛地帯 #10 »

作品一覧