2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2009年11月の読書 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 41 »

2009年12月 6日 (日)

外事警察 #04

第4話「裏切り」 

愛子(石田ゆり子)の潜入により、<フィッシュ>が肥料工場に潜伏していることが判明。工場では、肥料の原料をもとにアンホ爆弾が製造されていた。住本(渡部篤郎)の監視の隙を突き、爆弾を積んだトラックが逃走。国際会議がテロの脅威に晒されて行く。一方、捜査から外された陽菜(尾野真千子)は住本への反発を強め、極秘に愛子を協力者として運営する。愛子は外国人バーに再潜入、トラックの居場所が書かれたメモを入手する。(公式サイトより)

公式サイト

.

「私は切らせない」

協力者の経験が愛子の鬱屈した日常に刺激を与え、更に住本のやり方に不満を持つ陽菜の「あたなを切るつもり」という言葉が愛子を危険な行動に駆り立てたようです。

ジュリオよりむしろ住本を挑発しています。

真意はどうあれ、陽菜の言動は愛子のような境遇にいる人間にとっては無神経だと思わざるをえませんでした。

ま、それでドラマが動くわけで、今回はテロ及びテロ組織より、住本自身の想いが明らかにされ、また、住本と愛子の余人ではわかりがたい関係に陽菜がからんだ、心理的駆け引きをじっくりしんねり描いていました。
.

倉田(遠藤憲一)の口から住本の過去と住本と有賀(石橋凌)の関係もはっきり語られました。
住本の父は有賀の身代わりとなって植物人間となり、3年の後、死亡、その後母は自殺した。

住本の生い立ちを聞いた陽菜も一筋縄ではいかない人間です。

愛子を自分の協力者として登録した上、

「お母さんと重なってみえますか。」

住本が人の弱みを握って優位に立つ方法を使い、住本本人を牽制します。

しかし、住本はニケの残したと思われた文字を使って反論、逆襲します。
ジュリオは愛子を利用している、と。
.

惨殺されたニケを見て崩れ落ちる住本の画。
これだけ感情を露にした住本の姿ははじめてです。
声を流さない演出が効いています。

しかし、かつて父の上司だった警察庁警備局長、有賀は遺族を保障するどころかその死すら伝えない、何もなかったことにしようとする。

「結局あの時と同じじゃないですか。この国にテロを防ぐまともな法律があれば我々は問答無用で被疑者を引っ張れるのです。それができなから協力者を危険にさらすのです」

父と間接的にではありますが母を殺したテロをが激しく憎む住本は、かなり過激な考え方を持つに至ったようです。

うーん、問答無用、ですか。

「この国でインテリジェンスのなんたるかが理解されるためには時間が必要だ。」
一方、意味があるようでないような曖昧な返事を返す有賀。

「テロの1つくらい起きたほうがいいんです。」

.

誰が、何が、正義なのか。答えはあるのか。

村松内閣官房長官(余貴美子)と手を組んだ倉田の動きを含めて、来週も目が離せません。

.

.

#1 #2 #3

« 2009年11月の読書 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 41 »

#ドラマ:2009年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外事警察 #04:

» NHK土曜ドラマ 外事警察 第4話 裏切り [レベル999のマニアな講義]
『裏切り』内容愛子(石田ゆり子)が、ジュリオ(チェホ・イムレ)から手に入れた情報である工場地帯の峰谷化学という肥料会社が浮かび上がる。経営実態がないのに、肥料のための材料を買い込んでいた。それも、爆弾になる可能性が高い材料を!!住本(渡部篤郎)が、外事...... [続きを読む]

» 外事警察第4話 [paseri部屋]
「外事警察」(第4話)を観ました。出演:渡部篤郎,石田ゆり子,尾野真千子,石橋凌,余貴美子,遠藤憲一,片岡礼子,北見敏行,滝藤賢一,渋川清彦,山本浩司,平岳大,斎藤歩,二階堂智,堀部圭亮,占部房子,遊井亮子,嶋田久作,升毅,遠山俊也愛子(石田ゆり子)の潜...... [続きを読む]

» 外事警察4 平和ボケ日本への警鐘だとは言い過ぎか? [ぱるぷんて海の家]
座して平和は守れず―田母神式リアル国防論 すっごい展開になってきたなぁ。 あんまりすごすぎて、面白おかしくツッコミ入れることなどとても出来ない。 それほどシリアスでドキドキドラマなんです。 「公安が産んだ魔物」と言われる 血も涙もない住本(渡部篤....... [続きを読む]

» 「外事警察」 第4回 裏切り [トリ猫家族]
 さて、今回は静かに潜行していた計画に、大小様々な思惑から独自の動きが入りこみ 混乱してくる状況が描かれました。 はたして住本はコントロールできるのか・・?  愛子(石田ゆり子)が入手したジュリオの携帯のSIMカードの受信記録から 『フィッシュ』の潜伏場所...... [続きを読む]

« 2009年11月の読書 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 41 »

作品一覧