2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« JIN-仁- #05 | トップページ | リアル・クローズ #05 »

2009年11月10日 (火)

東京DOGS #04

高倉奏(小栗旬)と工藤マルオ(水嶋ヒロ)の特殊捜査課は、食品会社を製品への毒物混入で脅す事件に着手。犯人の手口から、田村(板尾創路)という男が浮上。田村は、かつて舞島ミサ(大塚寧々)が執拗に追い、その人生を変えられてしまった男だった。(公式サイトより)

公式サイト

.

冒頭、麻薬販売の現場逮捕。神野とは関係なかった。
次に別件で食品会社への脅迫事件が起こる。
犯人と目された田村と舞島の間には因縁が。
かつて、田村が逮捕される時、結婚式の最中だったのにも関わらず、責任感から結婚式をほっぽりだして現場に駆けつけた舞島。
そのため、破談に。
それから男性運に恵まれない舞島は、仕事にのめりこむ事を自制するようになったらしい。

一方、神野の組織幹部の宮田淳二(高杉亘)がNYから日本へ潜入したという情報が。
田村を追う中でも、宮田が気になる奏。

松永由岐(吉高由里子)はバイト先の同僚、甲斐崎ヒロト(水上剣星)に次第に心を開いていく。

.

という流れの中に、由岐に魅かれて行くマルオや、自分を神野を追う道具としてしか見ていないことに苛立つ由岐、由岐のボディガード専任を命じられたため、現場に出れず不完全燃焼な堀川経一(勝地涼)などの姿が描かれていました。

甲斐崎はどうやら神野を裏切ったらしい。
神野から派遣された宮田をあっさり殺っちゃいます。

あ、そうそう、食品会社の脅迫犯は、その会社の内定を取り消された大学生の犯行でした。
.

何とか普通にまとまっていて、面白かったです。

舞島がはじめて大友(三浦友和)に従わなかったシーンは「おお」と思いました。

張り込み中の奏とマルオのやりとり。だんだん噛み合ってきたようで、面白かったです。
おでんを食べるマルオを睨みつける奏。
「糸コンは残しておけよ」(笑)。

マルオの、由岐の前での寒いギャグは・・・そのうち「閉店ガラガラ」って言いそうな気がしました(大汗)。

.

以下、ツッコミ。

犯人が捕まった後、全速力でバイト先に戻る堀川、はいいのだけど、あの逮捕の仕方はないんじゃないかなぁー。周りが危ないと思います。
でも体の切れがいいので、アクションは小気味良かったです。

街中で宮田を見つけ、追いかけていった奏。それから?
まぁ、普通に見失ったんでしょう。見失った後の奏のシーン、見逃したかな?
そういうつくりなのでしょうね、このドラマ。

田村さんもその後、元の職場にもどれたのかなぁ。←すみません、飯場を渡り歩いていたんでしたね。
めげずに生きていって欲しいです。

甲斐崎の誘いにのった由岐。
予告を見るまでもなく、あまり心配しませんでした(^^;;

.

追記

「糸コン」ではなく「しらたき」だったようで。自分の家では「糸状に固めた」コンニャクを総称して糸コンニャクと言っているので、勝手に脳内変換してしまったようですm(_ _)m

.

.
.

以下、今更なつぶやき。

各ドラマ枠には、プロデューサー、演出家、脚本家など製作スタッフが変わっても独特の個性があるなぁ、と改めて実感する今日この頃。

月9はこれでいいのかもしれない。
お題は何であれ、恋愛模様は必須、後は適度にスタイリッシュで、適度にコミカル、適度なサスペンス、そして切なさをスパイスに。
これらがいい塩梅で融合すると、愛すべき作品になるのでしょう。

ただ「適度」と「中途半端」は紙一重。見る人によって印象は変わるだろうし。
最大公約数の心地の良い適度さこそが月9の真髄なのだろうと。そうして観ると、難しい枠だなぁ、と思った次第でした。

.

.

#1 #2 #3

« JIN-仁- #05 | トップページ | リアル・クローズ #05 »

#ドラマ:2009年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京DOGS #04:

» 【東京DOGS】第4話感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
【第4話の視聴率は11/10夕方追加予定】今回は舞島ミサ(大塚寧々)が沢山出ました。印象に残ったのはその位でしょうか?昔のグリコの事件を彷彿とさせるような、望月パンへの嫌がらせ事件でした。「ぼくに1おく円ください。望月パンのパンで、しあわせ家族が死んぢゃうぞ...... [続きを読む]

» 東京DOGS 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
奏(小栗旬)とマルオ(水嶋ヒロ)の特殊捜査課は、食品会社に製品への 毒物混入をほのめかし、金を要求するという脅迫事件に着手する。 犯人の手口から、田村(板尾創路)という男が捜査線上に浮上してくる。 田村はかつてミサ(大塚寧々)が追っていた男で、ミサは彼を追うあ... [続きを読む]

» 東京DOGS 第4話 宿敵の影 [レベル999のマニアな講義]
『宿敵からの挑戦状』内容主婦が麻薬!?スーパーを張り込む高倉(小栗旬)とマルオ(水嶋ヒロ)売人の大学生、と主婦共々逮捕したのだが、神野との繋がりはなかった。そんななか特殊捜査課は、“望月パン”への脅迫事件の捜査をはじめる。古いタイプのワープロを使い、手...... [続きを読む]

« JIN-仁- #05 | トップページ | リアル・クローズ #05 »

作品一覧