2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ギネ 産婦人科の女たち #07 | トップページ | 私がクマにキレた理由 »

2009年11月27日 (金)

不毛地帯 #07

原作 … 山崎豊子『不毛地帯』
.

昭和42年7月、近畿商事では、年に2度開催される経営全体会議が行われる。その席で壹岐たち業務本部は、重工業化に対応するために繊維部門のさらなる縮小を唱えた。だが、里井を中心とした反業務本部勢力は、繊維部門が社内一の売り上げを上げていることを理由にこの再縮小案に猛反発したため、会議は紛糾する。(公式サイトより抜粋)

公式サイト

原作未読です。

.

今回から自動車戦争の勃発です。

自動車産業の自由化が噂される中、業績が伸び悩む業界4位の千代田自動車は、5位の富国自動車との合併か、もしくは画期的な新車開発に社運を賭け、合併せず一社独立のままいくかで揺れていた。

千代田自動車の輸出代理店である近畿商事は、どうやら合併派に里井副社長(岸部一徳)が、独立派に壱岐がつく、という構造になるようで、更に里井と壱岐の対立は激化しそうです。

壱岐の方針や上司を無視した仕事のやり方にカリカリしている里井を「No.2はお前だ」と適度に慰撫する大門社長(原田芳雄)。
近畿商事ってワンマン会社。今、突然大門がいなくなったら崩壊しそうです。
.

小出(松重豊)が期待通り(笑)、再登場しました。
怪しい奴です。カタギで生きていくことに見切りをつけた様子。
家にまで電話してきます。「そのうちお家にお邪魔します」って。
小出が近畿商事をあまりよくない事情で辞めさせられたことを知っている妻、佳子(和久井映見)。それは恐いでしょう。

それにしても、小出は設計図やテスト走行の写真など、千代田の最極秘情報である新車情報をどこから手に入れたのでしょうか。内部スパイがいる?

監督・増村保造、主演・田宮二郎の黒の試走車という映画を思い出しました。

.

突然強引に来日したフォーク社の会見が終わり、会場のドアが開くと・・・出た、鮫島の満面の恐い笑顔(爆)。何故だろう、なんだかなごみます(^^;;

.

一方、家系図を見せてプロボーズする(爆)、弥泰夫(加藤虎之助)。可愛いじゃないですか。←大分贔屓が入ってます。

千里(小雪)は何を迷っているんだか。
かかってくる電話が弥泰夫だと、あからさまにがっかりしてます。気持ちはわからないでもないですけれども。
壱岐にはどこか魂の触れ合う部分を感じるのでしょう。
ともかく、結婚する決意はしたようです。

.

壱岐に惹かれているのにも関わらず、わざわざ千里に会わせる紅子(天海祐希)もかなり屈折しています。

宿泊するホテルの名を告げる婚約した千里。
「千里さん、思い切りたいのよ。恐いの?のめり込みそうだから。それとも苦労をかけた奥さんが恐いの?」
と煽る紅子。

千里のことはともかく、佳子のことに触れられた壱岐は思わず売り言葉に買い言葉。

「私達夫婦のことは君のような女性にはわからないことだ。」

うーん、この言葉、紅子にはキツイんじゃないかな、と思ったら、そのとおりのようです。
一人落ち込む紅子。何を思っているのでしょうか。
今後に禍根を残さなければいいのですが。

.

久しぶりに下宿先から帰京した息子、誠(斉藤工)を囲んでの一家団欒を楽しみにしていた佳子。
子供達はシャレのわからない恐い親父と一緒に食事するのは気詰まりだと思うのですけれども。佳子にとっては一大イベントです。忘れていた夫に不満爆発です。

佳子の怒り方が、少しイラっとさせられる部分を含めて、いかにも昭和の良家の妻女風で、和久井さんが演じておられなければ、壱岐に同情してしまうところでした(^^;;

.

今回はビジネス以外に壱岐のプライベートに多く割かれあって、緩急があったように思いました。
感想も書きやすかったです(大汗)。
.

誠の長髪が鬘っぽかったのはご愛嬌(苦笑)。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6

« ギネ 産婦人科の女たち #07 | トップページ | 私がクマにキレた理由 »

#ドラマ:2009年第4クール」カテゴリの記事

#ドラマ:2010年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不毛地帯 #07:

» 不毛地帯 第七話 [ドラマハンティングP2G]
第三次中東戦争の勃発に端を発した商社間の争いは、壹岐正(唐沢寿明)率いる近畿商事業務本部の迅速な情報収集と的確な分析により、同社のひとり勝ちで終わった。だがその結果、近畿商事内では、壹岐の活躍に危機感を募らせた副社長・里井達也(岸部一徳)の一派と業務本部..... [続きを読む]

» 不毛地帯 第七話 妻との誓い [レベル999のマニアな講義]
『妻との誓い』内容第三次中東戦争勃発に伴う、商社間の争いは、壹岐正(唐沢寿明)の業務本部の指示のもと、近畿商事の勝利で終わった。そんななか重役達が集まった経営会議で、重工業化を進めるべきと述べる壹岐副社長の里井(岸部一徳)たちは、猛反対をする。だが大門...... [続きを読む]

» 不毛地帯 第7話 [青いblog]
あらすじ 壹岐正(唐沢寿明)の活躍で第三次中東戦争の勃発に端を発した商社間の争いに圧倒的勝利をあげた近畿商事。その結果、副社長・里井達也(岸部 [続きを読む]

« ギネ 産婦人科の女たち #07 | トップページ | 私がクマにキレた理由 »

作品一覧