2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« JIN-仁- #07 | トップページ | ギネ 産婦人科の女たち #07 »

2009年11月25日 (水)

リアル・クローズ #07

原作 … 槇村さとる『リアル・クローズ』

美姫(黒木瞳)がヤングカジュアル売り場にアンテナコーナー『シンデレラタウン』を新設するプロジェクトを始動。そのチームマネージャーに任命された絹恵(香里奈)は、契約社員ながらチーフとして売り場をまとめる小西まみ(中別府葵)に出会う。明るさとセンスのよさで客にもファンが多いまみはヤングカジュアルのカリスマ販売員だった。
(公式サイトより)

公式サイト

.

原作は初回より購読中。
.

お仕事ドラマとして、まずまず、面白かったと思います。
とにかく、みなさんちゃんと仕事と向き合ってます。

.

今回は、契約社員であるがために自ら限界を作ってしまっている小西をバックアップする、お仕事モード全開の絹恵のお話でした。

そのため、メインが小西になってしまったのは仕方がないかな。
小西の「服が好き」という気持ちはよく伝わっていたと思います。

社員と契約社員の間には深い溝がある・・・そりゃ、待遇が全然違いますものね。
それが社員である絹恵にはわからない。
そんなにデキそうにも見えないし、ファッションセンスがいいとも思えない上司。
だけれど人柄は良さそう。それが小西とっては余計やりきれなっかたのかもしれません。

ちょっと生意気な小西を演じられた中別府さんが、いかにもらしくて良かったです。

同じ契約社員の凌の激励も効いていました。
その凌は夢に近づくために蜂矢に接近する?

合併問題も浮上してきました。

.

ドラマ・オリジナルキャラの妹、まゆ。無表情なところが今時の子っぽいか???
美姫様とのシーンにはある意味手に汗を握りました(汗)。特に後半、美姫がまゆを諭すシーン。
相手に自分の言葉が届いているかどうかわからない状態がなんだかリアルでした。素人相手に大変です←失礼。でも本当に素人ですもん(苦笑)。

.

田渕のエピは原作通りにやるようです。前回の感想で、流してしまうのか、と書いてしまい、失礼しました。

と、いうことは、壊れる田渕が見れそう(^^)。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6

« JIN-仁- #07 | トップページ | ギネ 産婦人科の女たち #07 »

#ドラマ:2009年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアル・クローズ #07:

» リアル・クローズ 第7話 [ぷち丸くんの日常日記]
美姫(黒木瞳)がヤングカジュアル売り場にアンテナコーナー「シンデレラタウン」 を新設するプロジェクトを始動させた。 そのチームマネージャーに任命された絹恵(香里奈)は、契約社員ながらチーフ として売り場をまとめる小西まみ(中別府葵)と出会う。 明るさとセンスの... [続きを読む]

» リアル・クローズ 第7話 それぞれの生きる道 [レベル999のマニアな講義]
『女のバトルと生きる道』内容10代をターゲットにしたヤングカジュアルコーナー“マジッククローゼット”美姫(黒木瞳)に、新コーナーのチームマネージャーを命じられた絹恵(香里奈)カリスマ販売員で販売員たちのチーフを務める小西まみ(中別府葵)と出会い、その行...... [続きを読む]

« JIN-仁- #07 | トップページ | ギネ 産婦人科の女たち #07 »

作品一覧