2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« リアル・クローズ #07 | トップページ | 不毛地帯 #07 »

2009年11月26日 (木)

ギネ 産婦人科の女たち #07

原作 … 岡井崇『ノーフォールト』

公式サイト

原作未読です。
.
.

冒頭で叫んだこと。
.

ちょっと待て。え?婚約ー?!
ちょ、いつの間に?
.

玉木は嶋と婚約して二人でカルフォルニア大学へ留学するそうです。
同棲していた看護師さんは捨てられたそうで。
「尽くしすぎてもだめなのよね」by 同僚たちの噂

三人の決着はいつの間にかついているようです(苦笑)。
看護師さんは「おめでとう」なんて玉木に言ってます。悔しそうではありましたけどね。
.

あー、今回のテーマには全然関係ないことで、突っ込んでしまいました(汗)。
おかげで、直後の裁判のシーンが頭に入ってきませんでした。

玉木と嶋のエピソードは本当にないがしろにされているなぁ(泣)。

.

・・・まぁ、いいです。

ストーリーは、今回だけ見られた方、少なくともここ数回見てられなかった方には、柊が優秀な医師に見えただろうし、テンポもあって面白かったのではないでしょうか。←ちょっと皮肉入ってます。
.

産科の過酷な状況が明らかにされていくのを聞いて、訴えを起こした徳本自身の気持ちが、硬い表情はそのままではありますが、ゆれているのがわかりました。

患者側の弁護士が悪辣に描かれてすぎているのが気になりました。実際にいそうではありますが。

.

柊が出廷。
柊が徳本に言った言葉が述べられると、迷いのあった徳本の顔も再び険しくなります。
病院側の弁護士、瀬川の弁護のしように困った感じ。
.

一方、徳本の娘、優美がガラス片で腕を切って柊たちが勤める病院に担ぎ込まれる。
中々止まらない血。

その症状に疑問を抱いたERの飯村は、血液内科の柊の元夫に相談する。
元夫は患者が徳本の娘であることに注目、保存してあった亡き徳本美和子の血液を分析した結果、フォンビル(ブランド病)であることを突き止めます。←こういった連動が描かれたのは初めてです。

フォンビルとは、血友病ではないが、遺伝性で、血液が止まりにくい症状をひきおきす、非常に珍しい病気だそうです。

その結果を持って、桧口は裁判所に駆けつけます。

.

徳本は、娘と息子のフォンビルブランド病の治療を条件に、訴訟を取り下げます。

徳本への心ない発言以来、柊と距離を置いていた桧口も、君島のとりなしや、柊が頭を下げたことによって和らいだ様子。

後日、柊は徳本の元へあやまりに行きます。
.

初回以来引っ張ってきた徳本のエピソードはここで一旦落着するのでしょうか。
徳本はまだ出てくるようですが、少なくとも裁判は終わりました。

と、思ったら、今度は主任教授の子を宿した瀬川に異変が・・・
.

続く。

.

ゲイと思われているらしい(笑)、榎原は桧口のことが気にいってる様子・・・でも桧口はどうやら徳本のことが色んな意味で気になっているみたいです。

柊の離婚の理由は、当直のない科に変わることを要求されたから。結婚している間は笑ったこともあるらしい。

あ、主任教授は瀬川と入籍したことを会議でカミングアウトしました。
驚きのあまり声が出ない皆を見る、教授のきょろきょろした瞳が可愛かったです(^^)。
.

裁判ネタはあまりひっぱりませんでした。
というか、はしょり過ぎの感がしました。いきなり和解・・・でも、それがこのドラマの進め方のようなので、もう、いいです。下手に詳しく描いてテンポダウンするよりマシかもしれない。

.

しかし、原作「ノーフォルト」を脚色したはずのこのドラマのテーマは何なのだろう、とは思いました。柊の成長を描くことだけ?

ま、今回は今までよりは見やすかったかもしれない。
.

産科に復帰した柊が多少変化したのと、やっと優秀な医師らしいシーンがあって何よりです。
柊はいつもようにコミュケーション不足からおこる強引なやり方で緊急手術を行います。それは的確な判断でした。
そんな柊を医局長の藤木がフォローする様子や、「仕方がないか」と根に持たない外科医の様子には好感が持てました。

好みなんでしょうが、こういったシーンや、その他、もっとお産そのものを描いたエピソードが見たかったなぁと思います。

何事もないお産であっても、お産の数だけドラマはあると思うのですけど。
後2回。
そのあたりを描いてくれるのでしょうか。

.
.

アメリカでは医師の給料の三分の一が、医療訴訟に対応する保険に支払われているそうです。

※「無過失補償制度」については医療・医学ニュースの「無過失補償制度とは?」を参照しました。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6

« リアル・クローズ #07 | トップページ | 不毛地帯 #07 »

#ドラマ:2009年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギネ 産婦人科の女たち #07:

» ギネ 産婦人科の女たち 第7話 真実 [レベル999のマニアな講義]
『逆転の法廷』内容徳本美和子(西田尚美)の死を巡る医療裁判が始まる。瀬川弁護士(内田有紀)から証人として尋問を受ける君島(松下由樹)適切な処置であったと証言する。一方、慎一(八嶋智人)の弁護士・岸本(半海一晃)から、手術の前に奈智(藤原紀香)が倒れたこ...... [続きを読む]

» 【ギネ〜産婦人科の女たち〜】第7話 [見取り八段・実0段]
裁判が始まった。原告・徳本の弁護人は、柊が40日間も当直していたと言う事実を追求してきた。専修大学医学部産婦人科では、これが当たり前ですか?これで良いとは思いません。でも、現在、産婦人科医は圧倒的に不足しています。私たちが休みを取っていては、妊婦さんた...... [続きを読む]

« リアル・クローズ #07 | トップページ | 不毛地帯 #07 »

作品一覧