2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« リアル・クローズ #04 | トップページ | 不毛地帯 #04 »

2009年11月 5日 (木)

ギネ 産婦人科の女たち #04

原作 … 岡井崇『ノーフォールト』

公式サイト

.

原作未読です。
.

50分の延長か・・・いつもならベットに潜り込んでいる時間(^^;
.

今回だけ見ると、内容に納得できるかどうかは別にして、「ドラマ」としては何とかまとまっていたと思います。←かなり甘めに見てですが(汗)。
でも、結果的にかなり毒が入った感想になってしまったので、ご注意下さい。
.
.

大出血の翌日、見舞いにきた夫・慎一(八島智人)と明るく痴話喧嘩をする美和子(西田尚美)。その本、赤ん坊にあたったらどうするんだ、とはつっこみました。

この一連のコメディー・シークエンスも結果から逆算したような、わざとらしさと感じてしまった(汗)。

「死にません」
柊は相変わらす身もフタもない言い方。

原因不明の美和子の出血に、同室の高年齢で初産の佐藤(西尾まり)さんがお産が恐くなる気持ちがよくわかります。

.

美和子に再び血腫ができたらしい。
君島は再手術を君島(松下由樹)は3度目の手術をしようとするが、柊は
「三度目のオペは徳本さんの生きる気力を奪います」
と反対し、君島と口論に。
そこへ現れた婦人科医長の榎原(中村橋之助)の助言で、本人の意思に任せせることになりました。

美和子は柊の判断にゆだね、手術はせず、原因を突き止めることに。

ところが、深夜に美和子が急変。再び大出血します。
それも並みの出血ではありません。
.

緊急手術。
柊はじめ、医局の人々の屈力も空しく、美和子は亡くなってしまいます。

憑かれた様に美和子を蘇生しようとする柊。

.

母体保護優先は徹底されており、母親が亡くなることはめったになく、この病院でも10年ぶりだとか。

ショックを受ける玉木に嶋(本仮屋ユイカ)は、めったにない事例に出会えて幸運だったと。この経験を生かすことが大事だと、クールに語りますが・・・

一方、柊は平静を装うも、パニック状態に。
自分を出産した時に死亡した母親のことが、完全にトラウマとして蘇ったようです。
美和子の死から目をそむけ、ひたすら逃げようとする。

あげくに帝王切開の必要のない妊婦に「カイザー(帝王切開)」と叫びます。
.

最後はクレイジードクターになってしまいました(汗)。
佐藤さん、かわいそうです(涙)。

恐いよー、こんな先生がいる病院には行きたくないよー。

.

医学は全くわかりませんので、勘違いなどあればお許し下さい。

ドラマ中でも言われていたように、どうして君島は判断を覆したのだろう。
難しい選択だったことはわかるのですが、君島が患者にダメージを与えると知りつつも、あえて手術を主張した科学的な根拠が、柊の感情的な主張に押し流されてしまったような印象をうけました。
素人にもわかるように医療を描くことも大切なのではないでしょか。

.

それと、やっぱりどうしてもわからないのが、美和子が柊を信頼する理由。

それを含めて、ドラマとしてどうかな、と思ったのは前回、今回を通じて、美和子が赤ちゃんを抱いたシーンが1回きりだったということ。
前回は事故また事故の様子を野次馬していただけでした。

前回でもっと美和子と赤ちゃんの触れ合いや、柊との人間関係の構築を丁寧に描いていたら、今回のドラマチックな展開に深みが生まれたのではないかな、と。

.

だんだん柊に影響を受けて真摯に仕事に取り組むようになってきた玉木の成長ぶりや、悲しみを堪える慎一の姿、その他、映像も丁寧なのですが・・・構成がぎくしゃくしている感がぬぐえません。
.

今後は医療訴訟の問題が絡んできそうです。
でなければ、瀬川の存在意義がないものね←毒。

.

.

#1 #2 #3

« リアル・クローズ #04 | トップページ | 不毛地帯 #04 »

#ドラマ:2009年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギネ 産婦人科の女たち #04:

» ギネ 産婦人科の女たち 第4話 急変 [レベル999のマニアな講義]
『母体急変』内容美和子(西田尚美)が謎の出血!君島(松下由樹)奈智(藤原紀香)藤木(近藤芳正)らは、議論するが不明。その様子を見て同室の佐藤(西尾まり)は、不安を玉木(上地雄輔)に伝える。美和子がそんな状態のため、夫・慎一(八嶋智人)が、生まれた優作の...... [続きを読む]

« リアル・クローズ #04 | トップページ | 不毛地帯 #04 »

作品一覧