2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2009年10月の読書 | トップページ | ギネ 産婦人科の女たち #04 »

2009年11月 4日 (水)

リアル・クローズ #04

原作 … 槇村さとる『リアル・クローズ』

マネージャー試験に合格した絹恵(香里奈)は主任に昇格し、売り上げにも責任を持つ立場となった。さっそく商品部に配属された絹恵は、優作(西島秀俊)のアシスタントにつき、バイヤー修行をすることになった。(公式サイト参照)

公式サイト

原作は初回より購読中。
.

「答えは売り場の中にある。」by 美姫様

ということで、売れ残った商品をかつての売り場の仲間達の協力を得て完売した絹恵。
美姫も満足そう。
仲間達がツンデレの凌を筆頭にいい感じなので、見ていて楽しかったです。

しかし調子に乗った絹恵は次の商品の年齢層を見誤って大失敗。100万円損失を出してしまいます。

「なんで売れると思った、根拠はなんだ」
田渕に問い詰められた絹恵。
「勘、というか・・・」

この言葉に当然のことですが、田渕は激怒。
絹恵を叱責しますが、しかし絹恵の失敗だけでなく、女性の欠点を滔々と述べはじめます。それを聴いていたほかの女性メンバーの目つきがピクっ・・・(怖っ)

案の定、普段絹恵を上から目線で見ている美姫のアシスタント二人を含めて、総すかんを食ってしまいます(笑)。

美姫からも
「感情で動く女性、そんな女性達に支えられていることを忘れないように。」
と、やんわり釘をさされる田渕。

この一連の流れはちょっと痛快でした。
.

.

一方、恋人達也(高岡蒼甫)との関係をもう一歩踏み出せないでいる絹恵。
両親が離婚した後、女で一つで自分達を育ててくれた母の姿をみて、一刻も早く自立したかった。
まず自立ありきで、「家族を作る」ということには今ひとつピンとこない様子。

今まで何となく仕事に就いて、何となく付き合っていた。
でも自分のやりたいことはなんなのか。
新しい職場を通じて様々な人と出会うことによって、迷いが生まれてきたようです。
でも、一人になるのは寂しい。一人は嫌。

この辺の本人でも捉えきれないあいまいな心の揺れは、同世代の女性の心情を等身大に描いていたと思います。

達也って料理(それもおいしそうな^^)作ってくれたり、仕事を応援してくれたり、とすごくいい彼氏です。

それもでもタイミングが合わないと迷うのですね・・・。
.

達也の方は大分と煮詰まっていたのが、父の死をきっかけについにプロポーズ。

高校時代からのつきあいなので、彼氏の両親と顔見知り、とか、達也のベルトについた姪っ子のバッチとか、さりげなく達也の育った家庭環境も描いていました。

亡父が経営していた自動車修理工場。
達也は小さい時から会社は兄が継ぐもの、ここには自分の居場所がない、と思ってたのですが、営業が苦手な兄の姿を見て、郷里に戻って兄とともに工場を継ぐ決心をします。

そこには同級生、堀からUターンを決意したことを聞かされた影響もあったかもしれません。

.

突然のプロポーズを承諾した絹恵に達也。
「もう、遊びは終わりだ。」
うーん、この言葉は禍根を残すかも(汗)。
.

原作どおり、堀が登場しました・・・
ニコが登場したのは嬉しい(^^)
.

仕事に面白さを感じ始めた20代半ばの女性の気持ちが、気負いなく描かれていたように感じました。

ドラマと「通販」のコラボ、という試みに対する批評が先行しているようですが、ドラマ自体はベタなサクセスストーリーですが、丁寧に描かれていると思います。

何より気分の悪い人が出てこないので、楽しく見れます。
来週も楽しみです。
.

.

.

#1 #2 #3

« 2009年10月の読書 | トップページ | ギネ 産婦人科の女たち #04 »

#ドラマ:2009年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアル・クローズ #04:

» リアル・クローズ 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
絹恵(香里奈)はマネージャー試験に合格する。 主任に昇格し、売り上げにも責任を持つ立場となった。 そんな時、絹恵は友人の結婚式に達也(高岡蒼甫)と共に出席する。 幸せそうな花嫁姿の友人を見て初めて結婚を意識し、達也もまた 自分との結婚を考え始めていると知った絹... [続きを読む]

» リアル・クローズ 第4話 仕事か、結婚か [レベル999のマニアな講義]
『独りはイヤ!結婚する』内容絹恵(香里奈)は、マネージャー試験に合格恋人の達也(高岡蒼甫)も、大喜びだった。そんななか、大学時代の友人・戸部和泉から、結婚式に招待される2人。笑顔で幸せそうな友人を見ていて、絹恵は戸惑っていた。ようやく仕事に何かを感じ始...... [続きを読む]

« 2009年10月の読書 | トップページ | ギネ 産婦人科の女たち #04 »

作品一覧