2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« チャレンジド #01 | トップページ | 仮面ライダーW #06 »

2009年10月11日 (日)

侍戦隊シンケンジャー 33

牛折神の後編です。

公式サイト
.

暴走したまま姿を消した牛折神。

あんな巨大なものが、しかも高圧電線に引っ掛かって暴れていたらわかりそうなものだけど、いや、それより先週、高圧電線もなぎ倒してなかったかな?と思わずつっこんでしまったのは内緒(汗)。

少年は牛折神の中にいたのですね。気がつかなかったです。
.

十臓が復活し、薄皮太夫とやさぐれ(苦笑)タッグを組んでアクマロの助っ人に。
妖刀裏正を作ったのはアクマロだそうです。

.

イエローさんの、少年には折神を引き寄せる力を持っているらしい、だったら折神たちに探索させよう、という提案で出かけていく小さな折神たちが可愛いです。

祖父いわく、息子、つまり少年の父もまた牛折神を使いこなそうとしていたが、妻ともども山の事故で少年が4歳の時に亡くなってしまった。
このことを牛折神のたたりだと思った祖父は、孫が牛折神に関わるのを禁止したのだが、父の想いを受け継ごうとする少年は牛折神を使いこなす方法を見出そうとしていた、ということだそうです。

「あんなに小さかったのだから、(父の思いなど)覚えているはずがないんだ」
その祖父の言葉に父の言葉を思い出す殿。
「覚えていますよ、どんなに小さくても。たとえ牛折神から引き離しても、受け継いた想いからは引き離せない。」
殿は祖父から手渡された牛折神を破壊するディスクを返して、闘いへ。

折神たちが見つけた牛折神の元へ急ぐシンケンジャーの前にアヤカシやナナシ、そして助っ人十臓&太夫のペアが登場。
驚くシンケンジャーたち。

変身前の立ち回りの時間が多かったように思いました。
皆さん、殺陣が上達したようです。

.

さて、その場は仲間にまかし、1人、牛折神の元に急ぐ殿。

「封印を解いてもらえば用なしだ」と少年を襲うアヤカシ。
殿が到着、アヤカシと戦っている間に少年はなんとか牛折神を制御しようと、自作のディスクにモヂカラをこめますが、うまくいきません。

そこへ祖父がディスクを持って登場。
「これはお前の父さんがお前の力にあわせてつくったディスクだ。いつか、お前なら、と。」
少年には折神の力を吸収するモヂカラを持っているらしい。

実は息子に牛折神を動かせと言ったのは、自分だと。自分も、昔はこいつを操れるんじゃないかと思っていた。
その思いを引き継いだ息子が不慮の死をとげたことで、孫の身にも何か起きるのではないかと、恐くなったのだと。
「だが、お前たちが想いを引き継いでくれたというのに、おおもとのわしがこれじゃみっともない。」

祖父と孫、そして亡き父の想いが重なってモヂカラがパワーアップ、牛折神を制御することに成功しました。

.

それぞれの受け継ぐ想いを描いたお話でした。

アクマロとドウコクの関係、「折神なんていらない」と呟くシタリの動向が気になります。

ピンクさんと手あわせした薄皮太夫が「うん、前とは違う」と言ったのが印象的でした。

.

あ、今回は感想が書きにくい(汗)。
綺麗にまとまりすぎて、あまりつっこみどころというか遊ぶところがないので。

ま、殿やアヤカシはともかく、祖父がどうやって暴れる牛折神の中に入れたか、というのはつっこみどころなのかな。
でも、折神発祥の地の人だから、それもありなのか?

.

来週はピンクさんの父上が登場のようです。

やっぱり、メンバー中心のお話の方が盛り上がるなぁ。
楽しみです(^^)

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32

« チャレンジド #01 | トップページ | 仮面ライダーW #06 »

△特撮:侍戦隊シンケンジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 侍戦隊シンケンジャー 33:

» 侍戦隊シンケンジャー 第三十三幕 猛牛大王 [レベル999のマニアな講義]
『猛牛大王』内容暴走する禁断の牛折神!!封印を守ってきた榊原家の少年ヒロ(佐藤勇輝)を乗せ、どこかへ。。。そのヒロが折神を引き寄せるモヂカラを持つことに気付くことは(森田涼花)藤次(森下哲夫)からも力を聞き、丈瑠(松坂桃李)たちは、自らの折神を解き放つ...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第三十三幕「猛牛大王-もうぎゅうだいおう-」 [あくびサンの、今日も本を読もう♪]
牛折神って初代シンケンジャーよりもっと前に作られたんだ!古いんだなぁ。一体誰がどう使ってたんだろうね。シタリ、「折神なんて必要だとは思わないけどねぇ」って、それ本音か(笑)海に向かって転がっていくススコダマ。おーい、流されるぞーw歌ってるのがなんか可愛...... [続きを読む]

« チャレンジド #01 | トップページ | 仮面ライダーW #06 »

作品一覧