2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 派遣のオスカル~少女漫画に愛をこめて 最終回 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 32 »

2009年10月 4日 (日)

2009年9月のまとめ

ブログを開いてから1年(実際に書き始めたのは1月からですが;;)がたったので、テンプレを変えてみました。
バナーの色などは気に入っているのですが、「今日の献立」が予想以上に重く感じるので、すぐに変更するかもしれません(汗)。

.
.

■気がついたこと

TV番組の老舗週刊誌「TVガイド」の表紙がこの9月から変わったこと。
デザインは変わっていません。
ここ何年間、他にどんなに話題になっている番組があっても、必ずJ事務所所属のタレントさんが表紙を飾っていたのが、そうではなくなった、ということです。

あまりにも長い間の慣習だったので、結構新鮮に感じました。
でも、X'masやお正月などには特に話題になる番組に出演していなくても、登場して欲しいな。

.
.

■2009年夏クールのドラマのまとめ

.

感想を書いたドラマ 

<民放編>

ブサービート
赤鼻のセンセイ
ダンディ・ダディ?
任侠ヘルパー
コールセンターの恋人
官僚たちの夏
MR.BRAIN(春から継続)
仮面ライダーディケイド(冬から継続)
■侍戦隊シンケンジャー(継続中)

<NHK編>

ふたつのスピカ(春から継続)
陽炎の辻3(春から継続)
リミット 刑事の現場2(4話は未見)
再生の町
派遣のオスカル~少女漫画に愛をこめて

.
.

視聴のみ

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
■救命病棟24時 第4シリーズ
■つばさ(春から継続)
.
.

前クールと比べると、自分的には頑張って視聴したクールかもしれません。
それにしても男優さんが主役のドラマが多かったですね。

.

以下、終了したドラマで印象に残った作品について一言。

ドラマとしての完成度はともかく、何となく愛しい作品、というものあったりと、自分の中の評価基準があいまいなのですので、特に順位はつけません。
基本的に自分に合わないドラマは見ないので、完走したドラマは全て何かしら魅力を感じた、ということで。
.

▼あくまで自分基準ですのでご容赦くださいませ。
.
.

※とにかく完成度が非常に高かった
「リミット 刑事の現場2」

※ヘルパー修行と幹部昇格の関係性がはっきりしなかったものの、ストーリーに技あり、加えてヒロインが断トツで格好良かった
「任侠ヘルパー」

※王道なのが楽しめた
「ブサービート」

※地味だけど味わいが深かった
「再生の町」

※何かと惜しかったような、もったいなかったような
「ダンディ・ダディ?」「赤鼻のセンセイ」「コールセンターの恋人」「MR.BRAIN」「派遣のオスカル~少女漫画に愛をこめて」

※途中は面白かった
「ふたつのスピカ」

※美術の素晴らしさと俳優さんたちの力を感じた
「官僚たちの夏」

※シリーズ終了が寂しい
「陽炎の辻3」

※現場のスタッフ、キャストのみなさん、お疲れ様!
「仮面ライダーディケイド」

.
.

感想を書いていなかった作品について。
.

「つばさ」別項で書きました。

.

「救命病棟24時 第4シリーズ」は前シリーズを見ていないので感想を書きませんでした。
初心者としては、問題提起もされていたし面白かったけれども、回数が短縮されたためか、脇キャラが充分に生かされていなかったような気がしました。もう少しチームワークを見たかったかも。

.

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
原作オタではないので気楽に視聴。
最終回は過去シーンと香取さんと中村獅童さんのカラミが印象的で、見応えがありました。

しかし、全体的に見ると・・・確かに原作には"ありえないほど大掛かり"な話も多いのですが、そういったスペクタクルなエピソードの実写化については、中途半端だったと思います。

多少絵的に地味になっても、最終回のような、ドラマとして成り立つエピソードをチョイスしていれば冒険的ではないけれど、安定した作品になったのではないかな、と思いました。

ナンセンスな風味も嫌いじゃないのですが、やるならもっと思い切りナーンセンス(汗)に徹すれば、今以上に賛否両論を巻き起こしたかもしれないけど、コアなファンはついたかもしれない、と思ったりしました。あくまで好みですが(^^;;

とにかく制作者の腰の座り方が中途半端な気がしました。結局、どんなドラマが作りたかったのか、コンセプトそのものが伝わらなかった、というのが本音です(毒)。

.

NHKの底力の再認識とフジのがんばり、そしてTBSの凋落をまざまざと感じたクールでした。
.

« 派遣のオスカル~少女漫画に愛をこめて 最終回 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 32 »

#ドラマ:雑感」カテゴリの記事

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2009年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年9月のまとめ:

« 派遣のオスカル~少女漫画に愛をこめて 最終回 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 32 »

作品一覧