2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ギネ 産婦人科の女たち #02 | トップページ | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 »

2009年10月23日 (金)

不毛地帯 #02

原作 … 山崎豊子『不毛地帯』
.

防衛庁の第2次防FX(=次期主力戦闘機)の受注が、国のためではなく、政治家の利権のために利用されていることを知った壹岐正(唐沢寿明)は、軍人時代の人脈を利用しないという自らの申し出を撤回して、社長の大門一三(原田芳雄)に東京支社航空機部への異動を申し出る。昭和34年7月のことだった。(公式サイトより)

公式サイト

.

原作未読です。

今回は回想はなし。

商社間の争いと政治家の利権争いのお話って面白いのかな、と思っていたら、元作戦参謀、超エリートらしい容赦のない動きをする壱岐を軸にテンポよく描いていたので面白かったです。
しようとしている事の是非は置いといて、格好もよかったです。

こういうエンターテイメントな部分があると見るほうのテンションも上がります。

.

東京商事の鮫島辰三(遠藤憲一)も壱岐を手強いライバルと認識したようです。相変わらず迫力があります。手強そうです。
.

阿部サダヲさん演じる何故か白塗り(に見えた)の政治部記者(爆)。
内部情報を漏らしたことがばれて首になり、近畿商事に拾われた元防衛庁空幕の調査課にいた小出宏を演じる松重豊さんの卑屈なニタニタ顔(恐いです)。
そして彼に情報を流す古田新太さん演じるコモノ感漂う自衛官(でいいのか?)。

さすがに曲者揃いを集めただけあって絵が濃い(讃)。

ちなみに昭和34年にコピー機があったとは知りませんでした。高かったのだろうなぁ。

.

一旦決めたらブレない、壱岐という人物が初回よりも描かれていたと思います。
また、命令とあれば何があっても貫徹する、という軍人気質も感じました。

「軍部は政治に介入しない」という原則をなしくずしに崩していき、最終的に介入どころか深く関わっていったのが日中~太平洋戦争の原因のひとつ、と言われています。

その経過を壱岐が知らないわけはなく、賄賂という手口に対する嫌悪感とともに、目的を達成しながらも、複雑な心境であることが寡黙な表情の中に感じられました。

内容は重いですが、今回くらいのテンポだと面白くみれるかと。

.

.

#1

« ギネ 産婦人科の女たち #02 | トップページ | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 »

#ドラマ:2009年第4クール」カテゴリの記事

#ドラマ:2010年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不毛地帯 #02:

» 『不毛地帯』 第2話 [美容師は見た…]
面白くなって来ましたね~。ロッキード事件が過りました。と言ってもよく知らないんですが…調べてもややこしくて理解不能、説明できません(^_^;)このドラマがどう展開して行くのか楽しみです。近畿商事の里井や壹岐の、小出宏(松重豊)への扱い方が気になりましたわ。壹岐の... [続きを読む]

» 不毛地帯 第二話 頭脳戦 [レベル999のマニアな講義]
『黒い頭脳戦』内容防衛庁の第2次防FX(次期主力戦闘機)が、国防のためではなく、政治家の利権に利用されていると知った壹岐(唐沢寿明)は、近畿商事航空機部へ異動する。異動後、里井支社長(岸部一徳)は松本晴彦部長(斉木しげる)を紹介し、小出宏(松重豊)を壹...... [続きを読む]

» 不毛地帯 第2話 [青いblog]
あらすじ 防衛庁の第2次防FX(=次期主力戦闘機)の受注が政治家の利権に利用されていることを知った壹岐正(唐沢寿明)は、社長の大門一三(原田芳雄 [続きを読む]

» 《不毛地帯 》#02 [まぁ、お茶でも]
<戦争中、軍の最高統帥機関であった大本営の参謀として、 作戦立案に当たっていた壱岐正は、ソ連軍に満州で拘束され 終戦と同時に、シベリアへ送られた。 [続きを読む]

« ギネ 産婦人科の女たち #02 | トップページ | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 »

作品一覧