2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« JIN-仁- #01 | トップページ | ギネ 産婦人科の女たち #01 »

2009年10月14日 (水)

リアル・クローズ #01

原作 … 槇村さとる『リアル・クローズ』

公式サイト

原作は初回より購読中。

.

ドラマになった時点で別物の作品になっている、と割り切って見るつもりではありますが、初回ですので、今回のみ原作とのギャップを、ネタばれになるかもしれないので、一番後に2点書きます。

.

.

おしゃれに全く興味のない、百貨店の寝具売り場のエース、天野絹恵は、ある日新しく着任した婦人服売り場のカリスマ部長、神保美姫に言われます。

「あなた、つまらない服を着ているとつまらない人間になるわよ」
絹恵は納得いきません。
「人間は中身。見た目が全てではないと思います」
そこで美姫曰く。
「中身が見た目ににじみ出てくるのよ。だから人間は見た目でわかるの」
.

原作と同じコンセプトです。公式をまるままコピーしました。

確かに着るのもには個性が表れます。

それに、ある程度年齢がいけば行くほど、少なくともハレの日に着るものには気をつけないと、貧相に見えますしね。ヘアースタイルにしても同じく。

けれども、赤の他人に頭ごなしに言われると、「あんたに言われる筋合いはない」と反発はしたくなります。
.

パリのロケは必要だったのか、とか、改装当日のわざとらしいエレベーターの点検(爆)などには一瞬やっちまったかな?とは思いましたが、以前放映されたSPより時間が長くなった分、主人公の心の動きを丁寧に描いているな、とは思いました。

ただ、ドラマのトーンがコメディではないので、絹恵のコミカルなアクションが浮いていたような気もしました。

ま、初回は人物紹介なので、これからでしょう。

今後、美姫やバイヤー、そしてショップ店員たちがそれぞれの立場、年齢でどれほど深く「服」を愛しているか、その熱意をうまく映像化してくれれば嬉しいのですが。

この話はそこがキモなので、単なるお仕事ドラマにはなって欲しくないです。
.

以下、ネタばれになるかもしれない感想を少し。
.
.
.

えらそうな重役や主人公の妹などのオリジナルな登場人物やサブ・キャラの変更ははさておき、まず、美姫の部屋@越前屋がしょぼい!

原作は外販のお客さんをもてなすサロンのような雰囲気の部屋でした。
この部屋で行われる美姫の商いが見所のひとつなので、今後、別に出てくるかもしれませんが。

個人的には美姫さまって「プラダを着た悪魔」のメリル・ストリープに似たイメージを持っているのですけどね。それは人それぞれでしょうから。
.

後、田渕が男前で大人しすぎるように思いました。
SPで演じられていた山本太郎さんの方が原作に近かったな、と。

原作ではかなりガサツで自信過剰、商売のためなら裸踊りも辞さず、というエネルギッシュな人物でありながら、甘いものが大好きで気を抜くと太る体質を気にし、失恋のショックでヤケ食いした時には「タブタ」なんてあだ名をつけられた、なんとも魅力的な人物です。

まぁ、西島さんがキャスティングされた、ということは、スタッフは別の田渕像を創ろうとしているのでしょう。それも、また面白いかもしれません。
逆に言うと、西島さんがどんな田渕になるのかに興味がわきました、というか、今のところ、積極的な興味はそこだけかも(毒)。

.

何はともあれ、来週も感想は書けそうです。
.

« JIN-仁- #01 | トップページ | ギネ 産婦人科の女たち #01 »

#ドラマ:2009年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアル・クローズ #01:

» イトーヨーカ堂を着た悪魔!もう夏じゃない秋なんだよ(リアル・クローズ#1) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
水嶋ヒロの合コン現場に潜入!(『東京DOGS』エキストラレポート)&2009秋ドラマ、何見よう?『オトメン(乙男)〜夏〜』土23時にのほほんとやってた視聴率5%のドラマを、火曜21時に引っ越しさせたのは、やはり間違いだったようね小針田雅さま@桐谷美玲も、きっとご立腹....... [続きを読む]

» 「リアル・クローズ」第1話★アグリーベティ的な部分も・・・。 [コソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ]
『リアル・クローズ』第1回  08年9月に単発で放映されたスペシャル版を知らないんだけど、今回は焼き直しなの? 【 つまらない服を着ていると 】  数々の百貨店やブランド店をプロデュースし、成功に導いてきたファッション業界のカリスマ「マダム・ミキ」こと神保美姫(黒木瞳)が越前屋百貨店の婦人服売り場を統括するカリスマ部長に就任。  同百貨店の布団売り場に勤めていた天野絹恵(香里奈)はファッションに興味のない”ダサ子”なのに、何故か美姫が率いる婦人服売り場へ異動  絹恵を一目見... [続きを読む]

» リアル・クローズ 第1話 革命 [レベル999のマニアな講義]
『ダサOLVS美人鬼部長』内容越前屋百貨店布団売り場担当の天野絹恵(香里奈)は、恋人の山内達也(高岡蒼甫)とパリにいた。。。。リフレッシュも済み、、、いつもの職場に帰った絹恵は、妙な女性(黒木瞳)と出会う。すると。。。絹恵の服装を見て、“あなた、つまら...... [続きを読む]

» 【リアル・クローズ】初回感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
初回の視聴率は、9.8%でした。前作『恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜』の初回の8.5%を上回ったそうです。でも、昨年9月に放送された『リアル・クローズ』のスペシャルドラマの12.8%には敵いませんでした。「リアル・クローズ(英語:realclothes)」とは、フ...... [続きを読む]

« JIN-仁- #01 | トップページ | ギネ 産婦人科の女たち #01 »

作品一覧