2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 任侠ヘルパー #04 | トップページ | リミット 刑事の現場2 #04 »

2009年8月 1日 (土)

陽炎の辻3 #13

原作未読です。

磐音とおこんは関前に旅立つ。そんな2人を霧子が追ってきて、雑賀泰造が襲ってくるから同行させて欲しいと言う。(TVガイドより抜粋)
.

あらら、死んじゃったのね(失礼。)
うーん。死に際の炎は?ガメラかゴジラか、と思ってしまいました。すみません。
でも雇った商人は生きているのですよね?

霧子さん、故郷に帰るのかぁ・・・

.

えっと今回は最終回の前編ととらえて拝見しました。
ですので、感想は来週、まとめて書きたいと思います。

竹村様が早苗を尋ねに今津屋に訪れた時は酒代でもせびりに来たかと心配しましたが(汗)、大団円に向かって話が進んでいるようなので、それはないだろうと。←そうでないことを願いつつ。

なにぶん、原作を読んでおりませんので(謝)。

来週は色々と決着がつきそうです。
皆が幸せになるエンディングであって欲しいですね(^^)。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12

« 任侠ヘルパー #04 | トップページ | リミット 刑事の現場2 #04 »

#ドラマ:2009年第2クール」カテゴリの記事

@山本さん」カテゴリの記事

□陽炎の辻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽炎の辻3 #13:

» NHK土曜時代劇 陽炎の辻3〜居眠り磐音 江戸双紙〜 第13... [レベル999のマニアな講義]
『関前へ』内容関前に旅立つ前、磐音(山本耕史)は、親友達に手をあわせていた。。。。そして、出発の日。金兵衛(小松政夫)柳次郎(川村陽介)だけ無く、金兵衛長屋の面々に見送られ、おこん(中越典子)とともに磐音は、江戸を旅立っていった。そんななか、霧子(佃井...... [続きを読む]

» 陽炎の辻3で注目するのは・・ [やっほっほ〜]
NHK 土曜時代劇陽炎の辻3山本耕史さんが大変美しくおばぁちゃんのお気に入りの番組。ところが最近みんなが画面から目を離せなくなってしまう竹内力さんの大迫力の「怪演」に・・ちなみに私の場合「注目」だがこどもの場合は「硬直」である。...... [続きを読む]

« 任侠ヘルパー #04 | トップページ | リミット 刑事の現場2 #04 »

作品一覧