2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« コレラの時代の愛 | トップページ | リミット 刑事の現場2 最終回 »

2009年8月 8日 (土)

陽炎の辻3 最終回

原作未読です。

磐音とおこんは磐音の両親に温かく迎えられる。(TVガイドより抜粋)
.

磐音の養子縁組に難色をしめしていた磐音の母、照音もおこんを嫁として受け入れたたようです。
坂崎家は磐音の妹の婿の弟、つまり磐音の義弟が継ぐことに。
かつては家を存続させるのが第一、血縁の濃さは二の次。養子縁組がごく普通だったようですので、何より身近にできのよさそうな青年がいて良かったです。
.

ということで、シリーズの最終回。

奈緒さんも、関前の亡き友人たちも回想ではなく一瞬でしたが、新撮で登場。豪華です。
まさしくオールスターキャストでした。
あ、佐々木様、速水様は登場しませんでしたが。

個人的にはプチかげの最終回の方が好みだったりしましたけど。

.

もう、長屋に磐音は戻ってこない。
寂しいですね。
金兵衛さん以外にも竹村様が居てくれてよかったです・・・なんか、これからも繋がっていそうですものね。

金兵衛さんはふっきれた様子。
由蔵さんの方が引きずってます。
しかし今津屋にもおめでたで、めでたし。
.

関前の事件から今回まで。
思えば第一シリーズは悲壮感が漂ってました。

ラスト、江戸への帰途につく2人の遠景は感慨深かったです。
.

色々と思うところはあるのですが、原作を読んでいないので、さらっと。

陰謀を企んだ商人はどうしたのでしょうか。
それと、やはり「雑賀泰三」かな~。
あくまで好みですが、他の話とのテンションが違いすぎてちょっと辛かったです、すみません。
あれだけひっぱておきながら、対決シーンがあれ、というのも、なんとも納得できなっかたりはします(汗)。

.

第二シリーズで登場したお佐紀さんが第三シリーズで見る見る大店のおかみさんらしくなっていったこと、そして品川さん役の川村さんの成長が嬉しかったです。

第三シリーズは特にしみじみとしたエピソードが多かったように思いました。

山本さんは、受けの多い「がまん」の役まわりが多かったかも。
今では、それも、また良し、という心境です。
ところどころで色気がみれたし。←一応山本ウォッチャーなので(笑)

何より役を超えて、山本さん自身がとても誠実な男性に見えたのはさすがです(大汗、大苦笑)。

スタッフ、キャストの皆さん、お疲れ様でした。
とても楽しかったです。

.

佐々木道場で市井の人達を助ける磐音、そして仲間たち(笑)が見たかったりもしてきました(^^)。

いつか、また会えたら嬉しいです。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13

« コレラの時代の愛 | トップページ | リミット 刑事の現場2 最終回 »

#ドラマ:2009年第2クール」カテゴリの記事

@山本さん」カテゴリの記事

□陽炎の辻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽炎の辻3 最終回:

» NHK土曜時代劇 陽炎の辻3〜居眠り磐音 江戸双紙〜 第14... [レベル999のマニアな講義]
『磐の音』内容関前に着いた、磐音(山本耕史)とおこん(中越典子)早速、坂崎家で父・正睦(平泉成)と母・照埜(香野百合子)と対面する二人。笑顔の正睦に比べ、おこんを見定めようとするかのような照埜。すると、、、おこんに近寄った照埜は、おこんの帯を見て笑顔に...... [続きを読む]

« コレラの時代の愛 | トップページ | リミット 刑事の現場2 最終回 »

作品一覧