2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 侍戦隊シンケンジャー 26 | トップページ | ブサービート #07 »

2009年8月24日 (月)

仮面ライダーディケイド 28

今回から仮面ライダーアマゾンの世界です。
とはいえ、この世界は大ショッカーに支配された世界。

「十面鬼率いるゲドンが大ショッカーと手を組み世界征服のため、ライダー=悪、大ショッカー=善という思想を人々にたたき込んだ」by 海東

士と同じように、自分の世界、自分が居てもいい世界が見つからない、というアマゾンの共闘と、ショッカーの思想に傾倒しているアイメイクをした(笑)少年のお話が、懐かしい感じで展開されました。
原作は未見ですが「アーマゾン」という掛け声は何となく耳にした覚えがあります。

悪と戦うライダーたちのお話として普通に面白かったです。・・・すみません、ちょっと気が抜けてしまってます。視聴するモチベーションが下がっているのを自覚します。後編を視聴した時にがんばってみます。

3週間ぶりなんです。その間、ブログ巡りも出来ず。

以下、この地方の住人の愚痴です。興味のない方はまわれ右、てことで(苦笑)。
多分、毎年誰かが書いていることだと思います。
.
.

高校野球は好きなので、それ自体にはなんらクレームをつける気はないし、恒例なので覚悟はできているのですが、今年は例年とは違い8月末で終了する本シリーズ。

終了間際のクライマックスなところ、一回も見逃したくないところで放映が飛んでしまうのは、やはり連続ドラマとしては凄くマイナスなような気がしました。

仕方がないのですけどね。

何より懸念しているのは新シリーズが1年のクールに戻るとしたら、来年も終了間際に同じことが起きる、ということです。

今年は振り替え時間がテレビ雑誌もネットの情報もマチマチだったりもしました。
せめて情報くらい早目に流すとか。

ちなみに、プリキュアさんはわりと早くからTV局の公式サイトで告知してました。
その時間からおおよその見当をつけたのですけども。

・・・ま、いいです。言ってみただけです(^^;;

.

ところでディケイドですが、本当にクライマックスを感じれるかどうか・・・不安です(汗)。

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27

« 侍戦隊シンケンジャー 26 | トップページ | ブサービート #07 »

△特撮:仮面ライダーディケイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーディケイド 28:

» 仮面ライダーディケイド 第28話 アマゾン! [レベル999のマニアな講義]
『アマゾン、トモダチ』内容士(井上正大)たちは、妙な世界にやってきた。なぜか、“イー!”とあいさつを交わす人々。ユウスケ(村井良大)が、“大ショッカーは敵”と言った瞬間、大ショッカースクールに通う少年・岡村マサヒコ(武井証)や、姉・リツコ(寺田有希)ら...... [続きを読む]

« 侍戦隊シンケンジャー 26 | トップページ | ブサービート #07 »

作品一覧