2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« リミット 刑事の現場2 最終回 | トップページ | 官僚たちの夏 #6 »

2009年8月10日 (月)

侍戦隊シンケンジャー 24

毒に倒れた丈瑠は腑破十臓に連れ去られ、アヤカシ“ゴズナグモ”との戦いで傷を負った流ノ介たちも動けず、かつてない危機に陥ったシンケンジャー。(公式HPより)
.

ついにうっかり八兵衛から格さんへ印籠が渡されました(違)。
.

無理矢理ドウコクから力を注ぎ込まれたゴズナグモ。
壊れる瞬間に目がぐるっとまわるところが怖かったです。

無理矢理と言えば、殿も十臓に神聖なる水をたたえた池に投げ込まれ、毒消しになる水を呑まされます、というか溺れさせられていました。

十臓はやはりあのお墓の一族でした。

腕のあるものと心ゆくまで戦いたい。
剣の道は苦しみにあらず、快楽にある。
快楽には果てがない、味わうほど飢える。
たった数十年でなにができるか。ましてや死病に冒されていては。
だから、落ちた、外道に。

だそうです。老咳だったのでしょうかね。
生きている時は辻斬りマニア?
ともかく意味もなく人を殺す血に狂った大量殺人者です。
今まで登場してきた外道衆たちの方が、中には酷い奴もいましたが・・・可愛げがあります(苦笑)。

.

殿の、お前のために一族が悲惨な末路をたどったことを悔いてはいないのかと、問うと、にやり、と笑って

悔いるとすると、落ちても癒えないこの飢えだな。
この飢えを満たす斬り合いだけが望みだ。
骨の髄になるまでバラバラになるほどに・・・。

だそうです。この言葉に薄皮太夫が激しく反応しています。
.

殿と十臓のやりとりをドウコクからの命令「十臓を倒せ」に背いてまで影からそっと見守る薄皮太夫ともども、おそらく今後のキーパーソンであろう人物の言葉なので長々と書きました。
.

今回は天才、寿司侍がモジカラを駆使して大合体を実現したり、単身殿を救いにいったりと、大活躍だったのですが、一番印象的だったのは、やはり十臓から殿に向かって発せられた言葉でしょう。

なせ、斬り合う相手が俺なのか、と尋ねる殿に
「お前もどこか歪だから。」

迷いもなく命を捨てて封印のモジを守ったのは侍だとしても普通じゃない、そうです。

戦いが終わった後でも、その言葉が殿に重くのしかかってきます。

.

新しいオモチャ(失礼)のお披露目はまずは上々だったのではないでしょうか。
特に折神ダイカイホウはアイテムとして格好よかったように見えました。

.

今頃ですが(汗)、チームが主役なのではなく、殿が主役であることがはっきりした回でした。なるほど。

「お前が歪」という言葉が今後どうお話に影を落とすのか、気になるところです。

「迷いもなく命を捨てて封印のモジを守ったのは侍だとしても普通じゃない」ことがどうして歪なのか、もうひとつよくわからなかったのも事実です(汗)。

それも今後解明されるのでしょうか。
.

「殿一人守れなくてこの家を守ることができるのか。自分が情けない」とブルーさん。
家を守るのですか?

と思うまもなく、寿司侍のガンバリに目が覚めました。
「過ぎたことを悔やんでいる暇はない。まずは街を守る」。
街ですか?
ま、これは殿の気持ちをくんでのシンケンジャーの総意ですけど。
.

主役が殿とはいえ(←自分基準です)、十臓とのシーンに時間を割きすぎて他のメンバーの描き方が少しなおざりな感じはしましたが、今後も焦らず、じっくり見守りたいと思います。
.

来週は、なんと!?
楽しみすぎます(^^)。

.

..

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23

« リミット 刑事の現場2 最終回 | トップページ | 官僚たちの夏 #6 »

△特撮:侍戦隊シンケンジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 侍戦隊シンケンジャー 24:

» 侍戦隊シンケンジャー 第二十四幕 真侍合体 [レベル999のマニアな講義]
『真侍合体』内容毒を盛られた丈瑠(松坂桃李)が腑破十臓(唐橋充)に連れ去られ、流ノ介(相葉弘樹)達もアヤカシ“ゴズナグモ”にやられ、大ピンチに陥ったシンケンジャーそんななか“てんげん寺”の住職・浄寛(高橋元太郎)が彦馬(伊吹吾郎)に丈瑠に託された“印籠...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第二十四幕「真侍合体-しんさむらいがった... [あくびサンの、今日も本を読もう♪]
十臓に連れ去られ行方知れずの丈瑠、ボロボロの流ノ介達。寺を訪れたじぃと源太は、丈瑠が住職に渡しておいた全ての折神の力をひとつにする“印籠”を受け取ります。じぃ、印籠を手にしてやけに嬉しそうだな。「この紋所が・・・」とか言い出しそうな(笑)十臓、丈瑠をい...... [続きを読む]

« リミット 刑事の現場2 最終回 | トップページ | 官僚たちの夏 #6 »

作品一覧