2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 赤鼻のセンセイ #07 | トップページ | 任侠ヘルパー #07 »

2009年8月21日 (金)

ダンディ・ダディ? #06

龍之介(舘ひろし)の協力のおかげで、再び付き合うことになったあかり(南沢奈央)と悠樹(石黒英雄)。ところが、2人にはまだ問題が残っていた。悠樹の父・佐々木泰三(鹿賀丈史)は龍之介と犬猿の仲にある文芸評論家。龍之介はいまだにそのことを知らないのだ。(公式HPより)

.

と、いうことで今回は龍之介と泰三の鉢合わせとコバちゃんとあかりの妊娠を巡るドタバタな騒動に親や子を思う気持ちを織り込んだお話でした。

いや、逆。
親が子を思う気持ちにドタバタな騒動を織り交ぜたお話でした。←ややこしい(自嘲)

とにかく(汗)、今回はしんみりした部分とコミカルな部分が丁度よく配分されてあったように思います。
.

スパルタで大人気ない泰三、大人気ないが娘にはからっきし弱い龍之介。
早とちりをしてしまって正座して詫びる龍之介の姿が情けなすぎました(笑)。
それと会場での躊躇のないコケっぷりとか。
舘さんは手足が長いから余計面白みが増すのでしょう。

カフェで父親に見つかった時のコバちゃんの「びくっ」とするリアクションの自然さには思わずうまい、と独り言(爆)。このリアクションひとつで「悠樹」のバックボーンが見えます。

泰三の笑い声をごまかすあかりの「ウヒャヒャ」笑いも面白かったです。

その他野際さんを含むベテラン陣の動きは言うまでもなく。久しぶりにコメディパートが生きていたように思いました。

あかりとの交際が原因で父と喧嘩した末に龍之介の家に転がり込んだコバちゃん。

嫌々ながらもあかりに脅かされて(笑)、家に泊める龍之介。
「俺だ」と「もう寝た?」の繰り返しには、わかっていてもタイミングがいいので思わず笑ってしまいました。

尊敬する父に「お前は恥さらしだ。お前は私の人生を台無しにした」と言われてショックだったと言うコバちゃんに龍之介はしんみり語ります。
「親にとっては子供の人生は自分の人生。自分の人生が台無しになった、というのは、君の人生が台無しになった、ということなんだよ」と。
「この年になるとわかるんだよ。父親が自分に望んでいることが。」

いつもに増してすっと心に響く、いい言葉でした。

明くる日、泰三が乗り込んできて、「絶対に頭を下げない」はずの不倶戴天の敵、龍之介にあやまります。
父と息子も仲おなりして、まずはめでたし・・・って、今度は龍之介自身にトラブルが?
後藤の問題も残ってますね。
どうなる?

.

自分はコメディ好きなので、泰三と龍之介の大人気ない合戦や、無駄に熱い沢村先生とそれを冷やかす堂島の掛け合いや、うさんくさいセラピスト(爆)が事態をかき回す様をもっと見たかったのですけど、あまりやりすぎるとバランズが壊れるだろうな・・・

これだけ芸達者な人たちが出ていると、つい欲がでてしまって(汗)。

このドラマはあくまで「親子の愛と絆を描くホームコメディー」だってことを忘れないで視聴しなくては(^^;;

.

.

#1 #2 #3 #4 #5

« 赤鼻のセンセイ #07 | トップページ | 任侠ヘルパー #07 »

#ドラマ:2009年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンディ・ダディ? #06:

» ダンディ・ダディ?〜恋愛小説家・伊崎龍之介〜 第6話 出来ち... [レベル999のマニアな講義]
『16歳の母』内容文芸評論家の佐々木泰三(鹿賀丈史)には、心配事があった。息子の悠樹(石黒英雄)が自分を避けている!そのうえ、天敵の男の本を所有。妻・万里子(榊原郁恵)からは、辞めるよう言われるが、気になって仕方がない。どうしても気になりセラピスト葉山...... [続きを読む]

» ダンディ・ダディ?~恋愛小説家・伊崎龍之介~ 第6話 [ドラマハンティングP2G]
龍之介(舘ひろし)の協力のおかげで、再び付き合うことになったあかり(南沢奈央)と悠樹(石黒英雄)。ところが、2人にはまだ問題が残っていた。悠樹の父・佐々木泰三(鹿賀丈史)は龍之介と犬猿の仲にある文芸評論家。龍之介はいまだにそのことを知らないのだ。一方の泰..... [続きを読む]

» 翼彦一はエンジェル(任侠ヘルパー#7・ダンディ・ダディ?#6) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『任侠ヘルパー』娘以外の人間を受け付けず訪問介護が気に喰わない元中学校長・長岡孝江@江波杏子と、1人で介護することにこだわる娘の長岡初美@西田尚美。母親の心配ばかりで勤務態度が悪く、ついに万福フーズをクビに夏休みの間、「タイヨウ」で手伝いをすることにした....... [続きを読む]

» 《ダンディ・ダディ?~恋愛小説家・伊崎龍之介~ 》☆06 [まぁ、お茶でも]
あかりの誕生日。悠樹が思い切って連絡し、もう恋なんてしないと言うあかりにそんなこと言うもんじゃんないと、恋愛小説家の父は、必死に説得した。 取り残された龍之介は、さみしい苦い、娘の誕生日を一人で祝っていた... [続きを読む]

« 赤鼻のセンセイ #07 | トップページ | 任侠ヘルパー #07 »

作品一覧