2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 少女たちの日記帳 「ヒロシマ昭和20年4月6日~8月6日」 | トップページ | 任侠ヘルパー #05 »

2009年8月 7日 (金)

ダンディ・ダディ? #04

剣道部で熱海へ二泊三日の合宿へ行くというみのり。
剣道部なのでもちろんこばちゃんも一緒です。

例のごとく、龍之介は二人のいちゃつくシーンを想像して突っ走る。

自作「トスカーナの恋」の映画のロケ地は絶対トスカーナでなければ、と譲らなかったのに、急遽無理矢理熱海に指定、ロケハンと称して娘の後を追います。

でも「浴衣の下に大胆な水着」←よくなーい!!
・・・その言葉を元に妄想する龍之介も龍之介だぞ(爆)。

しかし、あかりとこばちゃんは微妙な雰囲気に。
こばちゃんは龍之介と父、評論家の佐々木泰三が天敵・・・それも思った以上に(笑)であることを知り、悩んでいます。
あかりはそんなロミオなこばちゃんの胸の内には気がつきません。

そこへこばちゃんのことが大好きな超・積極的な女子マネージャー、由奈が絡んで、話はややこしいことに。

思わず不安になるあかり。
今だに自分の気持ちを伝えていないことも気になる様子。

一方、龍之介の作品をこよなく愛し、なんとか原作の映画化を成功させたいと思っている編集者の後藤は、娘が心配なあまり、信念を捨てて日和ってしまう龍之介におかんむり。
怒りの背景には彼女自身の家庭環境も関係ありそう?
.

悩ましげなこばちゃんに、事情を知らない龍之介は大人な男のアドバイスとともに「娘を泣かしたら承知しない」と、脅かしをかけます。
真面目なこばちゃんの悩みはますます深くなったようで。

「あきらめないこと。言葉って大事なのよ。」
あかりは母の言葉を思い出して、こばちゃんに自分の想いを伝えようとしますが、
「今は君とはつきあえない。」
こばちゃんにふられてしまった!

邪魔ばかり企んでいたのに、傷つく娘を目の当たりした龍之介は?。つづく
.

すれ違いパターンのベタなお話でした。
前半は龍之介のオバカな暴走っぷりを。
後半は若い連中の恋愛話で少しシリアスに。

特にラスト前あたりはあまり軽やかな雰囲気ではなかったです・・・が。

シリアスな場面のはずが、矢の刺さった兜が画面に入ってくる度に笑えてしまいました。しかも微妙に揺れてるし(爆)。こういうくすぐり、結構好きなんです(汗)。

幽霊のコント(失礼)がもっと突き抜けていたらなぁ、といのは好みの問題ですね(汗)。やりすぎると浮くだろうし。

来週は「ばっさり」の堂島のお話のようです。
八嶋さんのセリフってほとんどアドリブのように聞こえる(爆)。

.

.

#1 #2 #3

« 少女たちの日記帳 「ヒロシマ昭和20年4月6日~8月6日」 | トップページ | 任侠ヘルパー #05 »

#ドラマ:2009年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンディ・ダディ? #04:

» ダンディ・ダディ?〜恋愛小説家・伊崎龍之介〜 第4話 娘が海!? [レベル999のマニアな講義]
『夏の熱海に娘の涙』内容娘・あかり(南沢奈央)と恋人のコバちゃんこと悠樹(石黒英雄)の剣道部が、熱海の海に3泊の合宿をすると聞き、龍之介(舘ひろし)は動き始める。“はじめてのお泊まりも、浴衣も水着も、ぜーーーんぶ阻止してやる”ということで、自分の小説“...... [続きを読む]

» 男はつらいよ〜オカンとヤクザと、時々、与六(任侠ヘルパー#5・ダンディ・ダディ?#4) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
「ふたつのスピカ」が終わって、寂しい・・・吸血鬼があるからまだ救われるけどw『任侠ヘルパー』黒木メイサの手ブラより、セーラー服姿が見たいw夫・義男@上田耕一の介護に疲れ、自殺を図った小澤さくら@倍賞千恵子・・・ではなく倍賞美津子は、28年前に彦一を捨てた実....... [続きを読む]

» 《ダンディ・ダディ?~恋愛小説家・伊崎龍之介~》☆04 [まぁ、お茶でも]
10年前、妻と死別した龍之介は、あかりは僕の娘です。大変だろうがなんだろうが、僕が育てます。 娘と二人で生きて行く男の決意。 龍之介は、作家としての顔と父親としての顔があった。 ... [続きを読む]

« 少女たちの日記帳 「ヒロシマ昭和20年4月6日~8月6日」 | トップページ | 任侠ヘルパー #05 »

作品一覧